不動産投資、元本割れだけは嫌な方へ

投資で元本割れを防ぐには?

1110-A.jpg

出典:ノムコム

不動産投資をはじめ、投資は元本が保証されていません。
資産運用の中で元本保証されている商品は、銀行の預金など、ほんの一部です。
銀行の預金は預金保護法によって、元本が保証されます。
しかし、銀行預金はリスクが低い分、お金がほとんど増えません。
今後も金利が上がる保証はありません。
ですから皆さんも、不動産投資などをすることで、今持っているお金をもっと増やそうという心理になるのではないでしょうか。
では、不動産投資において、どうすれば元本割れをしないですむのでしょうか。
シンプルにいえば、「安く買って、高く売る」ことです。
これは投資に限らず、商売で利益を得るための方法としても、大原則です。
不動産投資で元本割れをしないためには、安く買う方法を見つけて実践することや、高く売るための方法を学んで実践することが大切です。
できれば、安く買うことも、高く売ることも両方行いたいですね。
不動産投資は、株や貴金属積立などと異なり、買った物件を自分の努力によって物件の価値を高めることができます。
価値が高まると、物件を借りる人が絶えず、正しく入金されれば、入ってくるお金も絶えません。
何年か経ったら、物件を購入した価格よりも多い金額を稼ぐことができます。
これで、「ペイできた」状態になります。

ボロ物件を安く買えば、元本割れが防げるかも?

1110-B.jpg

出典:ハフィントンポスト

不動産投資においては、物件価格以外に必要な費用がたくさん発生します。
ローンを組んで物件を購入した場合は、ローンを含めた総支払額を計算しておく必要があります。
総支払額は、物件の金額プラス、税金や仲介手数料、印紙代などの諸経費プラス、ローンの金利を考えてください。
金利が低いうちにローンを組んだり、早く支払いが完了させたりすることで、総支払額はなるべく減らすことができます。
元本割れの心配以外に、元本以外の費用にも気を回す必要があるのが、不動産投資の特徴の一つといえます。
こういった面倒なことを避ける一つの方法が、ローンを組まずに物件を買うことです。
ローンを組まないだけで、利息も諸経費も減りますし、何よりも、ローン支払いのストレスが軽減されます。
不動産投資で成功している人の中には、どんな物件を現金で買っているのでしょうか。
ボロ物件を現金でポンと買い、収益を得ている例もあります。
「ボロ物件」といわれているぐらいですから、そのほとんどがそれなりの修繕が必要です。
DIYが得意な方なら、セルフでリフォームします。
得意でなくとも、セルフリフォームにチャレンジをする方もいます。
自前でのリフォームに限界を感じたら、部分的に、または全面的に業者にリフォームを依頼することになります。
ですから、まとまった修繕費がかかることを想定して、物件を購入します。
物件費プラス修繕費が実質の物件費と思ったほうが良いですね。
実質の物件費を計算し、現金で買える範囲の物件を購入し、なるべく早くペイして利益を出しているのです。
ボロ物件と呼ばれている物件を投資し成功している方の特徴は、DIYの腕があったり、リフォームの知識があったりするほかにも、特徴があります。
物件探しは大変ですよね。
あなたにとっての「お宝物件」を見つけ出すのは、根気がいる仕事です。
ですから、根気の良さは必要でしょう。
そして、欲しい物件はあなたの近くにあるとは限りません。
どこの物件でも見に行けるフットワークの軽さも持っていたいです。
不動産投資を行っている方の中には、日本に限らず、海外の物件まで見ている方も多く存在します。
皆さん、けっこうフットワークが軽いのですよ。

元本割れをしないためには、それなりの努力がいる

1110-B.jpg

出典:三井ホーム株式会社

不動産投資で元本割れを経験したくないコツを挙げてきました。
まず、ローンを組まずに現金で買える物件を探すこと。
「ボロ物件」など、多くの人が敬遠しがちなお買い得の物件を粘り強く見つけること。
その物件がどこにあっても見に行けるフットワークの軽さがあること。
DIYやリフォームで人が住める状態にすること。
物件の修繕費も初期費用に入れておくこと。
そして、物件の価値をアップさせ、高く売ること。
「人が住める状態」とは、「あ、私ここ住みたいな」と思える状態のことです。
自分が魅力的だと思った物件は、お客様にも自信を持って貸すことができます。
そして将来、自信を持って売ることができます。
テレビのリフォーム番組を見ると、リフォームにはいくらお金がかかっているのか、相場が概ねわかるでしょう。
新築や状態の良い中古物件を買うよりも、格安に感じるのではないでしょうか。
ボロ物件を買うときに気を付けたいこともあります。
それは、築年数、もっといえば耐用年数です。
木造なのか、鉄筋なのか、鉄骨なのか、骨組みの素材にもよりますが、当然ながら耐用年数が新築や築浅よりも長くないことは気を付けたほうが良いです。
また、不動産会社との良い関係を作っておくことも重要です。
自分で不動産会社を営んでいない限りは、物件を買うのは不動産会社など仲介業者からになるからです。
不動産会社との関係作りは、ボロ物件狙いではなくても、大事なことですね。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ