不動産投資と比較されることが多いREIT投資

REIT投資って何?

1014-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

不動産投資と比べられることの多い資産運用方法の一つに、REIT投資があります。


REIT投資はどのような方法かを簡単に説明すると、不動産への投資を有価証券化した投資方法です。


それでは、REIT投資はどんな仕組みになっているのでしょうか。


まず、投資家たちは1口単位で出資した出資金を投資法人に預けます。


そして、投資法人は集めた出資金を資産運用や不動産業務の委託を行っている運用会社へ渡し、実際に不動産に投資をするのはその運用会社だということになります。


そして、投資した不動産で賃料などから発生した分配金を出資者に分配するという流れになっています。


REIT投資の流れだけを見ると、商品は不動産でもどちらかと言うと株に近いような仕組みになっています。


REIT投資をしてみたいと思ったら、REITが投資家を募集している時に応募するか、証券取引所で発行しているものを購入する方法があります。


不動産投資では購入金額が大きいだけでなく管理に手間がかかるというデメリットもありますが、REIT投資においてはそのようなことは考える必要はありません。


また、REIT投資のデメリットとしては、不動産投資と違って節税ができないことが挙げられます。


不動産投資では購入した物件は自分のものとして扱えるのに対し、REIT投資では自分だけでなく他の投資家と一緒に不動産に投資をしているので、自分の自由にはならないということを理解しましょう。


不動産投資では小さくてもマンションの一部屋という単位になりますが、REIT投資はその一部屋をもっと細かく分けて投資することになったり、オフィスビル一棟を複数の投資家で一緒に投資していくことになります。

REIT投資のメリットとデメリット

1014-B.jpg

出典:finance singapore

REIT投資のメリットは、少額の資金から投資を始められることです。


仕組みとしては不動産投資とは異なることの方が多いですが、より手軽に不動産投資を行えるという魅力もあるのではないでしょうか。


REIT投資では、不動産の管理や売買などの面倒なことはREITがやってくれるといった意味で不動産投資よりも楽な投資方法でもあります。


また、REIT投資のデメリットは株と同じように購入した時より価格が下がって損をしてしまう可能性もあるということです。


それでも、REITはルールとして収益のほとんどを投資家へ分配するということになっているので、高い利回りを期待することもできるでしょう。


REIT投資というのは日本では2001年に始められたばかりのまだ新しい資産運用方法です。


それでも上場REITの数は着実に増えてきていますし、不動産投資を数万円から始めることができるREIT投資はこれから投資家に注目される投資方法となることが予想されます。


REIT投資は不動産投資を考えていて最初の一歩が踏み出せない、という投資家にもおすすめです。


まずはREIT投資から始めて不動産投資の勉強をして、将来的には不動産投資に挑戦するというのも良いのではないでしょうか。

不動産投資とREIT投資はどちらが良い?

1014-C.jpg

出典:ノムコム

不動産投資とREIT投資のそれぞれの特徴やメリット、デメリットを踏まえたら次にどちらの資産運用方法の方が良いのかということを考えてみましょう。


結論としてはどちらの方が良いというようなことはなく、比較してみて自分の現状も頭に入れた上でどちらにより興味を持てるか、ということによっても変わってきます。


収入や貯金額も多く投資でも儲けたいと考えている人には不動産投資の方がおすすめですし、物件の管理や節税対策など面倒なことはできるだけしないで楽に副収入を得たいと考えているならREIT投資の方が良いでしょう。


また、長い目で見て投資をしていける人には長期的な不動産投資は合っています。


しかし、銀行から融資を受けなければいけないことに不安を感じていたり、自分の好きなタイミングですぐに売却できる投資方法が良いならREIT投資が合っています。


同じように不動産に投資する投資方法ではありますが、不動産投資の方が高額な金額が必要になるために、物件選びに慎重になるかもしれません。


REIT投資は出資金が少ない分リスクも小さくすることができますが、それでもよくわからないまま購入することは避けたいものです。


REIT投資で成功するためには、購入した時よりも価格が下がって価値が落ちてしまう物件を見極めることです。


投資金額が少ないREIT投資でも、資産運用を成功させて利益を得ることは可能です。


1口の金額が少ないからこそ貯金額が少なくても複数のREITに投資することもできます。


REIT投資の株とは違う不動産に投資することの独特の面白さは、分配金が賃料であることです。


REITそのものは景気などによって株と同じように変動することも多い商品となっていますが、REITの分配金の元となっているものは定期的に入居者が支払う賃料なので、入居者が入っているうちやREITを売却するまでは安定していると言っても良いでしょう。


不動産投資もおすすめの資産運用方法ですが、少額でできるREITも意外と面白いものなので、どちらが良いか比較して検討してみてください。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ