資産運用を節税に活用するための不動産投資 節税3つのポイント

資産運用を節税に活用しましょう

1040-A.jpg

出典:株式会社コアー建築工房株式会社コアー建築工房

ある程度の収入を得られるようになってくると気がかりになるのは税金です。所得税や住民税の額も大きくなり、なかなか大変だなと感じる方も多いのではないでしょうか。もちろん税額が大きくなれば節税を意識するようになりますが、実際に節税しようとすると何から始めたらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。さらに土地を保有していたり、多額の現金がある方には贈与税や相続税なども気がかりではないでしょうか。


そこでこの記事では不動産投資を活用した節税について取り上げます。節税効果として、所得税や住民税だけではなく、相続税や贈与税の節税にも効果が期待できるのが不動産投資です。
しかしここでひとつ疑問が出てくるのですが、そもそも不動産投資は資産運用に向いているのでしょうか?
結論としては資産運用の選択肢として十分有力なものだと考えられます。


資産運用において最も重要なことは長期にわたって保有し、安定的な収益を上げていくことです。もちろんこのような投資行動においては短期で大きな収益を上げることは難しいかもしれませんが、あくまでも資産を運用することが目的ですから物価の上昇に伴う実質的な資産の目減りを防ぐ程度のことは十分に可能だと考えられます。


不動産投資の場合、収益は主に家賃収入から得ていくため収益の見通しが立てやすく比較的安定した利益を得ることができると期待されます。もちろん株式投資やFXのように頻繁位売買を繰り返して短期的に大きな利益を狙うことは難しいですが、これらを活用した投資行動は資産運用というよりも投機的な側面が強く、資産運用とは呼べないものもあります。
あくまでも今考えているのは資産運用であり、短期的にお金を増やすのではないことをわすれてはいけません。


では実際に不動産投資で節税を行うためのポイントを見ていきましょう

不動産投資で節税する3つのポイント

1040-B.jpg

出典:イエタッタ

不動産投資で節税するポイントの1つ目は不動産投資です。節税に効果を発揮する理由としては、固定資産税や修繕費といった不動産の維持にかかる費用を経費として計上できることが挙げられます。
これらの経費が家賃収入から得られる収益を上回れば、税務上は赤字ということになります。そして赤字分は損益通算によって他の本業や事業の収入から差し引くことができるため結果的に節税効果があるという算段です。この場合当然ながら確定申告を行って所得税の還付を受ける必要はあります。また税務上収入が減っていることから、住民税も減額されることが期待されます。


これは他の投資方法、例えば株やFXにはない節税効果だと考えられます。基本的に投資収益を得て、その収益から税額を計算し、納税するという流れを覆すことはできません。つまりどんな投資であっても収益を上げた場合は納税の義務が生じます。
株やFXで収益を上げた場合、これらの収益を得るための経費を計上することは不動産投資に比べると難しく、節税効果はあまり見込めないと考えるのが自然です。節税の観点から考えると不動産投資は節税に向いている投資だと考えられます。


ここまでは不動産投資における経費の計上、税務上の赤字から損益通算を利用した節税について書いてきました。この場合は所得税や住民税の節税が期待できますが、不動産投資ではこの他にも相続税や贈与税の節税が期待できることはご存知でしょうか?


節税の2つ目のポイントは賃貸マンションの敷地を相続する場合、更地の土地を相続することに比べると相続税の評価額は減額されます。つまり不動産投資を行わずに更地を相続するよりは、空いた土地にマンションやアパートを建設したほうが相続税の節税の観点からは有利に働くということです。もちろん建設したマンションやアパートからの家賃収入にも期待できますし、上に書いたような固定資産税や修繕費といった経費を通じた節税効果も期待できます。


節税の3つ目のポイントは減価償却費による節税です。減価償却とは固定資産のうち土地を除いた部分は経済的な価値が目減りしていくことを事前に考え、価値の低下分を会計期ごとに費用として計上することです。
これは言い換えると、実際に経費を支出していないにもかかわらず土地に建物を建設しただけで計上できる経費だと言えます。このような経費を活用して節税を狙っていけることも不動産投資の大きなメリットの一つです。

節税のためには不動産投資を検討する価値があります

1040-C.jpg

出典:Road Warrior Voices

この記事では以上のように、不動産投資を資産運用に利用して節税を考えてきました。不動産投資による節税のポイントは損益通算による節税、マンションやアパートが建っている土地は更地に比べると相続税評価額が低くなることを利用した節税、そして減価償却による帳簿上の経費を利用した節税として3つあげました。


不動産投資以外にも節税が期待できる投資手法はありますが、不動産投資は安定的な家賃収入が見込めるだけではなく、所得税・住民税・贈与税・相続税と節税できる税金が多いことも特徴です。


現物不動産投資は大変難しく感じるかもしれませんが、資産運用に不動産投資を考えている方にはぜひご検討頂きたいと考えます。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ