初心者に知ってもらいたい不動産投資の流れ

実際に収益を得るまでは長い!?

1145_1.jpg

出典:写真AC

不動産投資は毎月安定的に収益が上がるので長期的に投資を考えている人にはおすすめです。とはいえ、不動産投資は実際に収益を上げるまでには色々なプロセスを経ていかなければいけません。不動産投資は一度物件を手に入れて運営を始めてしまえば楽ですが、それまでが初心者にはハードルが高くなっているのです。そんなハードルを下げていくためにも、そんな不動産投資の流れをしっかりと押さえておくことは大事なのです。

不動産投資の基本的な流れ

1145_2.jpg

出典:写真AC

実際に不動産投資の流れについて見ていきましょう。不動産投資で最初に行わないといけないのが「情報収集」です。情報収集はその後の成功につなげていくためにも大変大事なプロセスであり、ここで焦ってはいけません。情報収集にはたっぷりと時間をかけて基本的な疑問がないようにしてから次のプロセスに進むことが大事です。変に「早く投資をしたい」と早まってしまうと思わぬ悪徳な不動産業者に捕まってしまうことや、低利回りの高リスク物件に手を出してしまうといったことになりかねないのです。この段階で調べておきたいこととして「投資したい地域の不動産情報」は十分に揃えておきましょう。このような情報はネットの不動産業者のサイトで簡単に調べることができます。こういった不動産情報に詳しくなれば「不当に低い利回りの物件」や「不動産投資をする上でお得な地域」もわかってくるでしょう。
この情報収集後もしくは並行して行っていきたいのが「問い合わせ」です。気になった不動産があったら不動産屋に電話して色々と聞いてみましょう。また、ここはという不動産屋があったら実際にお店に行ってみるのも良いでしょう。実際にお店に行くという際には「一日に3軒以内」に回るお店を限定することが大事です。というのも、不動産屋を回るのは実際にかなり大変なことですし、疲れます。疲れると判断力も鈍ってきて、正確な判断ができなくなります。これは実に気をつけておきたいものなのです。また、不動産屋で良い物件を見つけたら収益計算や積算価格などの「見積もり」をしてもらいましょう。見積もりが出たら自分だけで判断するのではなく、他の不動産屋に持って行って適正なのか確認してもらうといったこともしておきたいものです。見積もりでは「あまりに高利回り」な物件には気をつけることも大事でしょう。高利回りすぎる物件は逆に瑕疵が隠れていることがあるからです。
加えて本命物件と予備物件を決めておくのも大事です。本命物件とはその名の通り、自分が一番投資したいと考えている物件です。予備物件は「本命物件に瑕疵があったり、売れてしまったりして購入できなくなった場合」に備えて決めておく物件です。予備物件は2つ程度あると良いですが、この予備物件を用意しておくことで思わぬ事態にも備えられるようになります。実際に不動産投資の流れについて見ていきましょう。不動産投資で最初に行わないといけないのが「情報収集」です。情報収集はその後の成功につなげていくためにも大変大事なプロセスであり、ここで焦ってはいけません。情報収集にはたっぷりと時間をかけて基本的な疑問がないようにしてから次のプロセスに進むことが大事です。変に「早く投資をしたい」と早まってしまうと思わぬ悪徳な不動産業者に捕まってしまうことや、低利回りの高リスク物件に手を出してしまうといったことになりかねないのです。この段階で調べておきたいこととして「投資したい地域の不動産情報」は十分に揃えておきましょう。このような情報はネットの不動産業者のサイトで簡単に調べることができます。こういった不動産情報に詳しくなれば「不当に低い利回りの物件」や「不動産投資をする上でお得な地域」もわかってくるでしょう。
この情報収集後もしくは並行して行っていきたいのが「問い合わせ」です。気になった不動産があったら不動産屋に電話して色々と聞いてみましょう。また、ここはという不動産屋があったら実際にお店に行ってみるのも良いでしょう。実際にお店に行くという際には「一日に3軒以内」に回るお店を限定することが大事です。というのも、不動産屋を回るのは実際にかなり大変なことですし、疲れます。疲れると判断力も鈍ってきて、正確な判断ができなくなります。これは実に気をつけておきたいものなのです。また、不動産屋で良い物件を見つけたら収益計算や積算価格などの「見積もり」をしてもらいましょう。見積もりが出たら自分だけで判断するのではなく、他の不動産屋に持って行って適正なのか確認してもらうといったこともしておきたいものです。見積もりでは「あまりに高利回り」な物件には気をつけることも大事でしょう。高利回りすぎる物件は逆に瑕疵が隠れていることがあるからです。
加えて本命物件と予備物件を決めておくのも大事です。本命物件とはその名の通り、自分が一番投資したいと考えている物件です。予備物件は「本命物件に瑕疵があったり、売れてしまったりして購入できなくなった場合」に備えて決めておく物件です。予備物件は2つ程度あると良いですが、この予備物件を用意しておくことで思わぬ事態にも備えられるようになります。

現況調査の重要性とは?

1145_3.jpg

出典:写真AC

物件の「現況調査」は必ずしておきましょう。これは情報収集の次に大事と言っていいくらいです。現況調査では実際に物件を見に行きますが、この際にはたっぷりと時間を掛けるのが大事です。物件の周辺環境や治安にも気を使いましょう。また、内覧時には底に住む人の気持になって、「一体この物件ならばどれくらいの賃料が妥当だろうか」と自問してみましょう。中古物件であれば床のシミなどもしっかりと見ておくべきです。リフォームが必要になることもありますから、この辺りも不動産屋に聞いておきましょう。
現況調査もして良さそうな物件だと確信したら実際に購入を進めていきます。この時点で物件を確保できる不動産屋も多いですが、そうでない場合には早めに行動して物件を購入契約していくことが大事です。せっかく良い物件を見つけたのに誰かに先取りされてしまうと大変げんなりして投資を続けていくのも嫌になりますから気をつけましょう。また、確実に購入する予定ならば買付証明書を提出するのも良いでしょう。これを提出することで物件を確保できます。
実際に購入する際に手持ちのお金では足りない場合には融資を申し込みましょう。融資の審査には数週間程度かかることもあります。資金が揃ったら契約書にサインして物件購入となりますが、ここで安心してはいけません。物件を購入しただけでは投資をしたとはいえず、実際に入居者が決まって賃料が入るまで気を抜いてはいけないのです。そこで物件購入後はすぐに管理会社に管理をお願いして入居者の募集を始めてもらうと良いでしょう。投資用物件の場合、管理会社が既に決まっていて、物件を購入すれば自動的に賃貸募集が始まる物件もあります。こういった物件を購入すれば大変ラクですから、狙ってみるのも良いでしょう。
このように実際に収益を上げるまでは大変長いですが、楽しい道のりでもあります。いずれにしても不動産投資ではこの物件取得が大変大事ですから、気を抜かないでしっかりと進めていきましょう。物件の「現況調査」は必ずしておきましょう。これは情報収集の次に大事と言っていいくらいです。現況調査では実際に物件を見に行きますが、この際にはたっぷりと時間を掛けるのが大事です。物件の周辺環境や治安にも気を使いましょう。また、内覧時には底に住む人の気持になって、「一体この物件ならばどれくらいの賃料が妥当だろうか」と自問してみましょう。中古物件であれば床のシミなどもしっかりと見ておくべきです。リフォームが必要になることもありますから、この辺りも不動産屋に聞いておきましょう。
現況調査もして良さそうな物件だと確信したら実際に購入を進めていきます。この時点で物件を確保できる不動産屋も多いですが、そうでない場合には早めに行動して物件を購入契約していくことが大事です。せっかく良い物件を見つけたのに誰かに先取りされてしまうと大変げんなりして投資を続けていくのも嫌になりますから気をつけましょう。また、確実に購入する予定ならば買付証明書を提出するのも良いでしょう。これを提出することで物件を確保できます。
実際に購入する際に手持ちのお金では足りない場合には融資を申し込みましょう。融資の審査には数週間程度かかることもあります。資金が揃ったら契約書にサインして物件購入となりますが、ここで安心してはいけません。物件を購入しただけでは投資をしたとはいえず、実際に入居者が決まって賃料が入るまで気を抜いてはいけないのです。そこで物件購入後はすぐに管理会社に管理をお願いして入居者の募集を始めてもらうと良いでしょう。投資用物件の場合、管理会社が既に決まっていて、物件を購入すれば自動的に賃貸募集が始まる物件もあります。こういった物件を購入すれば大変ラクですから、狙ってみるのも良いでしょう。
このように実際に収益を上げるまでは大変長いですが、楽しい道のりでもあります。いずれにしても不動産投資ではこの物件取得が大変大事ですから、気を抜かないでしっかりと進めていきましょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ