資産運用?ビジネス?不動産投資は両面を持っている

不動産投資は「育てゲー」!?

1112-A.jpg

出典:株式会社i・e・sリビング倶楽部

不動産投資は資産運用でしょうか、それともビジネスでしょうか。


皆さんの中には、株式投資などと同様、資産運用だと思って不動産投資を始めたつもりが、「実は、かなりのビジネスセンスが必要なのではないか?」と気づいた方も多いかと思います。


不動産投資は、資産運用の面もあればビジネスの面もあります。


所有した物件の扱い方にもよりますが、概ね、両面を持っているといえるでしょう。


安く物件を買って、タイミングやその他の工夫で高く買って儲けを出すという点では、株式投資と同じ感覚でできます。


しかし、デイトレードのように、複数物件の売買を1日に何回も行うことはありません。


1つずつ物件を買って、時には修繕して、売りたくなったときに売るのが一般的です。


慣れてきたり、軌道に乗ってきたところで、複数の物件を買ったり、1棟オーナーになったりします。


しかし、すぐに何軒も買うことは一般的ではありません。


不動産を所有して売ることでも利益が得られますが、多くの方は、所有した不動産を第三者に貸すことで収益を得ます。


誰かに貸すためには、その物件が魅力的ではなければなりません。


借りる側も、掃除も行き届かないような部屋には心配で住めません。


魅力的な物件に磨き上げたり、部屋を借りた人との円滑なコミュニケーションにより、物件の魅力をアップさせることに精を出したりするなど、あの手この手で収益を得ています。


不動産投資は、大家さん業、不動産管理業、つまりビジネスといえますね。


大家さん、不動産管理の仕事は、必ずしも自分で行う必要はありません。


管理を代行してくれる会社もあります。


しかし、「一度は自分で管理してみたほうが良い」というのが多数の先輩方の意見です。


その理由は、管理代行はどのような仕事なのか、どんなことをお任せできるのかを把握するためです。


不動産を買って、丸投げして、おわり、ではないのですね。


不動産投資はゲームではありませんが、「たまごっち」など「育てゲー」と呼ばれる種類のゲームを行ったことのある方であれば、似たような感覚を持たれるのではないでしょうか。

不動産投資だけではなく、コインランドリーやトランクルームも視野に

1112-B.jpg

出典:ノムコム

皆さんは不動産投資というと、お部屋を貸すイメージが大きいのではないでしょうか。


貸した人がいい人、きちんとした人なら安心なのですが、そうでなかったらどうしよう…心配は尽きません。


しかし、不動産投資は、マンションやアパート、一軒家など人が住むお部屋とは限りません。


土地を買ったり、もともと持っている方が駐車場として人に貸したりするケースもあります。


月極駐車場のタイプもあれば、コインパーキングの形もあります。


大手不動産会社が運営し、マンション展示場の跡地がコインパーキングになったという例も見られます。


また、不動産投資と比較されるのが、コインランドリー投資やトランクルーム投資です。


コインランドリーは、大きな洗濯機と乾燥機を置いて、複数の人に洗濯をする場所を貸します。


トランクルームも、自分の住まいに荷物が置ききれない方のために、荷物をあずける場所を貸します。


駐車場、コインランドリー、トランクルーム、いずれの場合も、必要な人に場所を貸す点では、お部屋の賃貸と共通しています。


大型洗濯機のサイズを見れば想像つくかと思いますが、たいていは、ワンルームよりも狭いスペースから始めることができます。


洗濯のスペースや荷物を置くスペースが足りなくなるような狭い部屋に住んでいる人は、東京など大都会に多いです。


また、大都会ではマンションやアパートの価格が高騰しています。


そのため、不動産投資をしてみたいけれど、マンションやアパートを買うには初期費用が高すぎるなと思っている方の間では、コインランドリーやトランクルームで資産運用を行う方も増えています。

コインランドリーで資産運用するとき、気を付けたいこと

1112-C

出典:Deal Street Asia

資産運用の一環としてコインランドリーを行う場合、気を付けなければいけないことがあります。


一番わかりやすいのは、立地です。


これは、お部屋や駐車場を貸す場合にも共通しています。


例えば、主にファミリー層が住んでいる場所よりも、単身の方が住んでいる場所にコインランドリーが多く見られます。


大きな工場や大学の近くなどですね。


工場勤務の方や学生さんは、一時的にその場所に一人で暮らしており、洗濯機をわざわざ買うまでもない人たちです。


また、銭湯の隣や銭湯の敷地内にコインランドリーを置くケースもあります。


銭湯に来たお客さんは、家に大きなお風呂がない方も客層に含まれます。


また、その銭湯のファンで、お風呂に入っている間を活用して洗濯をしたい方もお客さんです。


また、近年、コインランドリーのユーザーはファミリー層にも広がっています。


例えば、「毛布や大きな布団カバーをコインランドリーの大型洗濯機で洗って乾燥までしませんか?」と、宣伝することができます。


これは、アレルギーを気にしたり、深夜に洗濯ができなかったりする集合住宅に住んでいるファミリー層への訴求です。


あの手この手で集客をする点は、コインランドリーも賃貸物件と共通していますね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ