不動産投資でローンを組む際に知っておきたい金利や審査のこと

不動産投資のローンを組もう

1146_1.jpg

出典:写真AC

不動産投資のローンを組もう
不動産投資をする際に物件購入費用を全て用意できると言う人はむしろ少数派です。特に不動産投資を初めて始めるといった人の場合、多くの人が不動産ローンを始めとする融資を受けています。このように不動産投資では不動産ローンなどの融資が欠かせないのですが、この不動産ローンについて余り知らないと思わぬ損をすることもありますから注意しましょう。
そんな不動産ローンのポイントが住宅ローンとの違いです。不動産ローンと住宅ローンは似ているようでいて、実際はかなり異なります。例えば不動産ローンは住宅ローンよりも審査が通過しにくくなっているのがその一つです。住宅ローンの場合には借りる人の収入が十分であればそれだけで審査に通ることもありますが、不動産ローンの場合には「投資の採算性」が肝になってくるのです。例えば誰もこない山奥にある物件を不動産ローンで購入しようとしても、採算性がないと判断されてしまうでしょう。このため、不動産投資をする際に不動産を検討する際には「この物件はローンが降りるかどうか=採算性があると認められるかどうか」といった点も意識しておかないといけません。銀行が、採算性があるかどうか判断する際に大きな基準とするのが物件の利回りです。このため高利回りの物件は審査に受かりやすくなるためにも大事だということは覚えておきましょう。
この不動産ローンは不動産購入時の仲介手数料などには使えないといったこともポイントです。そのため、登記費用や融資審査費用などの経費については自前で用意する必要性があります。そのため、融資を受けられるといっても完全に融資を受けたお金だけで不動産投資が始められるわけではないということには気をつけておきましょう。
また、不動産ローンの審査は長期化することもありますから、早め早めに公道を進めていくことが大事でしょう。不動産ローンの審査が遅れて物件を他の人に取られてしまうなんてことがないように気をつけましょう。不動産投資のローンを組もう
不動産投資をする際に物件購入費用を全て用意できると言う人はむしろ少数派です。特に不動産投資を初めて始めるといった人の場合、多くの人が不動産ローンを始めとする融資を受けています。このように不動産投資では不動産ローンなどの融資が欠かせないのですが、この不動産ローンについて余り知らないと思わぬ損をすることもありますから注意しましょう。
そんな不動産ローンのポイントが住宅ローンとの違いです。不動産ローンと住宅ローンは似ているようでいて、実際はかなり異なります。例えば不動産ローンは住宅ローンよりも審査が通過しにくくなっているのがその一つです。住宅ローンの場合には借りる人の収入が十分であればそれだけで審査に通ることもありますが、不動産ローンの場合には「投資の採算性」が肝になってくるのです。例えば誰もこない山奥にある物件を不動産ローンで購入しようとしても、採算性がないと判断されてしまうでしょう。このため、不動産投資をする際に不動産を検討する際には「この物件はローンが降りるかどうか=採算性があると認められるかどうか」といった点も意識しておかないといけません。銀行が、採算性があるかどうか判断する際に大きな基準とするのが物件の利回りです。このため高利回りの物件は審査に受かりやすくなるためにも大事だということは覚えておきましょう。
この不動産ローンは不動産購入時の仲介手数料などには使えないといったこともポイントです。そのため、登記費用や融資審査費用などの経費については自前で用意する必要性があります。そのため、融資を受けられるといっても完全に融資を受けたお金だけで不動産投資が始められるわけではないということには気をつけておきましょう。
また、不動産ローンの審査は長期化することもありますから、早め早めに公道を進めていくことが大事でしょう。不動産ローンの審査が遅れて物件を他の人に取られてしまうなんてことがないように気をつけましょう。

不動産ローンの金利について

1146_2.jpg

出典:写真AC

不動産ローンは金利の面でも住宅ローンと大きな違いがあります。不動産ローンの金利は通常では1.5%から7%とそのレンジが広いですが、住宅ローンの金利は2%から5%程度で借りられるようになっています。このため、金利の点では遥かに住宅ローンの方が有利なのです。これは優遇措置があるのに加えて、住宅ローンの方が金融機関にとって採算が取れやすいといった事情も関係してきます。また、不動産ローンよりも住宅ローンの方がはるかに色々な商品があり、色々な銀行から最適な金利のローンを選びやすいといったことも不動産ローンと住宅ローンの違いでしょう。
そんな不動産ローンの金利ですが、不動産ローンの金利には主に変動金利と固定金利があります。変動金利はその名の通り、金利が半年もしくは一年ごとに見直されるものであり、世の中の金利が上がれば上がるほどに不利なローンになっています。また、固定金利はローン契約時の金利が返済まで継続されるものであり、金利の変化に振り回されたくない、と言った人にオススメでしょう。とはいえ、固定金利は銀行によっては対応していないこともあります。それだけ不動産ローンでは変動金利の商品が多いのです。
また、どれくらい不動産ローンで借りられるか気になる人もいるでしょう。不動産ローンで借りられる額は金融商品によっても異なりますが、年収の4倍から6倍は借りられるというのが通常です。そのため、例えば年収が600万円であれば3000万円程度は借りられると見てよいでしょう。とはいえこれはケースバイケースでもあり、人によって借りられる額は大きく異なってきます。不動産ローンは金利の面でも住宅ローンと大きな違いがあります。不動産ローンの金利は通常では1.5%から7%とそのレンジが広いですが、住宅ローンの金利は2%から5%程度で借りられるようになっています。このため、金利の点では遥かに住宅ローンの方が有利なのです。これは優遇措置があるのに加えて、住宅ローンの方が金融機関にとって採算が取れやすいといった事情も関係してきます。また、不動産ローンよりも住宅ローンの方がはるかに色々な商品があり、色々な銀行から最適な金利のローンを選びやすいといったことも不動産ローンと住宅ローンの違いでしょう。
そんな不動産ローンの金利ですが、不動産ローンの金利には主に変動金利と固定金利があります。変動金利はその名の通り、金利が半年もしくは一年ごとに見直されるものであり、世の中の金利が上がれば上がるほどに不利なローンになっています。また、固定金利はローン契約時の金利が返済まで継続されるものであり、金利の変化に振り回されたくない、と言った人にオススメでしょう。とはいえ、固定金利は銀行によっては対応していないこともあります。それだけ不動産ローンでは変動金利の商品が多いのです。
また、どれくらい不動産ローンで借りられるか気になる人もいるでしょう。不動産ローンで借りられる額は金融商品によっても異なりますが、年収の4倍から6倍は借りられるというのが通常です。そのため、例えば年収が600万円であれば3000万円程度は借りられると見てよいでしょう。とはいえこれはケースバイケースでもあり、人によって借りられる額は大きく異なってきます。

不動産投資のローンの審査に受かるために

1146_3.jpg

出典:写真AC

元手が十分になくお金を銀行から借りないといけない場合、不動産ローンの審査に受からないと不動産投資をそもそも始められません。そのため、審査のことについて詳しくなっておくことは大変大事でしょう。不動産投資の審査は採算性を重視して決められますが、他にも「自己資金の割合」もチェックされます。自己資金が多ければ多いほど審査は通りやすいといってよいでのですが、自己資金が少なくても貯金や資産が多い場合にはカバーできる場合もあります。他にも借りる人の年収や勤務先、他の借金の状況などについても確認されます。年収が高ければそれだけ審査も通りやすいのですが、年俸制で雇われているなど勤務先が安定していないと見なされるとそれだけ審査も難しくなってしまいます。
このように審査のポイントはあるのですが、より受かりやすくするためには「自己資金を友人などから借りて上げる」といったように工夫することが大事です。他にも、勤務先は基準に入れず、年収だけで審査判断をする不動産ローンもあります。特に投資だけで生活をしていて年収は多いけれども仕事先は特にないといった場合には活用しておきたいものでしょう。元手が十分になくお金を銀行から借りないといけない場合、不動産ローンの審査に受からないと不動産投資をそもそも始められません。そのため、審査のことについて詳しくなっておくことは大変大事でしょう。不動産投資の審査は採算性を重視して決められますが、他にも「自己資金の割合」もチェックされます。自己資金が多ければ多いほど審査は通りやすいといってよいでのですが、自己資金が少なくても貯金や資産が多い場合にはカバーできる場合もあります。他にも借りる人の年収や勤務先、他の借金の状況などについても確認されます。年収が高ければそれだけ審査も通りやすいのですが、年俸制で雇われているなど勤務先が安定していないと見なされるとそれだけ審査も難しくなってしまいます。
このように審査のポイントはあるのですが、より受かりやすくするためには「自己資金を友人などから借りて上げる」といったように工夫することが大事です。他にも、勤務先は基準に入れず、年収だけで審査判断をする不動産ローンもあります。特に投資だけで生活をしていて年収は多いけれども仕事先は特にないといった場合には活用しておきたいものでしょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ