知らないとマズイ!資産運用にかかってくる税金の話

知らないとマズイ!資産運用にかかってくる税金の話

1044-A.jpg

出典:アイジースタイルハウス

資産運用をして儲かり始めたら意識しておきたいのが税金のことでしょう。資産運用で得た所得は給与収入と同じように税金がかかってきます。資産運用で得た所得には項目ごとにそれぞれの税率が適用されます。例えば株をしている際に生じる配当所得に対しては20%の税金がかかってきます。 他にも株を売却して生じた所得には譲渡益税が課せられ、その税率は20%です。アパートを経営していて得た不動産所得にも税金がかかってきます。また、定期預金や国債を持っていて生じた利子所得にも20%の税金がかかってきます。このように、儲けたら、その2割は持って行かれてしまうと考えておくと良いのでしょう。また、学生もしくは主婦といった扶養下に入っている場合には資産運用やパートなどで得た所得が38万円以下であれば、納税の必要性はありません。そのため、扶養下に入っている人であれば、オトクに資産運用をしていけるのですが、逆に儲けすぎると扶養下からハズレてしまい、納税の負担が増すばかりか社会保険なども自分で払わないといけなくなりますから気をつけましょう。このようなことは投資を始める際には必ずチェックしておきたいことです。

税金をもっと安くするための工夫

1044-B.jpg

出典:finance singapore

資産運用でせっかく設けたのに、税金でその大半が持って行かれては堪りません。特に投資に関わる税金は優遇税率がなくなって値上がりしたという事情もあり、負担が増してきているのです。資産運用では複利の効果を最大限に発揮することが大事ですが、税金で利益を持っていかれると複利の効果も少なくなります。そのため、できるだけ税金を少なくすることが資産運用では大事なのですが、特に知っておきたいのがNISAの存在です。NISA(少額投資非課税制度)は平成26年1月に始まった新しい制度であり、株式の運用益で得た所得が100万円以内であれば税金がかからないというものです。これは大変オトクな制度であり、特に少額での資産運用を考えているのであれば特にメリットの大きいものです。。そのため特に株投資を考えていない人でも納税額をより減らすためにNISAを最大限に有効していきましょう。また、各種控除も利用すると良いでしょう。例えば配当所得であれば配当控除を利用することができます。こういった控除を利用するには確定申告が必要になってくることはポイントです。他にも条件を満たせば利子所得であっても550万円までの利子に対しては税金がかかりません。また、税金を安くするための工夫としてしておきたいのが法人化でしょう。例えば法人化をすれば法人税として税金は支払うようになりますから、より経費が申告しやすくなり、納税額も減るといったことがあるのです。法人化するかどうかの分かれ目はどれだけ利益が出ているかどうかで、株式投資であれば年に利益が500万円以上コンスタントに出るようになったら検討してみると良いでしょう。また、法人化せずとも個人事業主でももちろん経費として色々なものが計上できますから、経費申告についても詳しくなっておくとより賢く納税が出来るようになります。このように色々と税金を減らせる工夫は数多いですから、是非とも実践してより納税額を減らしていきましょう。

税金の支払いを怠るとどうなる?

1044-C.jpg

出典:ノムコム

このように投資には色々な税金がかかってきます。そのためこれから始める資産運用にはどういった税項目が適用されるのか確認しておくことは大事です。特に投資初心者には「投資には税金はかからない」と誤解している人もいますが、こういった誤解は大変危険です。もしも納税の必要性があるのに確定申告を怠り、適切に納税をしないと追加徴税が課せられることもあります。追加徴税では延滞した期間分の利子がつくこともあり、特に延滞期間が嵩むと税金の支払で儲けが全くなくなるなんてこともあります。こういったリスクがありますから、必ず確定申告はしっかりとして納税はしておきましょう。また、「納税しなくてもばれない」なんて考えも大変危険です。今では株にしても債券にしても電子化されており、その取引内容もしっかりと記録されるようになっています。こういった記録は簡単に調べられるものですから、脱税は必ずばれると思ったほうが良いのです。実際、脱税がバレて追加徴税で数千万円の支払いを命じられたなんてケースは枚挙に暇がないのです。特にこういった脱税の調査は毎年来るといったわけではなく、数年間に一回調査されるといったこともあります。そのため、脱税をしていると調査された際に過去数年分の脱税額が一気に請求されるなんて事態にもなるのです。このように脱税は大変リスクが大きいことであることは承知しておきましょう。また、一度脱税をすると税務署からもチェックされるようになり、経費などの申告もしにくくなりますから、投資をしようとしているならば脱税は絶対に避けておきたいことなのです。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ