副収入として不動産投資は最適な投資法

副収入はお小遣い稼ぎという意識では失敗する可能性が高い

1128_1.jpg

出典:Photo AC

副収入という言葉は幅広くあります。本業以外に働くアルバイトやインターネットなどを利用したアフィリエイト、オークション売買、本業以外での起業などがあるでしょう。
このように稼ぎ方がたくさんある副収入ですが、その場しのぎでお小遣い稼ぎをしているような方は継続した収入になりにくいという現実もあります。
なぜなら、アルバイトをするということは自分の休むべき時間を削り働きますので体力が長続きせずに数ヶ月で副収入が無くなる方も多いです。
また、インターネットを利用した副収入もパソコンに長時間向かっているにも関わらず儲けも少なく疲労も溜まりますので、本業が精神的や肉体的に負担の少ない方でないと継続が難しいと言えるでしょう。
このように、副収入を得ることは短期的には誰でも可能ですが、長期的に安定させようとすると難しいです。
これから副収入を手に入れようと考えている方は、ここ2、3ヶ月で短期的にお小遣い稼ぎをするという感覚ではなく、
入念な計画を立てて、半年、1年後から副収入を手に入れて継続させるというような長いスパンで考えることをおすすめします。
長いスパンで物事を考えて副収入を得ている方は、サラリーマンとして働きながら副収入を得て、休みの日は家族とレジャーに出かけるなどエンジョイしている方がおられるのも事実です。
そのような話を聞くと、副収入を上手く手に入れる事ができなかった方は「一体どのような事をして副収入を得ているのだろう?」と思われるでしょう。その答えの一つが「不動産投資による副収入」です。

副収入を得るために必要な要素を備えている不動産投資

1128_2.jpg

出典:Photo AC

これから不動産投資で副収入を得るという考え方が合理的という点をお伝えしますが、その前に副収入を得るための前提条件を知ってもらいます。
それは、
1自分は極力労働力を使わずに、利益を共有するパートナーに協力してもらう
2収益に大きな変動幅がない
3今後も需要がある
4リスク対策が存在する
この4つの前提条件を満たす必要があり、不動産投資はこの4つを満たしていますので具体的に説明します。
「1自分は極力労働力を使わずに、利益を共有するパートナーに協力してもらう」についてですが、先ほどもお話したように自分の休むべき時間を削って働くような副収入は継続しにくいです。
その点不動産投資の場合管理会社に任せますので建物、入居者、お金の管理を一括して管理会社が行います。投資家は苦情の電話や何らかの対応を直接する必要がなく、毎月副収入が振り込まれることになります。
「2収益に大きな変動幅がない」についてですが、管理会社が適切な物件管理をしていれば入居者は退去しませんので、3月~4月の引っ越しシーズン以外は、収益は安定しやすいです。
「3今後も需要がある」についてですが、人には住まいが必要です。確かに人口の減少は始まっていますが不動産に対する需要は十分存在しています。
「4リスク対策が存在する」についてですが、空室や家賃滞納などを保証する保証会社と契約する、天災への対策として火災保険や地震保険に加入するなど、不動産投資においてはしっかりとしたリスク対策が存在しています。
このように、不動産投資は副収入を得るための前提条件を備えています。ただし、すべて人任せではなく、退去が目立つ場合は管理会社と打ち合わせをしたり定期的に物件エリアの人口推移や今後発展するのか衰退するのかというような要素をチェックしたりする必要はあります。
しかし、基本的には自分は何もしなくとも毎月自分の口座に入金がある不動産投資は副収入として最適な手段と考えることができるでしょう。

副収入を貯蓄して頭金とすれば素早い資産構築も狙える!

1128_3.jpg

出典:Photo AC

不動産投資により得る副収入は魅力的な話ということはおわかり頂けたと思います。給料以外の自由になるお金が入ってくると考えただけでも気持ちが盛り上がると思います。
「何を買おうか?」、「どこに行こうか?」など考えることでしょう。しかし、この副収入を用いてさらに副収入を得るチャンスも出てきます。それは、「副収入を次の投資物件を買う頭金とする。」というものです。
物件により金額は異なりますが、仮に毎月約10万円副収入があったとします。これを2年程貯蓄すると約250万円になりますので、このお金を頭金として次の物件を取得できる可能性も十分あります。
このようなパターンを繰り返して、5年~6年で資産が1億円を超えるケースも珍しくありません。手に入れた副収入で楽しむのも良いですが、給料とは別の余裕資金ですので貯蓄するのは難しくないと思います。
仮に、副収入の半分でも貯蓄するだけでも将来もう一つの物件を手に入れるきっかけとなるでしょう。不動産投資は金融機関のローンを利用して短期間で資産を構築できるというメリットがあります。
最初は副収入が入れば良いという考えで始めるのも良いですが、将来的なビジョンまで考えて取り組んだ方が成功する確率も高いと思います。
不動産投資で得た副収入は資産構築に役に立たせるという選択肢も是非検討して下さい。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ