毎月分配型投資信託はおすすすめできない

最初におすすめされるのが投資信託

1153_1.jpg

出典:写真AC

投資を行おうと金融機関に相談を行うと必ずと言っていいほど最初に紹介される金融商品が投資信託です。
なぜ初めに投資信託が紹介されるかというと主な理由は2つ存在しています。
第一の理由はほかの金融商品と異なり運用を一任できる点です。
個人では株式の銘柄一つ一つを精査して投資を行ったり、東証株価指数に連動するように指数対象株全種類を均等に購入・運用したりすることなどとてもできたものではありません。
国内株式だけで千を超えて、外国株や各種金融商品を含めれば万に届く投資先のうちから10~20くらいの自分のリスク許容度に合った金融商品を組み合わせて分散投資を行ったうえで適時売買を行い、ポートフォリオのバランスをとって運用するということが個人の投資家に可能でしょうか?
専業投資家ならまだしも本業があれば不可能なことです。
対して投資信託では投資したいセクターや指数を指定した商品を購入しさえすればおおよその部分を手間いらずでカバーすることができるのです。
第二の理由としては投資選択肢の多さがあげられるでしょう。
投資信託には数多くの商品がそろっており、個人では手が出しづらい商品先物や海外株式・債券などの商品に対しても投資を行うことができます。
もちろん投資信託はそれ以外にも販売している金融機関が手数料収入を目的としている点もありますが、これらの個人で運用を行うには限界のある投資や投資先を選べない初心者にとって、大切な資産の運用を投資信託によって代行してもらうことができるために投資信託はおすすめの投資商品として紹介されるのです。投資を行おうと金融機関に相談を行うと必ずと言っていいほど最初に紹介される金融商品が投資信託です。
なぜ初めに投資信託が紹介されるかというと主な理由は2つ存在しています。
第一の理由はほかの金融商品と異なり運用を一任できる点です。
個人では株式の銘柄一つ一つを精査して投資を行ったり、東証株価指数に連動するように指数対象株全種類を均等に購入・運用したりすることなどとてもできたものではありません。
国内株式だけで千を超えて、外国株や各種金融商品を含めれば万に届く投資先のうちから10~20くらいの自分のリスク許容度に合った金融商品を組み合わせて分散投資を行ったうえで適時売買を行い、ポートフォリオのバランスをとって運用するということが個人の投資家に可能でしょうか?
専業投資家ならまだしも本業があれば不可能なことです。
対して投資信託では投資したいセクターや指数を指定した商品を購入しさえすればおおよその部分を手間いらずでカバーすることができるのです。
第二の理由としては投資選択肢の多さがあげられるでしょう。
投資信託には数多くの商品がそろっており、個人では手が出しづらい商品先物や海外株式・債券などの商品に対しても投資を行うことができます。
もちろん投資信託はそれ以外にも販売している金融機関が手数料収入を目的としている点もありますが、これらの個人で運用を行うには限界のある投資や投資先を選べない初心者にとって、大切な資産の運用を投資信託によって代行してもらうことができるために投資信託はおすすめの投資商品として紹介されるのです。

分配期間から選ぶ投資信託

1153_2.jpg

出典:写真AC

前述のように投資信託は個人では難しい投資を専門家に任せてしまうという点で非常に手間がかからず比較的簡単に始めることのできる投資です。
では、どの投資信託を選んでもよいかと言われればこの限りではありません。
投資信託の個別銘柄選びについては各々のリスク選好度や投資機関によってあまりにも広範に及んでしまうのでここでは割愛させていただき、分配期間による違いをお話していきたいと思います。
株式でいう配当金のように利益分配を行うことを投資信託では分配金といい、投資信託ごとに設定された分配金の払い出す期間を分配期間といいます。
投資信託ではおもに分配金なし(再投資)、年1回、年2回、年4回、年6回、毎月の6種類が基本です。
ただ必ず分配金が発生するわけではなく、投資信託自体のリターンが少ないまたは赤字だった場合には分配金が出ないこともあります。
これらの分配金期間の選び方は投資期間とその期間中に分配金収入が必要かによって異なります。
長期的に利用予定のない余裕資金の場合には分配金なしを選択することで本来分配されるべき金額を自動的に再投資することができるため複利効果で最終的なリターンの最大化を狙うことが可能です。
投資しつつも安定的な収入を得たい場合には年1回ないし2回のタイプによって利益をだしつつ一定の分配金収入を期待することが可能でしょう。
また、上記の機関であっても選ぶ際には目論見書などで分配金は利益から払い出すものを選択することを忘れてはなりません。
これについては次の項で詳しくお話していきます。前述のように投資信託は個人では難しい投資を専門家に任せてしまうという点で非常に手間がかからず比較的簡単に始めることのできる投資です。
では、どの投資信託を選んでもよいかと言われればこの限りではありません。
投資信託の個別銘柄選びについては各々のリスク選好度や投資機関によってあまりにも広範に及んでしまうのでここでは割愛させていただき、分配期間による違いをお話していきたいと思います。
株式でいう配当金のように利益分配を行うことを投資信託では分配金といい、投資信託ごとに設定された分配金の払い出す期間を分配期間といいます。
投資信託ではおもに分配金なし(再投資)、年1回、年2回、年4回、年6回、毎月の6種類が基本です。
ただ必ず分配金が発生するわけではなく、投資信託自体のリターンが少ないまたは赤字だった場合には分配金が出ないこともあります。
これらの分配金期間の選び方は投資期間とその期間中に分配金収入が必要かによって異なります。
長期的に利用予定のない余裕資金の場合には分配金なしを選択することで本来分配されるべき金額を自動的に再投資することができるため複利効果で最終的なリターンの最大化を狙うことが可能です。
投資しつつも安定的な収入を得たい場合には年1回ないし2回のタイプによって利益をだしつつ一定の分配金収入を期待することが可能でしょう。
また、上記の機関であっても選ぶ際には目論見書などで分配金は利益から払い出すものを選択することを忘れてはなりません。
これについては次の項で詳しくお話していきます。

選んではいけない毎月分配型の投資信託

1153_2.jpg

出典:写真AC

分配金をどこから払い出すか必ず確認するべき、という話をここで詳しく見ていきましょう。
投資信託には利益から分配金を出すタイプと分配期間ごとに定額を払い出すタイプがあります。
前者の場合には利益が出なければ分配金がないということもありますが、もっと問題なのが定額を払い出すものです。
このタイプは利益が出なくとも分配金を出します。
分配金の原資となる利益がないのにどこからその資金が来ているのでしょうか?
実は投資信託を構成しているみなさんの元金を削って分配金を捻出しているのです。
つまり、分配金を出すたびに少しずつ投資信託の基準価格が減少していき、最終的に底をつくとファンドが解散して終わりということにもなりかねないのです。
特にこの定額を払い出すタイプは投資信託の売り上げの4割を占めるといわれる毎月分配型投資信託に当てはまることが多く非常に注意が必要です。
本来長期投資を目的とした投資信託は年々利益を積み上げて再投資を行うことによって2次関数的に資産を増やしていくことを目標としています。
ですが、元本が減るほどに分配金を出してしまえば当然基準価格が上がるなんてことはなく資産価値は目減りする一方であることが多いのが実情です。
もちろんすべての毎月分配型投資信託で損をするといっているわけではありません。
安定的に利益を出すことができ、なおかつ分配金が利益以下であれば元本を毀損することはありません。
それでも、本来の再投資の複利効果と長期間運用という資産増加のための投資信託の2本柱が揺らぐような設計をされた商品は長期的な資産形成には根本的に向いていないと言わざるを得ないのです。
投資信託で数年から十年単位で資産形成を行おうと考えている方であれば、できれば分配なしタイプ、最低でも年1回分配タイプにすることで不用な元本の毀損を防ぐことができるでしょう。
特別、毎月分配型でなければならないという方以外は、毎月分配型投資信託は避けるのが無難だといえます。分配金をどこから払い出すか必ず確認するべき、という話をここで詳しく見ていきましょう。
投資信託には利益から分配金を出すタイプと分配期間ごとに定額を払い出すタイプがあります。
前者の場合には利益が出なければ分配金がないということもありますが、もっと問題なのが定額を払い出すものです。
このタイプは利益が出なくとも分配金を出します。
分配金の原資となる利益がないのにどこからその資金が来ているのでしょうか?
実は投資信託を構成しているみなさんの元金を削って分配金を捻出しているのです。
つまり、分配金を出すたびに少しずつ投資信託の基準価格が減少していき、最終的に底をつくとファンドが解散して終わりということにもなりかねないのです。
特にこの定額を払い出すタイプは投資信託の売り上げの4割を占めるといわれる毎月分配型投資信託に当てはまることが多く非常に注意が必要です。
本来長期投資を目的とした投資信託は年々利益を積み上げて再投資を行うことによって2次関数的に資産を増やしていくことを目標としています。
ですが、元本が減るほどに分配金を出してしまえば当然基準価格が上がるなんてことはなく資産価値は目減りする一方であることが多いのが実情です。
もちろんすべての毎月分配型投資信託で損をするといっているわけではありません。
安定的に利益を出すことができ、なおかつ分配金が利益以下であれば元本を毀損することはありません。
それでも、本来の再投資の複利効果と長期間運用という資産増加のための投資信託の2本柱が揺らぐような設計をされた商品は長期的な資産形成には根本的に向いていないと言わざるを得ないのです。
投資信託で数年から十年単位で資産形成を行おうと考えている方であれば、できれば分配なしタイプ、最低でも年1回分配タイプにすることで不用な元本の毀損を防ぐことができるでしょう。
特別、毎月分配型でなければならないという方以外は、毎月分配型投資信託は避けるのが無難だといえます。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ