NISAを使った資産運用で効率よく節税するには?

大幅に節税できるNISA

1090-A.jpg

出典:ノムコム

2014年から、日本版少額投資非課税制度、略してNISAがスタートしている。NISAはその名の通り、一定額の投資に限り、そこから発生する税金がゼロになる制度だ。今回は、このNISAで効率よく非課税の恩恵を受ける方法について、解説しよう。


まずは簡単に、NISAとはどのような制度なのかについて触れておく。そもそも投資には、その売買益(株式などを購入時と売却時の差益)と収益(株式の配当、投資信託の分配金など)に対して、20.315%が課税される。課税対象となる利益は年間で通算されるので、仮に1年間の資産運用で合計10万円の利益が発生したなら、そこから2万315円が税金として引かれ、「手取り」は7万9685円となるのだ。


この20.315%の税金が、NISAを利用した投資においては、ゼロになる。といっても、「少額投資」ということわりがあるように、無制限に非課税になるのではない。NISAを利用するためには、1人1証券に1口座の専用口座(NISA口座)を開設しなければならない。NISA口座を開設すると、そこに毎年100万円ずつ(2016年からは毎年120万円に拡大されるが、この記事では100万円として扱う)非課税枠が付与される。この非課税枠から購入した資産(株式や上場投資信託など)にのみ、非課税が適用されるのだ。つまり、その資産の購入時に「NISA口座の非課税枠を利用して購入します」と意思表示しなければならない。


なお、一度使用した非課税枠は、その資産を売却したとしても戻ってこない。毎年非課税枠は新たに付与されるが、1年間を通して使用しなかった(余った)非課税枠は消滅してしまう。

ロールオーバーを利用して最大に節税

1090-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

それでは、このNISAを効率よく使って節税するためにはどんな方法が考えられるだろうか。まずはNISAの「ロールオーバー」を利用する方法を紹介しよう。NISAでは使用しなかった非課税枠は年末に消滅してしまう。しかし、購入してしまえば話は違う。NISA口座で運用されている資産からの収益、つまり株式の配当や上場投資信託の分配金は、5年間にわたって非課税扱いが続くのだ。このように、NISA口座で複数年にわたって資産運用を続けることをロールオーバーと言う。ロールオーバーを使えば、非課税枠で運用されている資産は最大500万円分となり、そこから発生する収益すべてが非課税となるのだ。


それでは、実際にNISA口座を使ってどんな資産を購入すれば良いのだろうか。非課税枠を最大限利用するという観点に立てば、株式はおススメできない。というのは、株式は時価で売買されるため、非課税枠を相当に意識した銘柄選びをしない限り、非課税枠が余ってしまうのだ。つまり、50万円のA社株、30万円のB社株を購入すると、残りの20万円で次の銘柄を探さなくてはならないという事態に陥る。日々株価が変動する中で、このような買い方を強いられるのは不自由といえるだろう。そもそも、株価が100万円を超える銘柄もかなりの割合で存在するのだ。


やはり、非課税枠を使い切り効果的に節税するなら、上場投資信託が向いている。投資信託は、最小購入単位が数万円と低額なものも多く、また口数ではなく値段指定で購入できるものもある。値段指定で購入すれば、まさに1円の無駄もなく非課税枠を活用できるというものだ。それに、投資信託はその性質上さまざま銘柄に分散投資しているので、株価の高額な大型株にも投資していることになり、安定的な収益が期待できる。2016年からは非課税枠が年間120万円に拡大されるので、毎月10万円ずつ積立投信というような使い方もできる。


上場投資信託は、毎年3~5%の収益が期待できると言われている。最大500万円分の資産5%で運用したなら、得られる収益は25万円。ということは、5万円以上が節税できる計算になる。これは無視できない大きさだ。

NISAでIPOへ投資して効率よく節税

1090-C.jpg

出典:MFクラウド

もうひとつ、NISAでの節税額が大きくなる資産運用法を紹介しよう。それは、IPOへ投資することだ。


IPOとは「新規株式公開」の略で、証券取引所に上場していない株(未公開株)が新たに市場で公開されることを言う。IPOのときには、証券会社を通して保有希望者が募られ、応募が多数の場合には抽選が行われる。といっても、ほとんどの場合は高倍率の抽選となるのだが。というのも、2015年のIPOは8割以上が公開直後につけた初値が公募価格を上回り、なかには倍以上に急騰したものもある。このようにIPOは初値が高騰することが多いので、IPOに当選して公開直後に売却する投資法にわざわざ「IPO投資」という名がつけられるほどだ。


IPO投資は、抽選が高倍率になるために、銘柄によってはほとんど当選しない。とはいえ、応募するのは無料。つまり失敗しても損失はゼロなのだ。もちろんNISA口座の非課税枠も消費しない。それに対して、前述したように短期間で高い値上がりが期待できる。20万円で購入した新規公開株が40万円の初値を付けたとして、そこで売却するとする。この取引をNISA口座で行えば、20万円の利益に課税される4万円以上が節税できる計算だ。IPO取引は成立することこそ稀だが、ノーリスクでハイリターンを得られるという、NISAにぴったりの投資法なのだ。


今回は、NISAを最大限活用する方法として、上場投資信託とIPO取引の2つを挙げた。ぜひ、節税額を最大限に挙げるために活用してもらいたい。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ