資産運用で成功するためには投資をすべきである

投資内容により難易度が異なる。不動産投資には要注意を

1100-A.jpg

出典:三井ホーム株式会社

資産運用とは、自分の手持ちの資金を増やすことを意味します。
方法としては、知り合いの起業家に出資して将来的な大きなリターンを受けても良いですし、銀行に預けて利息の支払いで資産を増やすという考えもあるでしょう。
しかし、現実的には起業家が成功する確率も利息の利率も非常に低いですので、このような方法では資産運用はできません。実際に資産運用をするための方法は「投資」を行うことと言えます。
では、「とりあえず投資を始めて資産運用をしよう。」と思った方はこれからの話を聞いて下さい。投資には、リスクが低いものから非常に高いものまであり、それらをまとめて「投資」と呼んでいます。投資には株式投資、債券、FX、投資信託、不動産投資信託、先物取引、不動産投資などがありそれぞれに難易度や特徴があります。このような投資について、「FXで儲けていたが、暴落で損失を出した。」話や先物取引はリスクが高いというイメージはあるでしょう。反対に、安定した会社に株式投資をすればリスクが少ないという事は投資の知識がなくともわかるでしょう。
しかし、ある投資についてはリスクが低いと思われていますが実際はハイリスクな場合が多いです。
その投資とは、不動産投資です。不動産投資といえば、安定していると考えられていますが、それは不動産投資についての知識と経験がある方について言えることです。
なぜなら、不動産投資では「空室」になると収益率がゼロになります。しかし、物件を買う場合にローンを組んでいたら、家賃は入ってこないのにローンだけを払う事になり、損失を出しているのと同じです。
もしこのような状況が長期に渡れば、投資は失敗して資産運用どころではありません。このようなリスクを減らすために、家賃保証会社がありますのでリスクは軽減できますが
家賃保証金を2年ごとに見直すなど空室が続く物件であれば保証内容が不利になります。特に、不動産投資について無知な状態でワンルームマンションに投資するのはリスクが高いと考えて下さい。
これから資産運用をスタートさせる方は、安易に不動産投資をしないこと、不動産投資ローンを組まないようにしましょう。

資産運用は時間に比例して増えると考えない

1100-B.jpg

出典:the nest

資産運用でよく考えられているのが、時間と共に資産が比例グラフのように増えるというパターンです。しかし、それは理想的な考えであり現実にはそのようなケースはほとんどないでしょう。
その理由ですが、「市場が自分の都合道理に動く事などない。」ということです。言われてみれば当たり前の事ですが、資産を増やしたいという思いが強ければ強いほど、自分の都合のみで投資判断をしてしまいます。
そうなると、市場は停滞しているにも関わらず、自分の資産を増やす事ばかりを意識します。そして、収益率が高いがハイリスクな投資に手を出してしまい資産を失うというパターンが多いです。
資産を構築した方の多くが、市場の動きに逆らわず市場が低迷している場合は資産が減らないように注意して、市場が活発になったタイミングで積極的に投資活動をしています。
これから資産運用のために投資を始める方は、資産目標を立てて比例のグラフなど書かない事をおすすめします。そうではなく、資産を失わないように「市場の動きはどうか?」を意識する事を心がけて下さい。
そのような習慣を身につけておけば、無理な投資を避けることができるでしょう。
また、投資を始めて1年~2年ほどは資産を増やすというより投資の勉強と考えて、収益性よりも市場の動きを予測する練習をする事が今後の投資活動の成功率を高めます。
日記などに自分の市場に関する予想とその結果を記録するというシンプルな方法は、役に立つので是非試して下さい。

まずは株式投資信託で資産運用をスタートする

1100-C.jpg

出典:イエタッタ

おすすめする投資方法は、株式投資信託です。そのメリットとしては3つあります。
1少ない資金で始める事ができる。
1万円~3万円位で投資信託をどうにかスタートさせる事ができますが、選べる銘柄数も少ないので5万円以下の資金で始めるのはおすすめできませんので、
最低20万円以上は必要と考えて下さい。
2リスク分散が可能である
投資信託は1つの銘柄が比較的安いですので、30万円~50万円ほどあれば運用スタイルの異なる銘柄に投資できますので、リスクを分散させる事が可能となります。
3ファンドに投資活動を任せるので、自分の知識、経験がなくともOK
投資信託では、株式や債券をファンドという投資のプロ集団が選んで運用します。
あなたは具体的な銘柄選びや経済、金融の知識を必要とされません。ファンドを選んでお金を出資して後は収益を待つだけでよいです。もちろん、自発的な勉強は必要ですが投資信託は投資ビギナーにはありがたい存在と言えます。


このようにメリット多い株式投資信託は始めて損する事は少ないでしょう。まずは、半年や1年でもよいので投資してみる価値はあると思います。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ