投資初心者に知って欲しい分散投資のススメ

リスクを減らすためにしておきたい分散投資とは?

1072-A.jpg

出典:イエタッタ

投資を始める際に怖いのが「お金を失ってしまうのではないか」といったリスクでしょう。しかし、どんな投資でもある程度のリスクはあるものです。こういったリスクを減らすためにもしておきたいのが分散投資です。。この分散投資はヘッジファンドなどの専門的に投資をしている会社などであれば基本的な考え方なのですが、個人投資家の場合にはしっかりと守れていない人も少なくありません。株式投資をしている人の場合、「自分は色々な会社の株を持って分散させているから大丈夫」と自信を持つ人もいますが、これでは十分ではないのです。例えば投資資金をすべて株式投資につぎ込んでいる場合を考えてみましょう。もしも災害などで株価が暴落した場合には持っている株の価値が下がって大損をすることになりかねません。しかし、株式投資だけでなく債券投資や定期預金などといったように他の投資法もしていれば、一つの投資法がダメになっても対応できます。こういった分散投資をする際にはどれくらいの投資法を組み合わせればいいのか疑問に思う人もいますが、少なくとも二つは投資法を組み合わせておきたいものです。そうすることで一つの投資法に頼っている場合よりも遥かに投資が成功しやすくなります。また、余りにも多くの投資法を組み合わせるとその管理だけで大変になることもありますから、自分がどれだけ投資に時間を充てられるのかを考えて組み合わせる投資法を増やしていきましょう。また、投資法を組み合わせる際には、全く性格の異なった投資法を組み合わせることにも配慮しておきましょう。例えば性格の似た投資法である株式投資信託と株式投資を組み合わせることは余りオススメできません。この組み合わせでは株式市場が暴落した際に対応しづらいからです。一方、株式投資と金投資を組み合わせるのは大変バランスが良くオススメです。株式が暴落すれば金価格が上がるといったように、この二つは性格の異なった投資法ですから、一気に投資資金が減るということが起こりにくいのです。他にもオススメの組み合わせとして債券投資と株式投資を組み合わせてみるのも良いでしょう。組み合わせは他にも色々とありますが、自分なりの組み合わせを探してみるのも楽しいものです。

分散投資をするメリットとは?

1072-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

このような分散投資をすることによって得られるメリットは単に「リスクが少なくなる」だけではありません。分散投資をすることによって自分に最適の投資法が見つけられるということもそのメリットです。分散投資をして色々な投資法を体験すればそれだけ自分にあった投資法が見つけられるようになります。逆に一つの投資法だけにこだわっていると、その投資法が自分に本当にあったものなのかどうかということもわからないでしょう。また、分散投資をすることによって色々な控除やお得な制度も利用しやくなるということもそのメリットです。株式投資や外貨投資など色々な投資を組み合わせれば、NISAや配当控除といった制度を最大限に利用することができるようになるのです。特に投資の税金で悩んでいる人には分散投資をして納税額を減らす工夫をすることをオススメします。また、分散投資をすれば投資資金を最大限に活用できるようになることも忘れてはいけないことでしょう。どんな投資法であれ、必ず「思ったように利益が上げられない時期」というものが出てきます。こういったスランプの理由は色々ありますが、株式投資であれば単に経済が景気後退に陥っていて、株のパフォーマンスが下がっているだけかもしれません。このような時に分散投資をしていれば、パフォーマンスの悪くなった投資法からは資金を引き上げて、他の投資法の資金配分を増やすということができるのです。サラリーマンは会社を簡単に辞められませんが、投資では他の投資法に切り替えるということも比較的簡単にできるのです。分散投資をすればこのような選択の自由さも手に入れることができるようになるのです。

分散投資ではどれくらいの配分にすればよいか

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

出典:写真AC

分散投資では実際にはどれくらいの配分で投資法を組み合わせていけばよいでしょうか。そんな分散投資の配分を考える上で参考になるのが投資信託です。投資信託では色々な投資商品を組み合わせますが、株式を60%、外国株式を20%、債権を20%といったようにその配分は実に色々なものがあります。分散投資の配分で困ったら、これを参考にしてみるのも良いでしょう。また、「株式投資だけしたい」「余り他の投資法には手を出したくない」といった場合でも工夫次第でリスクは少なくしていけます。単純に色々な会社の株を持つというだけでなく、株を保有するスパンに着目することも大事です。例えば「この株は短期保有して利益を狙う」「この株は長期保有してみる」といったように保有期間を変えるだけでもリスクは減らしていけます。このようにリスクを減らす方法はいろいろとありますが、リスクを減らせば減らすだけ市場に残っていられるようになり、確実に利益も増やしていけますから、色々と工夫してみてください。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ