投資用の不動産は、どんな不動産?

投資用マンションって、名前はよく聞くけれど

1134_1.jpg

出典:Photo AC

投資用マンションや投資用アパート、投資用不動産という言葉、あなたも聞いたことがありますよね。
では、投資用不動産とはどういった不動産なのでしょうか。
文字通り、投資家が投資を行うために購入し、所有したり運用したりする不動産のことです。
投資家自身は別の家に住んでおり、投資用不動産には住みません。
その代わり、第三者に貸して、家賃収入を定期的に得て収益を得ます。
もしくは、インフレ時など不動産価格が高騰したタイミングで売って、売却益を得ます。
家賃収入はインカムゲイン、売却時の収入はキャピタルゲインといいます。
もしかしたら、あなたが借りて住んでいるマンションも、もしかしたら投資用マンションかもしれません。
違うかもしれませんが、可能性はあります。
気になる方は、インターネットで物件名を検索してみてはいかがでしょうか。
投資用マンション用の案内を見つけるかもしれません。
もしかしたら、分譲マンション仕様の賃貸に住んでいる場合は、可能性が高いのではないでしょうか。
分譲マンションと賃貸マンションは、分譲マンションのほうがキッチンなどの設備の仕様において、賃貸マンションに比べて総じてハイグレードです。
不動産仲介会社も『分譲賃貸』として、分譲仕様のハイグレードをアピールポイントにしていたのではないでしょうか。
多くの分譲マンションは、購入して住んでいる区分所有者もいれば、購入したけれど、自分では住まずに他の人に貸しているという賃貸での利用者が混ざっています。
転勤で数年間いなくなるからという理由から、期間限定で賃貸に出しているケースもあれば、最初から住む気がなくて誰かに貸している場合もあります。
最初から住む気がない、つまりこれが、投資目的ですね。
もちろん、どこかのタイミングで自ら住みたくなったら、賃貸をやめて、自分で住んでもかまいません。
このように、投資用不動産は、人に貸して収益を得ることが目的ではありますが、投資用に特化した変わった仕様があるわけではなく、普通に人が住める他のお部屋と変わりはありません。

投資用不動産の知識は、不動産投資を想定していなくても知っておいたほうがよいかも

1134_2.jpg

出典:Photo AC

マンションなど不動産を買うときは、不動産投資をする予定がなくても、投資用マンションなど、投資用不動産を買うコツを頭の隅にでも入れておいたほうがよさそうです。
転勤を伴う企業等にお勤めの方は、あなたがいつ家を買おうが借りようが関係なく、別の地方へ転勤する辞令を出すでしょう。
また、生活パターンの変化や嗜好の変化によって、別の場所に住みたくなる可能性が、将来あるかもしれません。
所有したマンションについて、転勤や転居を機にどうするのか、考えても良いのではないでしょうか。

中古ワンルームマンションの投資を狙ってみる

1134_3.jpg

出典:Photo AC

自分が住むためにマンションを購入したとき、「新築と築数年の築浅中古物件とは、価格が随分差があるなあ」と思ったことはありませんか?
おそらく、新築と築浅では、2割から3割の間で、下落しているでしょう。
投資用不動産についても、新築を狙うよりも、中古を狙ったほうが初期費用を抑えられる点は、共通です。
では、どんな物件を狙えばベターでしょうか。
例えば、東京都内ですと、単身者が住むマンションがたくさんあります。
学校も企業も多く、人口も多く、転入者も多いのが、東京です。
日本は人口減少が始まりましたが、それでも東京23区の都心部など、は人口が増え続けている地域は東京にはまだたくさんあります。
転入者も多ければ、転出者も多いのが単身用マンションの特徴です。
学生であれば、大学のキャンパスが変わったり、卒業に伴う転居があったりします。
近年は、人気の私立大学において、都心回帰の傾向にありますので、東京都心部の学生用マンションの需要は増えるでしょう。
勤め人の場合は、結婚などライフスタイルが変わったり、転勤により転居したりすることが想定できます。
転出者が多くても、次々に需要があるのが、東京のワンルームマンションの特徴といえるでしょう。
そんな東京の一人暮らしのワンルームマンション、立地も大切になります。
あなたがもしも地方から上京して東京で一人暮らしを経験したことがあれば、その時の状況を思い出してみてください。
あまり土地勘がない場所に住むのですから、駅から徒歩数分で、駅から迷わない場所にある駅近物件が人気でしょう。
または、学校から徒歩で帰れるような物件は、需要も供給も多いです。
このように、借りる人を想定し、家賃収入(インカムゲイン)を得やすい物件を探すのも、成功のヒントとなります。
また、ワンルームマンションはファミリー用よりも総じてお部屋の面積が狭いのも特徴です。
これは、特長でもあります。
というのは、面積が狭い分、メンテナンスが楽で、コストが低く抑えられるからです。
考え方によってはハードルがあまり高くなさそうな投資用不動産ですが、注意すべき点もあります。
新築、中古にかかわらず、収支の計算は慎重に行いましょう。
貸せばすぐに誰かが借りてくれるとは限りません。
物件購入のほかに、経費や税金、ランニングコストがどれだけかかるのか、支出面を計算しましょう。
赤字でやむなく売却という悲劇だけは、避けたいですね。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ