投資信託での資産運用はファンド選びが重要です

ファンドっていったいどんなものだろう

1049-A.jpg

出典:株式会社コアー建築工房

投資の入門編としてよく利用される投資信託ですが、信託された資産は誰が運用するかご存知ですか?
投資信託の運用者、それはファンドとよばれる専門家集団です。
ファンドと聞くと世間を騒がせたハゲタカというイメージが強いかもしれませんね。
実はファンドと一口にいってもその種類や投資方針には多種多様に分かれているのです。


ではまずファンドというのはどういったものがあるのか、見ていきましょう。
ファンドは集めた資金を運用することで利益を出し、出資者に分配する組織です。
運用の対象や運用の姿勢によってファンドの種類が異なります。
一番大きな分類としては事業ファンドと投資ファンドの2つに分けられます。
事業ファンドでは集めた資金を様々な事業に投資を行います。
官製ファンドがインフラ事業に投資を行うように実際の事業者事業体に投資を行うファンドです。
対して、身近なものが投資ファンドと呼ばれるものです。
投資ファンドでは株式や為替、デリバティブなどの金融商品を対象とした資産運用を行うのです。
投資信託のファンドは基本的に投資ファンドに分類されるものが多数を占めます。
投資ファンドの主な投資対象は株式と債券です。
株式については上場株式のみを扱うファンドと非公開株の投資を行うファンドに分類できます。
一般的に投資信託のファンドは上場企業を扱うことが多いですが一部非公開株や市場のない外国株式を扱うこともあり、多種多様な運用を行っています。
上場企業を扱うファンドには他にもヘッジファンドが有名です。
悪く思われがちなヘッジファンドですが、利益追求に忠実であるだけで決して悪意ある存在ではありません。
基本的に富裕層や年金、投資銀行などの機関投資家が出資者の中心です。
市場環境より良い結果を残すことを目的としたファンドでその投資手法も様々です。
一方非公開株を対象としたファンドでは将来の成長や上場益を狙うベンチャーキャピタルなどが有名です。
公開秘奥会に関係なく投資を行うファンドにはバイアウトファンドなどが有名です。
バイアウトファンドは投資先の事業そのものに関わるわけではありませんが、株主の権利として意見や取締役の選定など大きく経営に関与するファンドです。
経営に関与することで企業の価値を最大化し利益を得ることを目的とするのです。

ファンドと投資信託の関係

1049-B.jpg

出典:イエタッタ

さて、ファンドの説明から投資信託に話を戻しましょう。
投資信託にもファンドが関わっていることはわかりましたね。
投資信託=多数の人間が資金を出し合い利益を狙う組織=ファンド
ということで投資信託自体がファンドなのです。


そこまでわかったところで、では投資信託はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?
投資信託の種類によって債権、国内株式、国外株式、途上国株式、世界インフラなど投資対象によって投資の方針が違うのです。
また、それぞれの投資信託の資産運用方法にも別のファンドがかかわってきます。
通常購入できる投資信託はベビーファンドと呼ばれ、その資金で実際の売買するわけではないのです。
実際に運用を行うのはマザーファンドと呼ばれます。
複数の投資信託ファンドから資金を集め巨額投資を行うことで資金効率の最適化を目指す仕組みなのです。
これらのマザーファンド方式に加え、近年増加しているのがファンドオブファンズ方式です。
マザーファンド方式ではマザーとベビーの運営会社が同じことが多いです。
対してファンドオブファンズでは投資信託ごとに集めた資金を目的に合ったほかのファンドに投資を行うのです。
投資先の会社は同企業かどうかの縛りはあまりなく、全体的なバランスの良い方式といえるかもしれません。
このように投資信託とファンドの関係は切り離せるものではありません。
投資信託で資産運用を始める際には運用形態も気にしてた方がいいのではないでしょうか。

資産運用で重要なファンドの選び方

1049-C.jpg

出典:finance singapore

長々とファンドと投資信託の関係を書いてきましたが、最も知りたいのはじゃあどのファンドを選んだらいいんだ、ということでしょう。
もちろん投資期間、金額、資金の使途、目標リターンなどによって運用先は異なります。
ですが、何を買ったらいいのかわからない初心者向けの指針は存在するのです。
第一に安定的であることです。
資産運用になれていないと基準価格の少しの上下に動揺し売買を繰り返すことで手数料と少しの損を積み重ねてしまうことがよくあります。
基準価格の変動が少ない債券型や債券株式バランス型などが該当します。
また、長期間の運用実績があるファンドであることも必要です。
過去の実績からおおまかな価格変動幅や運用成績が読み取れるからです。
資産運用を行う場合運用期間が長期になるほどリスクが減じるとも言われ、安心して長期運用を任せられるファンドである必要があるのです。
分配金に関しては年に1~2か程度のファンドを選ぶべきです。
毎月分配型は資金効率が悪くファンドの資産を崩して分配を行っていることもあります。
発生した利益を再投資する決算数の少ないファンドで運用を行いましょう。
買い付け時の手数料や解約手数料も注意が必要です。
ほとんどの場合同じ種類のファンドがありますので、より手数料の低いファンド選びが正解です。


これらの条件に合致するものを探しながらこれだ、と思うものが見つかるまで根気よく探すことになります。
資産運用で絶対の正解はありません。
基本を押さえながら、最後は自分を信じて行動することが大切なのです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ