不動産投資で資産運用したい!それならこれを知っておこう

不動産投資が資産運用として人気、でも…

1084-A.jpg

出典:ノムコム

資産運用をするにあたり、不動産投資を検討したことがある方も多くいると思います。
実際、不動産投資をしている方は日本にも多く、日本国内はもちろん、海外にも出向き、不動産を運用している方も増えています。
不動産投資はなぜ、資産運用として人気なのでしょうか。
砕けた言い方をすれば、「儲かる」からです。
では、どのようにして儲けているのでしょうか。
貸した人が払ってくれる家賃収入や、売却時に入る利益です。
では、みんながみんな、不動産投資をしているかというと、そうではありません。
もしも日本中で統計をとったとすれば、不動産投資をしている方は少数派にあたるでしょう。
不動産投資を「しない」選択をする人もいれば、「できない」「知らない」という人もたくさんいます。
マンションを買ったなど、持ち家の人で、不動産投資をしない人もいます。
物件購入時に、下落する物件をさんざん見てきて、「損をするかも」と尻込みしてしまう人もいます。
確かに、そういう面もあります。
不動産投資は、儲かる場合とそうでない場合があります。
儲かっていれば、立派な資産ですが、儲からない場合は、立派な負債です。
不動産を買って儲けたければ、資産運用したければ、それなりの知識と実行が必要です。
それは、投資の初心者にとっても、ある程度いろいろ投資をしてきた人も難しく感じることです。

購入した不動産で儲ける方法

1084-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

不動産は資産か負債か?
この問題において、参考になるかもしれないヒントをお伝えします。
国内外で多数の不動産投資をしてきたベテランで、こんな方もいます。
「これまでたくさんの物件を購入し、たくさんの人にお部屋を貸したけれど、自分の家はずっと賃貸のままだ」と。
これまでの話の流れを踏まえると、「なるほど」と理解できるエピソードではないでしょうか。
もしも家を買っても「その家自体は儲からないから負債だ」という考え方です。
あなたは自分の家を買う場合、「この家がお金を生むのか」と考えたことはありますか?
まず、ローンを払って…と、数千万円の支払いを考えるでしょう。
お金が出て行ってばかりでは、稼ぐことはできませんね。
このままでは、ローンは負債です。
では、「この家には銭が落ちている」と考える余地はないのでしょうか?
昔の野球人が語った「グランドには銭が落ちている」に似た感覚でしょうか。
なくはないと思います。
例えば、自宅をオフィスにするとか、自宅に太陽光発電システムを設置して売電して、などです。
そして、余ったお部屋に観光客を泊めてお金を得る、民泊も広まっていますね。
余った部屋で教室を開いたり、お店を開いて収入を得る方もいます。
また、余った部屋を誰かに賃貸し、定期的に家賃収入にする方も。
ここまで来ると、不動産投資に近い資産運用といえるのではないでしょうか。
マンションのような区分所有では、ルールにより許されていない場合が多いのですが、一戸建てをお持ちでしたら、「買った家でお金を得る方法」、たくさんありそうです。
では、これから資産運用を考えている方で、自分の家を買う、または建てることも同時に検討しているのでしたら、こういう考えはいかがでしょうか。
一戸建てを建て、間取りにあらかじめ賃貸スペースを確保しておく、という考え方です。
これは戸建賃貸とも呼ばれており、すでに戸建賃貸の形で家を持っている方は、たくさんいます。
あなたが賃貸住まいの場合、借りたお部屋が実は大家さんの家の一部だった、そんなケースもあるのでは。
このように、不動産を利用して資産運用を検討する場合、投資用マンション等を買って他人に貸すにしろ、一戸建ての一部を貸すにしろ、「どのようにしてお金を稼いでいくか」をしっかり計画を立てたいですね。

1棟買いで資産運用も!投資用マンションをざっくり分類すると

1084-C.jpg

出典:eBlogfa.com

投資用マンションも、細かく種類が分かれます。
まずは、新築を買うか、中古を買うかです。
これは、自分の家を購入するときも検討したかと思います。
そして、1棟買うか、1部屋単位で買うかも、選ぶことになるでしょう。
不動産投資をするのなら、1棟購入も、憧れますよね。
実際に1棟で販売されている物件もたくさんありますし。
まとまったお金を持っていると、1棟買いで運用したいと考えたくもなるでしょう。
でも、「入居者が少なかったら、入居率が低くなったら儲かるのか、不安」といった、ドキドキ感もあります。
もちろん、1棟まるごと買うか、区分だけ買うかによって、購入の調査段階から手続きの段階、購入後も、やるべきことが異なってきます。
1棟購入を検討されるなら、1部屋購入との違いについてもしっかり調べましょう。
どちらにしても、投資に見合った収益が見込めるかが大事なポイントになります。
専門家の意見はさまざまですが、初心者に対しては、「1部屋購入からやってみれば」と薦める専門家もいます。
インターネットでも情報はたくさんありますので、過去の例や経験談など、なるべくたくさん見るようにしましょう。
そして、親身になって相談に乗ってくれる不動産屋さんに出会えるといいですね。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ