投資は少額からでも始められる!おすすめの投資は?

自己資金が5万円しかなくても、投資はできる

1135_1.jpg

出典:Photo AC

投資は、自己資金が多ければ多いほど、選択肢の可能性が広がります。
例えば、自己資金が5万円で不動産投資をするのは、自己資金ゼロでローンを組み、購入ができる物件があったとしても、その後のローン支払いのプレッシャーも大きくなりそうです。
しかし、自己資金が5000万円あるならば、ローンなしでも何らかの投資用物件を買うことができそうです。
では、自己資金が少ないからという理由で今すぐに不動産投資を行うのは無理だとしても、いずれ行うために自己資金を増やすとしたら、皆さんはどうしますか?
働いて節約して、お金を貯めることはすでに多くの方が行っているでしょう。
節約以外でお金を増やしたいのなら、例えば、投資を始めてみてはいかがでしょうか。
例えば、自己資金が5万円で、日本の上場企業の株を買うこともできます。
日本株は証券会社を通じて買うことになりますが、株の最低購入価格と手数料を合わせた値段が5万円以下の企業は、少数ですが、選べるほどの数はあります。
その株を買い、株価が上昇したときに売れば、儲け(売却益)が出ます。
逆に下落したときに慌てて売ってしまうと損をしますので、我慢して長期で保有することを想定して持ち続ける覚悟も必要ですね。
損切りと言って、ある程度下がった時点であきらめて売る方もいます。
別の保有株で大勝ちしていたら、損切りをしても、トータルでは儲けが出ているので、損切りの考え方もありでしょう。
ところで、株は売却益だけが楽しみではありません。
毎年払われる配当金も、株の楽しみの一つです。
企業が得た利益の中から、株価の数パーセントが配当されます。
ですから、赤字決算の場合は無配当になります。
証券会社の一般口座や特定口座を経由して株を購入すると、売却益や配当金から税金が20%引かれることは、注意してほしい点です。
それでも、銀行に預けているよりも高利率の配当金がもらえるとは、かなりお得感があると思いませんか?
なお、証券会社や銀行等各金融機関が売り出し中の「NISA(ニーサ)口座」は、規定の範囲内の金額でしたら、売却益や配当金が非課税になります。
日本のNISA口座は2014年1月から始まりました。
2015年まで、非課税枠は年100万円でしたが、2016年は、120万円まで拡大されました。
もしも今、株を買おうとするのなら、NISA口座を利用することもおすすめです。

少額投資でも、ルールを決めておくのがおすすめです

1135_2.jpg

出典:Photo AC

少額投資であっても、一定のルールを決めておいたほうが必要です。
例えば、すでに少額投資を行っている方はどんなルールを決めているのでしょうか。
多いのは、「生活費を削って株を買わない」です。
あくまで、余剰資金で株を買っているのです。
株を買ったせいで、生活がギリギリになってしまうと、ストレスがたまります。
もしも株価が下落したときに生活費に余裕がないとしたら、想像するだけで怖くありませんか?
2000年代のリーマンショックや、もっと昔になると、「NTT株などで損をした」など、株で損をした方はたくさんいます。
逆に、近年では、アベノミクスが謳われた頃に株価が上昇して得をした方もいます。
そんなわけで、少額投資といえども、株の購入後は山あり、谷ありです。
ストレスのない範囲で株の取引を行うことをおすすめします。
また、「利益は手を出さず、次の投資に回す」というルールを決めている方もいます。
例えば、配当益ですね。
配当益を生活費に回さずに、ある程度まとまった金額になったところで、他の株を購入したり、株以外の投資を行ったりするのです。
こうして見てみると、不動産投資など、株以外での投資も、堅実なルールを決めて行うとよさそうですね。

日本株の投資を行うなら、日経平均株価の推移を見てみよう

1135_3.jpg

出典:Photo AC

日本株についても、株価は上がったり、下がったりの繰り返しです。
『日経平均株価』を数十年単位で見てみると、なるほど、と納得するでしょう。
日経平均株価とは、日本の株式市場の指標の一つです。
あなたも平日は毎日のように、株と為替の動きに関するニュースで聞いたことがあるでしょう。
日本株の取引は、平日の毎日行われており、日経平均株価も株の取引が行われている間、休みなく変動しています。
ちなみに、日経平均株価がいつ誕生したのか、ご存知ですか?
戦後の1950年1月4日から始まりました。
1950年から日経平均株価はグングン上がりました。
これは、高度経済成長での時代の出来事でした。
1989年12月が、史上最高値で、38,915円87銭になりました。
いわゆる、バブルの時代でしたね。
1990年以降は、2万円台から7,000円台までの上下を繰り返しています。
日経平均株価の推移を見てみると、今後、どのくらいの振り幅になるのか、ある程度覚悟できるのではないでしょうか。
また、日経平均株価に関係なく、その企業の業績次第で個別に株価が上がったり、逆に不祥事があると個別に株価が下がったりすることも。
当然ですが、個別の株価にも注視しなければなりません。
ですから、あなたも、株を買った分のお金は「動かさないもの」だと思って、長期運用を想定し、配当や株主優待で得をするという考え方で運用すれば、株価の上下によるストレスが少なくすむのではないでしょうか。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ