投資以外の資産運用の方法とは?

お金を増やす3本の柱は、収入増、支出減、資産運用

1139_1.jpg

出典:Photo AC

お金を増やす方法は、大きく分けて3つあります。
一つ目は、収入を増やすことです。
今や、勤め先が副業を容認する時代です。
仕事をがんばって収入を増やすほかに、副業や雑収入、投資などで、複数の収入源を持つことは、サラリーマンはもちろん、勤め人でもない主婦でもよくあることです。
二つ目は、支出を減らすことです。
家庭で家計を管理している方なら、いつもコストカットのことを気にしているでしょう。
『断捨離』という言葉が定着して久しいですが、断捨離を節約の一環としてとらえている方も多いようです。
住んでいるマンションでもコストを管理し、管理費が嵩まない工夫をしている所は、たくさんあります。
あなたの勤め先でも大なり小なり、コスト削減に努めているでしょう。
三つめは、資産運用です。
資産運用は、お給料を指定の口座に振り込んでもらっているあなたもすでに、行っています。
銀行や郵便局など、金融機関にお金を預け、利息をもらうことも資産運用です。
しかし、働いて節約し貯蓄さえすればお金が増える時代はとっくに終わっています。
2016年、日銀がマイナス金利を導入し、メガバンクの普通預金の金利が0.001%になってしまいました。
「収入を増やす、支出を減らす、資産運用で資産を増やす」の3本の柱でお金を増やしていくとすれば、お金を預けるだけでは足りません。
ATMの時間外手数料でお金を減らしてしまうもったいない人もたくさんいます。
では、資産運用、どうすれば良いのでしょうか。

目的をもって資産運用すると、成功しやすい

1139_2.jpg

出典:Photo AC

資産運用というと、株式や投資信託、不動産投資、FXなど、投資を思い浮かぶ方も多いと思います。
しかし、投資以外に注目してみると、資産運用でお金を増やす方法はほかにもいろいろあります。
あなたがお金を増やしたい理由は、どこにあるでしょうか。
買い物が好きで、ショッピングをするお金が欲しいとか、旅行が趣味で、毎年旅行に行くための資金を捻出したいなど、より具体的な目的をお持ちであれば、お金を増やすスピードが速くなるのではないでしょうか。
目的を持ってお金を増やすことは、起業して事業を拡大するために運転資金を集めることと、似ています。
成功させたい事業があると、あらゆるところに営業して、お金を集めようとします。
お金を集める能力がつくと、売上を挙げる能力もつき、事業が拡大するというパターンになります。
もちろん、こんな単純に物事が進むわけではありませんが。
では、日常生活でお金を増やすことに戻しましょう。
半年後の休みに、1週間、海外旅行をしたいとします。
ツアーを申し込む場合は、ツアー代金プラス現地で使うお金を計算し、必要なお金を計算することになるでしょう。
自ら計画を立てる自由旅行の場合は、往復の交通費や宿泊費、滞在先での交通費や食費、お土産代など現地で使うお金を計算して、予算を組むことになります。
そして、旅行に必要なお金を確保するという目的ができるのです。
目的ができると、「お金を早く増やそう!」と、エンジンがかかりますよね。
では、どうやってお金を増やすのでしょうか。

旅行や買い物が好きな人におすすめの資産運用は

1139_3.jpg

出典:Photo AC

旅行者の方はすでにご存じかもしれませんが、旅行積立という形での資産運用も人気です。
大手旅行会社や航空会社は、その会社の旅行商品を使ってもらうことを目的に、積立制度をとっていることが多いです。
旅行積立を各社見てみると、多くのプランにおいて、利回りが2%を超えます。
そうでなくても、概ね、利回りが1%を超えています。
もちろん、今後は上下に変動すると思いますが、今のところ、銀行の定期預金よりも利率が高いですね。
その旅行会社や航空会社を使って旅行しようと決めたのなら、旅行積立は検討してみても良いでしょう。
旅行積立のデメリットというと、積み立てた会社での旅行以外に使えないという点があります。
また、中途解約をした場合は、元本割れをすることも。
しかし、強制的に積み立てて、積み立てたお金には手をつけず、さらに何パーセントかお金が増えてくる、つまり、強制的に旅行代金を確保する旅行積立は、メリットが大きそうです。
なお、旅行代金や飛行機の運賃、ホテルの宿泊代金は、予約した時期によって値段が変動します。
飛行機の早割制度やセール、ホテルの早期予約割引など、インターネットで調べてみると、さまざまなお得情報が転がっています。
また、このようなサービス料金は、閑散期や平日は料金が安くなるのです。
そう考えると、旅行積立よりも格安情報を普段からチェックしている方であれば、「格安情報を駆使して、節約して旅行するほうがお得じゃないか」と考えるでしょう。
あなたの旅行スタイルに合わせて、旅行積立をするかどうか、検討したほうがよさそうですね。
なお、旅行積立に似た形で資産運用する方法が、ほかにもあります。
有名なのは、大手デパートの積立ですね。
『友の会』など、名前がついたものです。
デパートによって利率や特典はさまざまですが、金利換算すると5%を超えるプランもあります。
そのデパートでしか買えない欲しいものがあるなど、そのデパートで買う目的をお持ちでしたら、デパートの積立も検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ