新年度スタートを機にやり直し! おすすめの資産運用とは

資産運用は、新社会人へのアドバイスも参考に

1156_1.jpg

出典:写真AC

社会人が多く誕生する年度のスタート、4月は、資産運用に関する話題がインターネット上でも特に多く発生します。
働いて稼いだお金をどう運用するのか考える時期でもありますし、金融機関もぜひ自分のところにお金を預けてほしいと手をこまねいている時期でもあります。
勤め先によっては、お給料の振込先の銀行口座が指定されており、新たに銀行口座を開設する新社会人も多いでしょう。
また、資産運用は早く始めれば始めるほど良いと言われています。
社会人になって何年もたってから「結婚したいし、お金貯めなきゃ」などと焦るよりも、新社会人の若いうちから考えて行動したほうが、その分資産運用にかける時間は長くなり、お金は貯まりやすいのではないでしょうか。
もちろん、年度のスタート社会人を始めて10年、20年たった方にとっても、改めて「自分はどうやってお金を増やしていこう」と考えるチャンスです。
つまり、思い立ったが吉日ですね。
株や不動産などの投資だけではなく、銀行にお金を預けることも、立派な資産運用です。
ですから、あまり難しく考える必要はありません。
せっかく銀行との縁ができるのですから、良いお付き合いをしたいものですね。
「資産運用したいけれど、損はしたくない」と考えているのでしたら、お給料の一部を定期預金や貯蓄預金に預けることも検討してみてはいかがでしょうか。
比較的金利の高いインターネット銀行に口座を作り、資産の一部をインターネット銀行に移すのもアリですね。
あなたの勤め先で財形貯蓄の制度があれば、それを利用するのも手軽でしょう。
会社によっては、持株会といって、一定のお金を毎月積み立てて勤め先の株を買う制度もあります。
株は上がったり下がったりしますので、株価が大幅に上昇したときに売却すれば、利益を得ることもできます。
但し、自分の好きなタイミングで株を売却できないルールになっている場合もありますし、その他にもデメリットがあるでしょう。
メリット・デメリットを見極めて、自身で慎重に判断してください。
持株会に限らず、最終的に自分で判断することは、資産運用の鉄則です。

資産運用とともに、家計の見直しもおすすめです

1156_2.jpg

出典:写真AC

新社会人向けの資産運用のアドバイスを見てみると、こんな文面をよく見ませんか?
「余ったら貯金では、貯まりません。お給料から自動的に○パーセント、貯蓄しましょう」
つまり、収入の一部を強制的に貯蓄すると、お金が貯まっていくのですね。
この場合、気を付けたいのは、貯蓄に回す分、1か月に使えるお金が減ってしまうことです。
必然的に、家計の見直しをする必要があります。
あなたは、1か月の家計について、何に何円使っていると、洗いざらいチェックしたことはありますでしょうか。
配偶者に家計を預けているという方も、夫婦で一緒にチェックしてみてはいかがでしょうか。
インターネットやマネー系雑誌でも、「○○家の家計チェック!」といったコーナーがありますので、それらを参考にするのもおすすめです。
家計チェックのコーナーを見ていると、保険やインターネット、お子さんの習い事などに厳しいチェックが入っていると思います。
そういうのを見て、あなたにも思い当たるフシがあれば、実行に移してみてください。
日本はここ数年、増税やインフレがうたわれていますが、意外にもお金をかけずに暮らせるようになっています。
例えば、格安SIMの登場で、携帯電話料金が3分の1に減ったという例も尽きません。
車はディーゼルカーにすれば、ガソリン代が安くなりますし、そもそもカーシェアリングで安くすませることだってできます。
そのほかにも、シェアリングエコノミーが広まっています。
資産運用と同時に、買わないですむなら買わないというシンプルな生活にするスタイルを身に着ければ、鬼に金棒ではないでしょうか。
そして、教育など、どうしても支出を譲れない、使いたい部分にきちんとお金を使えばよいのです。

年末調整をサボらず行うこともおすすめです

1156_3.jpg

出典:写真AC

貯蓄と家計の見直しとともに、おすすめしたいのが、節税です。
勤め人はお給料から所得税が天引きされて、手取り金額が振り込まれています。
何年も社会人をやっている人も、自分のお給料がいくらで、うち、税金や社会保険料がいくら引かれているということをきちんと把握していますでしょうか。
住民税は後から請求が来ますので、毎年いくら払っているのか把握している方も多いでしょう。
まずは、税金等がお給料からいくら引かれているか、きちんと把握しておきましょう。
意外と多くてビックリするかもしれません。
では、勤め人がどのように節税をするのでしょうか。
節税というと響きが悪いのですが、要は払い過ぎた税金を取り戻す、年末調整です。
これをサボらずにやることです。
病気やケガ、歯の治療等を保険診療にかかった場合、年額の医療費が10万円を超えますと、医療費控除の対象になります。
病院に行くためのバスや電車賃、風邪等病気の治療目的で支払った薬代も含まれます。
1年間で10万円を超えるかもしれないと思ったら、ぜひレシートや領収書を取っておきましょう。
また、生命保険料も控除対象です。
年末調整できちんと所得税の一部を取り戻すことも、資産運用につながるおすすめの方法です。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ