不動産投資ファンドから学んで不動産投資を成功させよう

不動産投資ファンドって何?

1066-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

不動産投資ファンドとは、簡単に言えば証券会社や投資法人などが不動産投資家が出資した資金を集めてマンションなどの物件を購入し、それによって得た利益を投資家たちに配分するという仕組みを持った金融商品です。
したがって、ファンドそのものがその高額な資金を持っているのではなく、出資者から投資資金を預かって運用しているということになります。
長期的に運用を行っていくタイプの不動産投資とは違い、その物件によって得られる利益が長期的に分配されるという訳ではなく、最後にはその物件が売却されて不動産投資ファンドは終了するという形になります。
自分でワンルームマンションやマンション、オフィスビルを購入するような不動産投資とは性質が異なり、一人で投資を行っていくのではないので細かいところまでは自分で決めることができなかったり、不動産投資ファンドに投資をすることが節税対策としては効果を持たないといったデメリットもあります。
不動産投資ファンドは、不動産投資を始めてみたいと思っている不動産投資初心者にもとてもおすすめな投資方法です。
通常の不動産投資においては投資に必要な金額も高額になりますが、不動産投資ファンドにおいては小額からでも始めることができるので、初心者でも安心してスタートすることができるのです。

不動産投資ファンドのメリットとは

1066-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

不動産投資ファンドのメリットとは

不動産投資ファンドのデメリットとは

1066-C.jpg

出典:eBlogfa.com

それでは、メリットの大きい不動産投資ファンドのデメリットとはどのようなものなのでしょうか。
不動産投資では今その物件を購入する資金を持っていなくても、銀行から借り入れを行ってローンを組めば投資を始めることができます。
それに対して不動産投資ファンドでは手持ちの現金でしか投資を行うことができません。
つまり、分割して投資する金額を支払うことができず、一気に高額な貯金をなくすことにもなりかねないのです。
また、不動産投資ファンド会社が倒産してしまうというリスクもあります。
不動産投資ファンド会社が倒産してしまえば、配当金を受け取ることができないだけでなく、投資した金額が戻ってこなくなってしまいます。
投資をする時にどの不動産投資ファンド会社を選ぶかというのはとても大切なことなので、不動産投資会社を選ぶ時は不動産投資ファンドについて勉強しながら慎重に選ぶようにしましょう。
更に、地震などの天災によっても不動産の価値が下がってしまうことがあります。
そのような場合にも損失が生じるので、地震などの予測のできないことが起こる可能性も頭に入れておきましょう。
不動産投資ファンドではプロに運用を任せるから安心だと思うかもしれませんが、確実に成功するかということはわかりません。
プロに丸投げにするのではなく、自分なりに不動産投資ファンドの勉強をしておけば、リスクなども把握できてより多くの金額を稼ぐことができるようになるはずです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ