低金利時代でも儲ける!定期預金がオススメな理由

低金利では儲けられない?

1120-A.jpg

出典:Career Supli

日本では「銀行にお金を預けてもちっとも利息がつかない」のが当たり前になっています。このような低金利が続いているのには日本の不況も関係しています。このような状況では「昔のように銀行にお金を預けていただけでは儲けられない」と考える人が増えるのも当然でしょう。しかし、同じ銀行に預けるのでも、定期預金であれば意外と儲けられる投資商品も存在するのです。後述しますが、金利が1%に達する定期預金も存在しています。投資信託のリターンが年に3%程度、株のリターンが年に5%程度ですから、定期預金も決して捨てたものではないのです。加えて定期預金は一度預ければ手間がかからないことも良い点でしょう。また、定期預金にはリスクがほとんどありません。平成に入ってから銀行破綻が相次いだことから、「もしも銀行が破綻したら、ペイオフになってお金も持って行かれてしまう」と考える人もいるかもしれません。しかし、現在では銀行が破綻しても1,000万円以内の預金であれば全額保証されるようになっています。また、1,000万円以上、定期預金で預けたい際にもいろいろな銀行に資金を分散させれば問題ありません。また、定期預金市場も大変発展してきており、色々な商品が登場してきていることもおすすめの理由です。それだけ自分にあったものを選びやすくなっているだけでなく、少額から始められる定期預金が増えてきているのもポイントでしょう。このように定期預金はしっかりと着実に儲けていけるだけでなく、メリットも多いということは最初に押さえておきましょう。

定期預金を始める前に知っておきたい金利に関することとは?

1120-B.jpg

出典:株式会社i・e・sリビング倶楽部

定期預金を始める前に色々と押さえておきたいポイントが有ります。まず、預入期間です。一度預け入れると、この定められた期間内は基本的にお金の引き落としはできません。そのため、定期預金で預けるお金は基本的に「当面使用することのない資金」を充てることが大事です。期間には1ヶ月から始められるものや、最長で10年間に及ぶ定期預金もあります。定期預金を申し込む際には自動継続にするか自動解約にするかも聞かれます。自動継続では、預入期間が満了しても自動的に定期預金が新たに開始されます。自動解約では満期日が来たら、自動的に解約されてお金は普通預金に移されることが特徴です。また、解約についても押さえておきましょう。「定期預金をしたけれども、急にお金が必要になって解約したくなった」といった際でもほとんどの定期預金で途中解約はできます。しかし、満期日前に解約をした場合、通常の普通預金金利で計算され、せっかくもらえるはずの利子が少なくなってしまうことになることが多いのです。また、「定期預金で預け入れたどれくらい経ったらお金が倍増するのか」といったことも知っておきましょう。それを知るためには72の法則を活用すると良いでしょう。「72÷金利」として計算すると、預け入れたお金が倍増するのにかかる年数がわかるというものです。例えば金利が0.5%の定期預金であれば、預け入れたお金を倍増させるのに72÷0.5=36年かかります。この72の法則はどれくらいお金が増えていくのか確かめるのに役立ちます。このような知識は定期預金を始める際には欠かせない知識になってきますから、しっかりと把握しておきましょう。

資産運用をする際にはこの定期預金がオススメ!

1120-C

出典:ノムコム

定期預金には色々なものがありますから、実際に選ぶ際には迷ってしまう人もいるでしょう。そんな人にオススメしておきたい高金利の定期預金を紹介しましょう。例えば「大垣西濃信用金庫」の6ヶ月定期預け入れであれば、金利は0.7%もつきます。この定期預金は金利が比較的高いのにも関わらず、特に制限もないところもよいところです。他にも、「ひまわり信用金庫」のスーパープレミアム定期預金はオススメです。金利の高さは定期預金の中でもトップクラスで、1%つきます。しかし、省電力設備への投資が必要といった制限がつくのがネックかもしれません。「じぶん銀行」の3ヶ月もの円定期預金もおすすめです。他のサービスと一緒に申し込んだ場合、金利が0.95%にもなります。加えて一円単位から預け入れられるのもオススメの理由です。他にも、WALLETポイントが月毎に貯まっていくこともこの定期預金ならでは。しかし、この定期預金はauユーザーでないと申し込めないので、注意しましょう。このように定期預金でも高金利な投資商品は意外とあります。下手に投資に手をだすよりも、定期預金で確実に稼いでいくほうが無難なこともあるでしょう。特に仕事で忙しいといった人はこういった定期預金を活用してみてください。また、実際に定期預金を申し込む際には銀行の評判も確かめておくことは大事です。定期預金は長い投資ですから、申し込み時に長期間取引出るような信頼のおける銀行なのかどうか見極めておきたいもの。定期預金では預け入れる額も大きくなるので、信頼出来ない銀行だと安心してお金を任せられません。特に定期預金は途中解約が難しいですから、この点は意外と大事なのです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ