資料請求だけで儲かる!資産運用の入り口はこのサイトから

資料請求だけでポイントがもらえるサイトとは?

1096-A.jpg

出典:ノムコム

この記事をご覧の方は、「ポイントサイト」とよばれるサイトをご存じだろうか?もしご存じでないとすれば、はっきり言ってたいへん損をしている。『ハピタス(Happi+)』や『楽天もらえるモール』などがその代表例だ。今回はその2サイトを中心に紹介していくが、もし一度も聞いたことがないのであれば、この記事を一番下まで読む前に、上記2サイト名で検索をかけてもらいたいくらいだ。


いきなりそのサイトへジャンプする前に、それがどんなサイトなのかが気になるという方のために、解説しよう。「ポイントサイト」とは、ショッピングやオンラインゲーム、金融取引などのネット上で行われるさまざまなサービスを、そのサイトを経由して手続きすることでユーザーにポイントを付与するサイトだ。もちろん無から有価値のポイントは発生しないので、おそらくそれぞれの企業が広告を目的としてその分の費用を負担しているのだろう。


そのサイトを経由して手続き、と言われてもピンとこないという人のために、具体的に解説する。オンラインショッピングの楽天市場で買い物をするときのことを考えよう。楽天市場で買い物をすると、楽天会員には買い物100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与される(キャンペーンなどによって数倍~数十倍に付与ポイントが増えることもある)。この楽天ポイントは、1ポイント=1円としてそのまま次回以降の楽天市場でのショッピングで使用できるのだ。なお、決済に楽天カードを使用すれば、カード利用100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されるので、この時点で得られる楽天ポイントは、100円につき2円相当等となる。


しかし、楽天市場で買い物をするのであれば、いきなり『楽天市場』ホームページから入ってはいけないのだ。前述のように、『楽天もらえるモール』『ハピタス』のようなポイントサイトにまず入ろう。もちろん会員登録も済ませて、サイト内にあるバナー広告のような楽天市場のリンクをクリックしよう。後はリンク先の楽天市場でいつも通りに買い物をすればよいのだ。これで、どちらのサイトを経由した場合でも、ポイントサイトが経由したことをきちんと記録しておいてくれ、買い物が正常に完了した後に100円分の買い物につき1円相当の1ポイントが得られる。楽天市場のお買いもので、合計3%分のポイントが得られるということだ。

資料請求や口座開設で高額ポイントを!

1096-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

このポイントサイトのすごいところは、ポイントが得られるのはネットショッピングだけではないということだ。会員登録やカード発行、口コミの投稿やオークションへの参加、旅行や資格講座への申し込み、保険の無料相談やインターネットのプロバイダ契約など、実に多彩なサービスでポイントが付与される。


中でも高額ポイントが付与されることで注目すべきは、不動産投資の資料請求や証券口座の開設だ。この記事を執筆中の2015年12月現在、『楽天もらえるモール』から「マンション経営大学」という不動産投資へ資料請求すれば787ポイント、『ハピタス』からカブドットコム証券へ口座開設してログインすれば1500ポイントが付与される。FXやCFDへのポイントはさらに高額で、『ハピタス』から「アイネットFX」に口座開設し取引するだけで、なんと2万4000ポイントが付与されるということだ。これらはすべて、ユーザーから見れば元手はタダである(個人情報は送信することになるが)。複数のサービスへ資料請求・口座開設を繰り返すだけで、数万円~数千円相当のポイントを簡単に稼ぐことができるのだ。


これらのポイントの使いみちだが、『楽天もらえるモール』なら楽天ポイントかedyポイントに交換でき、『ハピタス』ならnanacoポイントへの交換や指定した銀行口座へ1ポイント=1円で入金など、様々な形で使用することができる。そしてどの場合でも、最終的にポイントと日本円は同価値になるのだ。

資産運用の資料請求・口座開設はポイントサイトを通そう!

1096-C.jpg

出典:MFクラウド

こうなれば、不動産投資をするにしろ株式投資のための証券口座を開設するにしろ、そしてFX取引やCFD取引を始めるにしろ、初心者が資産運用を始めるなら、まず開くべきはポイントサイトなのである。


もちろん、いかなる資産運用であっても、そのパートナーとなる企業や証券会社は慎重に選びたい。そのためには、比較サイトのようなものも大変参考になるだろう。ただし、なんとなくそれらの比較サイトに貼られているリンクから希望の企業・証券会社のホームページへジャンプしてはいけない。いや、それらの比較サイトはそのサイトから各企業・証券会社へのリンクにジャンプしてもらうことでバックマージンを受け取っていることが多いのだから、ジャンプ自体はしてもよいのだがそのまま資料請求や口座開設をしてはいけない。面倒だが、一度そこでブラウザは閉じて、再度ポイントサイトへ入り直し、そのポイントサイト内から希望の企業・証券会社を検索して申し込もう。


これだけの手間で、これまで説明したように数万円~数千円が変わってくるのである。初心者というものは、資産運用を始めると得てして序盤で火傷をするものである。しかし、この数万円~数千円を初めに得ていたのであれば、多少の損失にも冷静でいられるのではないだろうか。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ