投資をして節税ができる?投資をして節税をする方法

節税をする方法には色々なものがある

1073-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

投資は「お金が余ったから活用したい」なんて人にはおすすめですが、投資をすれば節税をすることも出来るということを知っている人は余りいません。投資は単にお金儲けだけでなく、納税額を減らすためにも利用できるのです。例えば投資をして利益が出なくても節税はできます。そのポイントが投資所得です。投資をして投資所得がマイナスになった場合にはそれだけ所得税や住民税を減らすことができるのです。投資所得は投資の利益から諸経費を引いて求めますが、諸経費には実に多くのものが当てはまります。株式投資であれば投資のために購入した関連書籍や、売買手数料といったものが計上できます。特に法人化して投資をすれば経費もより色々なものが申告できるようになることもポイントです。例えば投資に使うパソコン購入費や、部屋の賃貸料といったものが計上でき、それだけ節税効果が高くなるのです。法人化すれば納める税金も所得税から法人税へ切り替わりますが、人によっては法人税の方が税率が少ない人も少なくありません。法人化する目安としては株式投資であれば「コンスタントに年収1000万円以上の利益があげられるようになったら」するのがおすすめです。また、他にも配当所得控除などで節税することも可能です。このように投資には色々な節税方法がありますから、賢く利用していくことが欠かせません。特にサラリーマンであればこういった節税効果は高いものがありますから、しっかりと活用して納税額を減らしていきましょう。

損を出した場合の節税法

1073-B.jpg

出典:MFクラウド

株式投資や投資信託では必ず利益が上がるとは限りません。時には損がはっせいしてしまうこともあるでしょう。損が発生してしまうとゲンナリしてしまうものですが、逆に損を節税に利用することもできるのです。例えば株式投資では投資をして損が発生した場合には納税をしなくて良くなるだけでなく、その損を翌年に繰り越すこともできます(繰越控除)。この繰越控除は株式投資の場合には3年間の繰越ができますから、特に投資を初めて利益がなかなか出ないといった人には嬉しい控除でしょう。しかし、この繰越控除を利用するためにもしっかりと確定申告をしておかないといけません。また、複数の証券会社を利用して株式投資をしているといった場合にも工夫次第で節税ができます。例えば二つの証券会社で株式投資をしていて、一方の証券会社では50万円の利益、もう一方の証券会社では30万円の損失が出たとします。この場合に何もしないと50万円の利益に株式投資の税率である20%がかかり、納税額は10万円です。しかし、確定申告をすれば二つの証券会社の利益と損失を合わせることができます。50万円-30万円の差し引き20万円の利益となり、納税額も4万円にまで減らすことができるのです。その他にも株式投資にはNISAを利用できるという大きな特典があります。これは株式投資の利益の内、100万円までであれば無課税になるという制度です。このNISAはいつまでも続く制度というわけではありませんから、利用できる今の内に活用しておくのが良いでしょう。

不動産投資をして節税をする方法

1073-C.jpg

出典:ノムコム

「どんな投資をしようか」迷っているならば、節税効果の高い不動産投資に手を出してみることも良いでしょう。不動産投資では色々な節税効果が期待できるのですが、その一つが相続税の減額効果です。不動産の相続税評価額は大変お得で、実勢価格よりも遥かに少ない金額で算出されることが大半なのです。これは物件にもよりますが、地価が安い地域の不動産であれば、実勢価格の6割程度で相続税評価額を計算してもらえることもあります。特に貸借用の不動産を持っている場合には更に相続税評価額が下がることも知っておきましょう。そのため、相続税対策として、預金を崩して不動産投資用にマンションを購入しておくだけでも相続税は大きく少なくなるのです。他にも所得税や住民税を節税するためにも不動産投資はオススメです。不動産投資では他の投資と同じく、投資をして赤字が出ればそれだけ納税すべき所得額を減らすことができます。特に不動産投資では経費が計上しやすいこともあって、オススメなのです。また、ある程度の利益が不動産投資で出ていても、経費がその利益を上回れば赤字にできるのです。不動産投資で計上できる経費としては固定資産税などの税金や弁護士への相談料、減価償却費、修繕費用といったものが上げられますが、他にも管理会社への管理費なども計上できます。こういった経費は上げれば上げるだけ節税効果が高まりますから面倒くさがらずにしっかりとやっておきましょう。とはいえ、空室期間が長引いてしまうと節税効果以上に損が出てしまうので気をつけておきましょう。このように不動産投資をして節税をする方法は沢山あります。投資は単にお金を増やすだけでなく、納税額を減らすメリットも有ることを認識してしっかりと節税に励んでいきましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ