マイナス金利の現実を見据えて、賢い資産運用をもう一度考えよう

日銀が発表した「マイナス金利」政策とは

1140_1.jpg

出典:Photo AC

2016年1月、日銀の黒田総裁が金融緩和政策の一つとして、「マイナス金利」の導入を決定しました。
マイナス金利、なんとなく嫌な響きですね。
銀行にお金を預けておくと、金利がプラスのなるどころか、マイナスになってしまうという意味です。
そのため、銀行に普通預金などお金を預けている方の中には、「今度は、自分の口座の預金が減ってしまうのか?」と、恐れおののいた方もいたようです。
しかし、今回のマイナス金利は、私たちが銀行に預けている預金の金利がマイナスになるわけではありません。
日本銀行、略して日銀は「銀行の銀行」と呼ばれており、今回のマイナス金利の決定は、日銀と銀行など金融機関との間での話です。
金融機関が日銀にお金を預けていますが、マイナス金利になると、利子を支払わなければならなくなります。
これまで日銀に預けている分は対象外ですが、これから預けようとする分が、マイナス金利になります。
ですから、銀行はこれから、日銀にお金を預ける代わりに、企業にお金を貸すなどして、事業での投資を促してみてはどうか、という動きが生まれます。
そういう面では、経済を活性化させる景気対策の一つです。
マイナス金利政策、金融機関と企業の間はもちろん、金融機関と私たち一般市民の間にも少なからず影響を及ぼします。
どんな影響があるのか、そして私たちが資産運用においてどう動けばよいのか、もっと見てみましょう。

マイナス金利は投資やビジネスのチャンスに?

1140_2.jpg

出典:Photo AC

マイナス金利は銀行など金融機関の経営にとって、金利の収入が減る分、厳しい方向になります。
これを受けて各銀行の株は下落傾向になりました。
2016年、日経平均株価は上がったり下がったりと、不安定な情況が続いていますが、銀行の株価に関してはマイナス金利の影響も受けているようです。
応援している銀行や保険会社などの株を持っている投資家にとっても、厳しい現実ですね。
逆に、今は株価が低いからと、「買い」のタイミングを見計らっている方もいるでしょう。
株を持っている方、これから買おうとしている方は、引き続き株価やニュースに注視しておきたいですね。
マイナス金利をすることで、銀行がより低い金利でお金を貸すことになりそうです。
そうなると、生活においては、ローンを組んで購入するもの、例えば住宅や高額な自動車等の購入は有利になりそうです。
そして、ビジネス面から見てみると、住宅を販売する不動産業界や自動車を販売する自動車業界もマイナス金利において、有利になるといえるでしょう。
ビジネスチャンスがあるのは、不動産業界や自動車業界だけではありません。
マンションなどの不動産投資を行おうとする方や、営業活動で自動車を使う方にとってもチャンスですね。
マイナス金利がビジネスでどんなチャンスがあるのか、気にかけてみたほうがよさそうです。

みんなはどうしてる?マイナス金利時代の自己防衛策

1140_3.jpg

出典:Photo AC

日銀が決定したマイナス金利について、日常生活に近い部分での影響についても見てみましょう。
私たちが金融機関に預けているお金に対しても影響が出てきています。
2016年2月に入り、大手三大メガバンク(都市銀行)の普通預金の金利は、年0.001%まで減ってしまいました。
これは、100万円預けて10円の利息が付く計算です。
しかも、利息から税金が2割引かれますから、税引き後は8円しか増えません。
また、引き続き、預金引出時のATM手数料には気を付けたほうがよさそうです。
クレジット機能のついていないキャッシュカードをお持ちの方や、預金残高が少ない方など、金融機関が指定する条件によっては、時間外手数料や回数による引き出し手数料がかかってきます。
金融機関によってルールが異なりますので、今一度、ウェブサイトで手数料について確認しておきましょう。
普通預金では利息がほとんどつかないのですから、ATM手数料の支払いが実質マイナス金利のようなものと考えれば、あなたも気を付けるようになるのでは。
また、「マイナス金利の影響で、さまざまな防衛策をとる人が増えた」とメディアでも報じられています。
その一つは、金庫を買い、自分の家でお金を預けるという動きです。
金庫は全国どこでも、通販でも買えます。
ホテルに宿泊した時に置いてあるような小さなカギ付きの頑丈な金庫をイメージすれば、狭いお部屋にお住まいの方でも置くことができるでしょう。
また、企業で経費などお金を扱う仕事をしている方で、コインやお札を扱う方は、手提げ型の金庫を使っている方もいるでしょう。
そういったタイプの金庫は5000円程度で購入でき、もちろん家で使っても良いのです。
「お金が全く増えないのもいやだから、少しは増やしたい」という方の間でブームになっているのは、デパートの『友の会』制度です。
コースはさまざまですが、標準的なモデルプランですと、毎月1万円預けると、1年で1万円分のボーナスがつきます。
そうなると、年率8.3%相当の金利がつくのと同等になります。
デパートはおしゃれして出かける特別な場所というだけではなく、ギフトから生鮮食品の買い物まで、使い勝手の良い場所です。
デパートを使う機会の多い方は、資産運用の一環として、友の会を検討してみてもいいですね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ