後悔しないために!不動産投資による資産運用に伴う3つのリスク

不動産投資に伴うリスク|金利上昇リスク

1036-A.jpg

出典:Essential Baby

資産運用をする手段のひとつに、「不動産投資」というものがあります。不動産を購入し、これを人に賃貸することによって賃料収入を得るという投資方法ですね。
不動産投資というと「家賃収入による不労所得で大儲け!」なんてイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、不動産投資には、様々なリスクが伴います。ただ単に「儲かりそう」というイメージだけで不動産投資をすると大やけどをしてしまう可能性もありますので、そのリスクについて、しっかり理解しておくことが大切です。


空室リスクや家賃下落リスクについては皆様も容易に想定できるかと思いますので、今回は、見落としてしまいがちなリスクについてみていきましょう。


□金利が上昇したら・・・
投資対象としての不動産を購入するという場合、多くの方は投資ローンを利用して借入をすることと思います。そして借入をした場合、当然ではありますが借入元本に利息を合わせた金額を返済していくことになります。
ここで重要になってくるのが、「金利」ですよね。現在は変動金利型の方が利率が低いため、こちらを選択している方が多いかと思いますが、もしも金利が上昇してしまった場合、どうなるでしょうか。


まずは、毎月の返済の返済額が増えてしまいますよね。それでも物件が満室で家賃収入がしっかり入ってきているというのであればいいのですが、空室が目立ち入居者が決まるめども立たないという場合、毎月の返済額が増えることで赤字になってしまう可能性もあるのです。


□金利上昇リスクを回避する方法
では、このリスクを回避するにはどうすればいいのでしょうか。
金利については銀行側が決めることですのでどうすることもできませんが、将来的な金利上昇リスクを回避するには「繰り上げ返済」が有効です。


そもそも利息というのは、【借入残額×金利】という計算式によって算出されます。そうすると、繰り上げ返済をして借入残額を減らしておけば、金利が上がったとしても支払うべき利息の額は少なくてすむのです。

不動産投資に伴うリスク|管理会社倒産リスク

1036-B.jpg

出典:ノムコム

不動産投資による資産運用に伴うリスクとしてはまた、管理会社倒産リスク、という点も挙げられます。
不動産投資をする場合、物件の管理や入居者の募集などその運用にかかる全てを自分だけでこなすという方はまずいないかと思います。大抵は不動産賃貸管理会社に対し、所有している物件の賃貸管理について委託することになります。


そして委託を受けた賃貸管理会社は入居者の募集やその他の手続など賃貸管理にかかる業務を遂行してくれるわけですが、この会社が倒産してしまったという場合、どうなってしまうのでしょうか。
まず、以下の費用についてはほぼ回収不可能となってしまいます。


・敷金
・原状回復費用
・クリーニング費用
・家賃


□信頼できる賃貸管理会社の選び方
そのため不動産を運用するにあたっては、信頼できる不動産賃貸管理会社を選ぶ必要があります。どういった会社が信頼できるのか、あるいは倒産する可能性が低いのかということについて一概にいうことはできませんが、以下のような点についてチェックしておくとある程度しっかりした会社を選択することができます。


・資本金の額が大きい
・創業年数が長い
・家賃滞納立替え期間が長かったり空室保証サービスがついていたりするなど、管理内容がしっかりしている
・従業員の数が多い
・これまでの実績を見ると空室率が低い
・管理戸数が多い


不動産賃貸管理会社を選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産投資に伴うリスク|事故物件リスク

1036-C.jpg

出典:IntelligentSeller.com

不動産投資による資産運用に伴うリスクとしてはまた、事故物件リスク、という点も挙げられます。
最近は事故物件を紹介するTV番組が話題になっていますが、事故物件とは、建物内において他殺もしくは自殺があった物件のことを言います。


そして所有している不動産が事故物件になってしまった場合、
・入居者が決まらず空室が目立つようになる
・入居者を募るため破格の賃料設定にせざるを得なくなる
といった事態に陥ってしまいます。
敢えて事故物件を探す方が多いのは、破格の賃料で部屋を借りることができるからなのですね。


□損害賠償請求をすることはできるものの…
所有している建物内において賃借人が自殺をしてしまったという場合、物件の所有者は自殺者の遺族や連帯保証人に対して損害賠償請求をすることができます。しかしここで請求できるのは、


・自殺がなければ得られたであろう家賃
・部屋の回収費用


のみとなり、必ずしも十分な補償が受けられるとは言えません。


以上のように不動産投資には、様々なリスクが伴います。これから不動産投資による資産運用を始めようとしている方は、そのメリットだけでなくデメリットについても良く理解し、その回避法についても考えておくことが大切です。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ