知っていますか?REIT投資のこと

REITって何のことですか・

1081-A.jpg

出典:ノムコム

皆さん、「REIT」についてご存じですか?
「当然だよ、もうやってるよ」
「何それ?読み方すら知らないんだけど」
反応はそれぞれかと思います。
投資の初心者の方や、投資はしているけれどREIT投資になじみが薄い方を対象に、REITとは何なのかを見ていきましょう。
REIT投資とは、不動産投資の一種です。
「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとって、REITといいます。
読み方は、「リート」です。
REITは日本語に訳すと「不動産投資信託」ですので、投資信託を行ったことがある方は、勘所がつかみやすいのではないでしょうか。
日本におけるリートは、J-REIT、Jリートと呼ばれています。
REITはマンションなど、部屋を1つ買ったり、ビルを1棟買う投資ではありません。
マンションなどを買う不動産投資では、1部屋買うだけでも、そのほとんどの物件価格が1000万円以上はするでしょう。
自己資金の確保やローン審査、ローン返済と、購入の前も購入の後も苦労が絶えないことを創造して、躊躇する方もいるかもしれません。
そんな方は、もしかしたらご自身のご自宅購入のときにローンの契約手続きで何度も書類を書いたり、時間がかかったなど、苦労をした経験もお持ちでしょう。
「それでも、不動産投資をしてみたい」
「投資信託の経験があり、少し違った形で投資してみたい」
そんなお考えの方も、REITについて少し知ってみてはいかがでしょうか。

こんなにある!REITのメリット

1081-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

REITはさまざまなメリットがあります。
先に紹介しましたとおり、不動産を購入する投資は、まとまったお金がかかります。
しかし、REITは不動産投資であっても、物件を選んで不動産を購入し、それを回していく投資よりは、少額の資金から始めることができます。
REITも不動産を購入する投資であるには代わりはありませんが、あなただけが物件を買うのではありません。
あなたを含む多くの投資家から資金を集め、そのお金で複数の不動産を不動産投資会社が購入します。
不動産投資会社は、いわば不動産投資のプロです。
家賃収入や売却益によって収入を得ることは、他の不動産投資と共通しています。
REITの場合は、分配金という形で家賃収入や売却益の収益が得られます。
さらに、株式投資と同様、貸株の制度もあります。
貸株とは、株を購入した証券会社に購入した株を貸すことで、貸株金利を得ることができます。
貸株金利は、レンタル料のようなものですね。
REITでも貸株サービスを利用すれば、分配金のほかに貸株金利も得られます。
REITはほかにも魅力があります。
プロがあなたの代わりに不動産を複数購入すると、リスクが分散されます。
その分、安定感が得られます。
さらに、利回りも国内株式よりも比較的高いといわれています。
それは、リスクが少ない安定感のほかに、不動産投資会社が条件つきで法人税が免除されているという点にも関わってきます。
条件とは、利益の90%を投資家に分配することです。
法人税って高いですよね。
日本では最大で40%もかかってしまいます。
しかし、不動産投資会社は法人税がゼロです。
その代わり、利益は投資家へ分配します、という仕組みです。
REITの売買は、国内株式と同様と考えてよいと思います。
国内株式と同様、銘柄、つまり投資法人にコードが振られています。
国内株式を買ったことのある方には、このコードがあることで、一気にREITとの距離が縮まったのではないでしょうか。
ここまで見ていると、REITは良いことだらけのように見えてくるでしょう。
しかし、投資商品であることには変わりありませんから、元本保証はありませんし、必ずしも分配金がもらえるとは限りません。
リスクがあることを心に留めておいてください。

REITの歴史は、まだこれから

1081-C.jpg

出典:HGTV

「REITは良いことだらけだから、私も早速買ってみたい!」
しかし、もう少々お待ちください。
REITは国内株式と同様、たくさんの銘柄から選んで購入することになります。
国内株式を買うときと同様、銘柄を見て慎重に買いましょう。
REITを先に行っている先輩の声を、ブログなどで調べてみても良いでしょうね。
先輩の声から疑似体験ができるのではないでしょうか。
REITは馴染みが薄そうに見えて、実は投資経験者であれば、とっつきやすい投資であることがわかったかと思います。
それではなぜ、REITがまだまだマイナーなキャラクターなのでしょうか。
それは、REITそのものの歴史がまだ浅いからかもしれません。
REITは日本生まれではなく、アメリカが発祥です。
REITがアメリカで生まれたのが1960年です。
1964年の東京五輪の4年前と考えると、そんなに前ではないなあ、と驚きませんか?
さらに日本のREIT、J-REITが始まったのは、2001年です。
J-REITの市場規模も2014年時点では、10兆円弱です。
そのような歴史の浅いJ-REITを「怖い」と考えるか「面白そう」と考えるかは、あなた次第です。
しかし、近年では新規上場する銘柄が増えてきています。
J-REITは銘柄も市場規模もアメリカに比べればまだまだ小規模で、少なくとも「みんなやっている」と言える投資ではありません。
しかし、皆さんも「これから伸びそうなだ」というワクワク感を覚えたのではないでしょうか。
J-REIT、投資の選択肢として詳しく知っておく価値は、ありそうです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ