不動産投資で必要になる税金の知識

不動産投資をすると色々な税金がかかる!

1010-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

最近は自分の資産を運用する投資をしている人が多いですよね。
その中で、最近では富裕層ではなくサラリーマンでも不動産投資を選ぶ人も増えています。
不動産投資は高額な投資費用がかかる資産運用方法ですが、物件の購入費用以外にも色々と税金がかかります。
不動産投資を選ぶなら、その税金の内容も知っておく必要があります。
不動産投資でかかる税金には、不動産を購入した時にかかる印紙税や不動産取得税、固定資産税などの税金、毎年の利益や不動産を所有していることに対してかかる所得税や住民税、固定資産税などの税金の他、売却した時にも所得税や住民税がかかります。
他にも、家族などに不動産を相続や贈与をする時にも税金が発生します。
不動産投資でかかる税金は単体で見るのではなく、不動産投資が赤字になった時に本業の給与やいくつか持っている不動産の黒字と赤字の分を併せて損益通算することができたり、不動産は路線価を用いて計算されるので現金で相続や贈与をする時よりかかる税金が得になるなど知っておいた方が良いこともあります。
税金には特例もあったりルールも多いですが、不動産投資をするために税金のことを学ぼうという気持ちがなければ、不動産投資を始めるべきではありません。
税金のことがしっかりと理解できれば、利益は大きく損失は小さくすることが可能になるケースもあります。
不動産投資で収入を得たいと思ったら最低限の税金の知識は身につけるようにしましょう。

不動産投資での青色申告で節税しよう

1010-B.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

不動産投資における青色申告特別控除とはどういったものかというと、不動産の賃貸収入から経費を差し引いて、そこからまた更に差し引いてもらえるものとなっています。
青色申告は節税のためにも有効なものですが、どういったところが得であるのかということや何をすれば青色申告が受けられるのかということを知らなければいけません。
青色申告は個人と法人では扱いが違うのですが、ここでは個人として説明していきたいと思います。
まず、青色申告を受けるための条件ですが、個人では帳簿をつけるだけで受けることができるのです。
そのため、不動産投資の経費として計上できるものには通信費や消耗品費なども含まれるので、ちょっとした買い物のレシートも取っておくようにしましょう。
購入したり支払ったものの一部が不動産に使われるのであれば、それをあとで経費として帳簿につけることができます。
青色申告で控除される金額は、5棟10室の事業的規模を満たしている不動産であれば65万円、それを満たしていない場合は10万円になります。
収入から利益を差し引いて残った利益の金額が上限になるということを覚えておいてください。
更に、65万円を控除するという時には複式簿記で記入し、3月15日までに申告するというルールもあります。
税金には色々な特例があるのですが、この特例と言うのは青色申告をしている場合にのみ受けられるものが多いということも頭に入れておきましょう。
他にも、青色申告では個人であれば損失を3年先まで繰り越しできるというメリットがあります。
損益通算で給与と合算しても、初期投資の多い初年度や修繕をした時などは赤字になってしまい、損益通算をしてもまだマイナスになってしまうこともあります。
そういった時に青色申告を使えば、次年度以降にマイナス分を繰り越せるのです。

不動産投資の確定申告には会計ソフトを使うのが便利

1010-C.jpg

出典:College Startup Magazine

会社に勤めていると確定申告は会社がやってくれるので、自分で確定申告をするのはとても面倒なことだと思ってしまいますよね。
その確定申告をする時には、会計ソフトを使うのが便利です。
面倒な確定申告ですが、会計ソフトを使うことによって簡単になり、確定申告や税金のことについて億劫に思っているような投資家にとってはとても役立つものです。
そのような会計ソフトの中には無料のものもありますが、無料のものは3ヶ月間のみなど期間が決まっていて、長期に渡る不動産投資に使えるものではありません。
ただし、その会計ソフトがどんなものか知るために使ってみたいと思っている方は、試しに3ヶ月間契約してみるのも良いでしょう。
不動産投資をする際は、個人と法人とに分かれますが個人の会計ソフトは月額1,000円以下で使えるものが多く、そんなに高くはありません。
会計ソフトの中にも色々な種類があるので、自分が使いやすいものを選ぶことをおすすめします。
税金のことや確定申告は個人の不動産投資家にとっては最も大変なことの一つだと言えます。
しかし、税金のことをよく考えなかったり知らなければ、何十万、何百万といった高額な利益の差が出てしまいます。
毎年のことなので確定申告の時に慌てるのではなく、普段からしっかり管理して理解しておくことで、税金のことについてわずらわしく思うことがなくなったり、悩む必要もなくなるはずです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ