不動産投資、ファンドを利用する2つの大きなメリットとは?

不動産投資をファンドを利用するための基礎知識

1151_1.jpg

出典:写真AC

不動産投資については、物件を購入して家賃により資産を増やすというイメージが簡単にできると思います。では、不動産投資とファンドがどう関わるのかとなるとイメージがしにくいのではないでしょうか?
まずはファンドについての説明をして、不動産投資とどう関わるかという点について基礎的な知識をご理解下さい。
ファンドとは、投資のプロが集まった会社の事を言います。投資の中で、投資信託というジャンルがあります。銘柄は国内だけでも5,000銘柄ほどあり、世界中のファンドも加えると無数の銘柄があると言えます。
ファンドは、各投資家から集めた資金を様々な債権や株式を独自の理論で購入して運用します。
そのような独自性がありますので、銘柄によっては収益率が低いが安定しているもの、現在の収益率は高いが一定期間で見ると変動が大きくリスクの高い銘柄など様々です。
では、不動産投資とファンドがどう関わるかについてですが、不動産投資においても投資信託のようなファンドに投資するスタイルがあり、不動産投資信託(REIT)と呼ばれています。
不動産投資信託では、各投資家から集めた資金をファンドが不動産の保有、運用に用いて収益を上げます。
現在、日本には約50銘柄あり、各ファンドにより戦略が異なりマンション系に投資を集中する銘柄、商業施設に集中する銘柄、住居と商業施設などをバランスよく投資する銘柄などがあります。
大まかな収益率は3~5%の中に集中しており、ほかの投資スタイルと比べて収益率が高いとは言えません。
しかし、収益が賃料など安定した性質と考えられている収入源をメインにしているので安定したリターンを期待できるので人気があります。このような性質を持つ不動産投資信託が持つ2つのメリットを紹介していきます。不動産投資については、物件を購入して家賃により資産を増やすというイメージが簡単にできると思います。では、不動産投資とファンドがどう関わるのかとなるとイメージがしにくいのではないでしょうか?
まずはファンドについての説明をして、不動産投資とどう関わるかという点について基礎的な知識をご理解下さい。
ファンドとは、投資のプロが集まった会社の事を言います。投資の中で、投資信託というジャンルがあります。銘柄は国内だけでも5,000銘柄ほどあり、世界中のファンドも加えると無数の銘柄があると言えます。
ファンドは、各投資家から集めた資金を様々な債権や株式を独自の理論で購入して運用します。
そのような独自性がありますので、銘柄によっては収益率が低いが安定しているもの、現在の収益率は高いが一定期間で見ると変動が大きくリスクの高い銘柄など様々です。
では、不動産投資とファンドがどう関わるかについてですが、不動産投資においても投資信託のようなファンドに投資するスタイルがあり、不動産投資信託(REIT)と呼ばれています。
不動産投資信託では、各投資家から集めた資金をファンドが不動産の保有、運用に用いて収益を上げます。
現在、日本には約50銘柄あり、各ファンドにより戦略が異なりマンション系に投資を集中する銘柄、商業施設に集中する銘柄、住居と商業施設などをバランスよく投資する銘柄などがあります。
大まかな収益率は3~5%の中に集中しており、ほかの投資スタイルと比べて収益率が高いとは言えません。
しかし、収益が賃料など安定した性質と考えられている収入源をメインにしているので安定したリターンを期待できるので人気があります。このような性質を持つ不動産投資信託が持つ2つのメリットを紹介していきます。

ファンドを利用するメリット1プロの力を活用できる!

1151_2.jpg

出典:写真AC

先ほどもお話しましたが、ファンドは不動産投資のプロ集団です。彼らは、投資家から少しでも多くの資金を獲得するために働いています。同業者よりも一歩先を行き、収益を少しでも高める努力をしています。
このようなファンドの情報処理、分析能力などに個人の不動産投資家が対抗する事は困難です。
これから不動産投資をはじめようと考えている方は、自分で学ぶのも大切ですがファンドの力を活用する事により短期間で不動産投資のスキルが身につくことが可能です。
なぜなら、ファンドは自分たちの動きを投資家に公開しなければなりませんので、ファンドから様々な情報や投資における知識や思考法を学ぶことができます。
このような方法で学べば、気が向いたときに不動産投資の書籍を読む他、断片的な情報をインターネットで仕入れるような中途半端な知識ではなく専門的な内容を知る機会に恵まれることになります。
さらに、利回りが高い訳ではないですが資産が安定して増える確率は高いです。そう考えれば、不動産投資の勉強をしながら高い確率で資産も増えていくという一石二鳥のやり方となりメリットがあると言えます。
独学も悪くはありませんが、プロの力を知るのも投資に限らず物事を成功させるための方法と言えるでしょう。先ほどもお話しましたが、ファンドは不動産投資のプロ集団です。彼らは、投資家から少しでも多くの資金を獲得するために働いています。同業者よりも一歩先を行き、収益を少しでも高める努力をしています。
このようなファンドの情報処理、分析能力などに個人の不動産投資家が対抗する事は困難です。
これから不動産投資をはじめようと考えている方は、自分で学ぶのも大切ですがファンドの力を活用する事により短期間で不動産投資のスキルが身につくことが可能です。
なぜなら、ファンドは自分たちの動きを投資家に公開しなければなりませんので、ファンドから様々な情報や投資における知識や思考法を学ぶことができます。
このような方法で学べば、気が向いたときに不動産投資の書籍を読む他、断片的な情報をインターネットで仕入れるような中途半端な知識ではなく専門的な内容を知る機会に恵まれることになります。
さらに、利回りが高い訳ではないですが資産が安定して増える確率は高いです。そう考えれば、不動産投資の勉強をしながら高い確率で資産も増えていくという一石二鳥のやり方となりメリットがあると言えます。
独学も悪くはありませんが、プロの力を知るのも投資に限らず物事を成功させるための方法と言えるでしょう。

ファンドを利用するメリット2お金に関するリスクが少ない!

1151_3.jpg

出典:写真AC

不動産投資信託によりファンドを利用することにより、お金に関するリスクが少なくなるというメリットがあります。
具体的には2つあり、
1一口が20~50万円ほどあれば投資できる銘柄が多い
2すぐに現金化できるのでキャッシュが手元にあるのと近い状態である
という2つのメリットがあります。
1についてですが、不動産投資信託では一口が10万円台から購入できる銘柄がありますので、大きな出費となりにくいです。
これが、不動産投資となると各物件により物件価格は異なりますが、2,000万円以上の資金が必要になる場合が多いです。ローンを組むといってもその分お金に関するリスクが増えることになります。
このような比較をすると、ファンドを利用してお金に関するリスクを軽減できるというのは大きなメリットになります。
2についてですが、不動産投資信託ではすぐに現金化できるので大きなメリットになります。
しかし、不動産投資の場合は物件を購入してスタートするので、もし手元にお金が必要となった場合は売却するしかありません。
投資物件に限らず不動産の売買は一週間や二週間という短期間で取引される性質のものではありません。早くとも1ヶ月~2ヶ月という期間は必要になります。
手元に現金が必要となっても不動産投資をしている場合は早期の現金化は困難です。
このような比較をすると、ファンドを利用している場合はすぐに現金化しているので、手持ちの現金が少ない状態で不動産投資信託をしてもお金に関するリスクは低いです。
投資においてだけでなく、人生において手元に現金があるという状態でいる必要性は高いです。ファンドを利用した不動産投資は手持ち資金が少ない方の味方となる投資スタイルであると思います。不動産投資信託によりファンドを利用することにより、お金に関するリスクが少なくなるというメリットがあります。
具体的には2つあり、
1一口が20~50万円ほどあれば投資できる銘柄が多い
2すぐに現金化できるのでキャッシュが手元にあるのと近い状態である
という2つのメリットがあります。
1についてですが、不動産投資信託では一口が10万円台から購入できる銘柄がありますので、大きな出費となりにくいです。
これが、不動産投資となると各物件により物件価格は異なりますが、2,000万円以上の資金が必要になる場合が多いです。ローンを組むといってもその分お金に関するリスクが増えることになります。
このような比較をすると、ファンドを利用してお金に関するリスクを軽減できるというのは大きなメリットになります。
2についてですが、不動産投資信託ではすぐに現金化できるので大きなメリットになります。
しかし、不動産投資の場合は物件を購入してスタートするので、もし手元にお金が必要となった場合は売却するしかありません。
投資物件に限らず不動産の売買は一週間や二週間という短期間で取引される性質のものではありません。早くとも1ヶ月~2ヶ月という期間は必要になります。
手元に現金が必要となっても不動産投資をしている場合は早期の現金化は困難です。
このような比較をすると、ファンドを利用している場合はすぐに現金化しているので、手持ちの現金が少ない状態で不動産投資信託をしてもお金に関するリスクは低いです。
投資においてだけでなく、人生において手元に現金があるという状態でいる必要性は高いです。ファンドを利用した不動産投資は手持ち資金が少ない方の味方となる投資スタイルであると思います。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ