最近注目の不動産投資!今はじめるメリットとは

不動産投資って何?まずは基礎知識から

1058-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

資産運用の中でも最近多くの雑誌などで紹介されている不動産投資が注目を集めています。
普段の生活の中で不動産と聞くと、アパートやマンションをカイル川としてしか考えたことのない方も多いのではないかと思います。
ですが、じつは不動産は資産運用の方法としてとても魅力ある投資商品なのです。


ではまず、不動産投資とはどういったものなのか基礎から見ていきましょう。
不動産投資は不動産、つまり住宅、マンション、アパート、オフィスなどに行う投資全般を指す言葉です。
平たく言ってしまえば物件を購入して人に貸す大家業をイメージしていただければわかりやすいでしょう。
マンションやオフィスビル一棟を所有する大規模なものから建物全体ではなく区分所有といって一室のみのような形で所有する形のワンルームマンションの一室のみで運用するような手ごろなものまで幅広いラインナップがそろっています。
この区分所有の投資においても最も手軽なワンルームから家族世帯向けのファミリータイプなどがあり、投資先の場所にも近場から、東京などの大都市圏果ては海外の物件までと選択肢はさまざまです。
こうした投資対象のうち、一般的に初心者に向いているとされるのが売買しやすく価格も手軽かつ入居率も高い首都圏の中古ワンルームです。
さて、不動産を購入しただけではお金は出ていくばかりで利益は上がりません。
不動産投資において利益を上げる方法は2つになります。
最もポピュラーな収益は入居者からの賃料収入によるインカムゲインです。
他の投資商品と異なり大きく収益が増減することもなく安定的に収益を得やすいため比較的手を出しやすい方法ではないでしょうか?
対してもう一つに手法は購入した不動産の売却益を狙うキャピタルゲイン方式です。
こちらの方法では不動産の将来的な価値が上昇しそうな物件を狙う必要があり、専門家のような目利きができる人でなければリスクの高い投資となります。
実際にインカムゲイン重視で投資を行っていた人はバブル期から多く生き残っていますが、キャピタルゲイン狙いの投資家はバブル崩壊の地価下落でほとんどが大きな損失を抱え込むことになりました。
まず不動産投資をはじめるのであればインカムゲイン狙いをメインとして、運が良ければキャピタルゲインも狙えるという形がベストではないでしょうか。

今から不動産投資をはじめるメリットとは

1058-B.jpg

出典:CCF | Centro Comercial Fortaleza

人気が高まっている不動産投資ですが、当然注目されるだけのメリットがあるはずです。
不動産投資におけるメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?
雑誌やノウハウ本でも紹介されることが多いですが主に4つの面から不動産投資が有用であると考えられています。
まず最も大きなメリットとしては安全かつ安定した収入が長期間見込める点ではないでしょうか。
株式や為替は大きな収益が見込める反面損失も出やすい商品です。対して賃貸の不動産投資では定期的に入居者からの賃貸料収入が見込めるのです。
ワンルームであれば大きな労力なしに生活に余裕を与えてくれます。
第二に言われるメリットは節税・相続税対策でしょう。
不動産投資では資産価値の一部が毎年減価償却費として費用に算入されるため確定申告を行い損益通算によって実際が黒字の状況であっても税金の支払いをなくし、源泉徴収分の還付を受けることさえ可能になります。
また、相続時には更地の相続税に比べてマンションやアパートのある場合の資産評価額が大きく減額されることで現金での相続より数割もの節税効果を期待できるのです。
第三に比較的容易に投資が行える点でしょう。
不動産といえば非常に高価だと思うかもしれませんが、中古のワンルームであれば数百万円から投資が可能です。
不動産投資用のローンも金融機関が用意しており比較的簡単に資金調達・投資が可能となっているのです。
最後に家族への生命保険代わりといったメリットもあります。
不動産投資ローン利用時には契約者が死亡した場合兄ローン残高をチャラ似てくれる団体信用生命保険に加入します。
家族は物件をそのままそこしてもらうことができ、かつ定期収入も望めるというのです。
また、通常の生命保険と異なり実際に契約者本人になにもなかったとしても家賃収入は発生しますので生命保険よりもお得な運用方法であると家うのかもしれません。

不動産投資はリスクもある!将来を見据えた計画を

1058-C.jpg

出典:ノムコム

不動産投資のメリットを見てきましたが、投資と言ったらリスクもあるのが当然です。
大きな金額になりがちな不動産投資だからこそリスクをきっちり把握して対応できるようにしておきましょう。
おもにリスクといえ荒れるのは3点です。
やはり最大のリスクは入居者の不在です。
賃料収入の前提は入居者あってのものですから当然入居者がいなければ収益はゼロです。
不動産購入時に入居率の高い物件を選ぶか、家賃保証のある契約を無図ぶとよいでしょう。
際ににデフレリスクがあります。
デフレ下では物価が下がるので不動産価値が下がり同時に賃料の引き下げにつながります。
収益源の賃料が低下すれば当然収益全体が低下するためリスクと考えられます。
最後に災害などのリスクです。
保険でも物件全額分の保証が出ることはまれであり、天災の影響を受けると致命的なダメージとなる可能性があることも考慮しておかなければならないでしょう。


さて、不動産投資のメリットもリスクも見てきましたが全体的に見れば物件選びさえ正確であればローリスクかつミドルリターンを狙える有益な投資商品です。
しっかりと内容を理解し、身の丈に合った投資をすることで皆さんの収入が少しでも上がることを祈っています。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ