資産運用には投資信託とREITの組み合わせがおすすめ

忙しい人の資産運用は投資種類が限られてくる

money-256290_640

出典:pixabay

資産運用の目的は、自分の保有している資産を増やす事でしょう。ではどのような方法により資産を増やすかと言えば、投資という手段を用いて増やす方法が一般的です。
しかし、投資という手段は数多くあります。株式、債券、FX、投資信託、不動産投資信託(REIT)、先物取引、不動産投資、海外株式、海外不動産などさまざまです。
そのような数多くの種類から、資産運用においてどの投資を選べばよいか悩むと思います。そこで、多くの方が活用できる投資選びのポイントをお伝えします。
私たちの多くがサラリーマンであったり、フルタイムでのアルバイト、朝から晩まで働いている自営業という立場であると思います。
それらの立場に共通することは、「忙しい」という点であると思います。忙しいということは、仕事以外の自由時間がたっぷりとあるわけではありません。
食事や火事、買い物や用事など済ませてしまうと、睡眠時間以外のゆっくりできる自由時間が1時間ほどの人も多いです。
投資をスタートさせるとわかりますが、経済ニュースや投資情報、場合によっては銘柄の動きを頻繁に確認する必要が出てくるでしょう。
さらに、例えば株式投資で数百万円の投資をするのであれば、投資しようと考えている候補銘柄の過去3年~5年分の決算書、業界の動きを分析しなければならないので時間がかかります。
しかし、毎日の限られた自由時間だけでは、じっくりと投資に関する時間は取れません。睡眠時間を削って投資に取り組む時間を作るという考え方もありますが、
そのようなやり方では頭がボーッとしてしまい大きな見落としをする可能性も考えられます。
このように考えると、資産運用において投資の収益率は重要ですが、投資活動に時間がかかってしまう投資は避けて、安定性があり時間がかからない投資の中から選びましょう。
おすすめとしては、投資信託と不動産投資信託(REIT)があります。

投資信託という資産運用は短期で考えれば便利である

1098-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

代表的な投資手段である株式投資は、多くの銘柄をインターネットの情報を集めて、じっくりと検討する必要があります。先ほどもお話ししたように、日々の忙しい生活の中でそのような時間はないでしょう。
そのように考えると株式投資など分析に時間がかかる投資手段については、あきらめるしかないと思われがちですがご安心ください。
リスクが高くなく、時間をかけて取り組まなくとも収益率が約5~約7%を目標とできる投資として、「投資信託」という方法があります。
投資信託の仕組みですが、ファンドと呼ばれる投資のプロが集まった会社が多数あります。投資家はそのファンドに出資します。ファンドは集めた資金を株式や債券に投資して運用をするという仕組みです。
投資信託を用いると、次の3つのメリットがあります。1投資のプロが判断した方が安定した収益を得やすい。2国内だけでも約5,000銘柄あるので、自分の投資したい方向性と同じようなファンドが見つかりやすい。
3自分で銘柄などを決めなくてよいので、時間的に余裕のない人でもすぐに始めることができる。
このようなメリットがありますので魅力的だと思います。収益率に関しても、収益率が2~3%程の国内の安定株式を中心とする投資するファンドに投資して、安定性に重きを置いても良いでしょう。
また、少しリスクは高くなりますが現在業績を伸ばしている株式を中心として収益率8~10%程を目指すというチャレンジもできます。
しかし、デメリットがないわけでもありません。それは、株式市場は長期で考えると変化が大きい点です。
経済の変化で会社の業績も影響を与えますので、現在は良くとも5年後には衰退している会社などは数多くあります。
そのように考えると、長期間同じファンドに投資するのではなく、短期である2年程で銘柄を変えるという考え方の方がリスクは少ないでしょう。

REITで長期的な資産運用を始めるというやり方が手堅い

1098-C.jpg

出典:Luxus Realty

投資信託と並んで、安定性があり時間がかからない投資としてはREITという不動産投資信託があります。基本的には投資信託と同じ仕組みですが、投資先が株式、債券ではなく不動産となります。
不動産といってもマンション、一戸建て、アパート、商業施設、ホテル、倉庫、オフィスなど様々ありますので、各ファンドで収益率は異なります。
全体的に見ると3%後半から4%前半が多く、高い収益率とは言えません。しかし、REITのメリットとして収益率の下落幅が少なく安定しやすく将来的な予測がしやすいでしょう。
なぜなら、賃料が大きく変化することはほとんどないからです。家賃は基本的に上げ下げは少なく(入居者が入らないので仕方なく下げる場合もありますが)収益としては安定しています。
このような、REITで安定した収益を得て資産運用をするやり方はおすすめです。
現在日本には約50銘柄あり、予算的には20万円程あればすぐに始めることができるでしょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ