資産運用に活用しましょう|あなたに贈るおすすめ投資3選

資産運用の目的をしっかり理解していますか?

1115-A.jpg

出典:株式会社i・e・sリビング倶楽部

資産運用や投資を始める時、多くの方は自分に合った投資手法や利回りの大きさを考えます。もちろんこれらは資産運用を行う上ではとても重要な要素です。しかしながら、資産運用を考えていらっしゃる方の中には資産運用の目的をしっかりと定めていない方はいらっしゃらないでしょうか?


この目的によって、資産運用の方法は大きく変わります。もし目的、つまりゴールのない資産運用を行おうとすれば、目先のお金を増やすことに目が向いてしまったり、日々の価格変動に一喜一憂してタイミングを逸した売買をしたり、また、金融機関に勧められるがまま売買を繰り返すことによって発生する手数料の増大など利回りに大きく影響することが考えられます。
場合によっては、資産運用をしているはずが投機的な投資行動に出てしまうこともあるかもしれません。


よって、資産運用を行う際はしっかりと目的を定めましょう。
資産運用の目的としては例えば「インフレによる資産の目減りを防ぐ」「長い老後を考えて年金の減少分を補填する」といったことが考えられます。これらの目的がしっかりしていれば、目標達成した際に資産運用からもリタイアすることも可能ですね。不動産投資にせよ個別株投資にせよ、ゴールを考えておくこと、すなわち出口戦略をしっかり定めておくことは大切ではないでしょうか。


この記事では資産運用におすすめできる投資手法の条件や具体的な方法をご説明いたします。ぜひご覧ください。

資産運用と呼べる投資に必要な条件

1115-B.jpg

出典:ノムコム

投資にはさまざまな方法がりますが、資産運用と呼べるものには以下のような条件が考えられます。
・資産運用と投資の違いをしっかり区別する
・長期保有を前提とする
・資産を分散した投資ができる


「資産運用と投資の違いをしっかり区別する」
これは資産運用と投資の違いから理解することが必要でしょう。
資産運用とは目的の金額まで、じっくりと安全に資産を増やしていく方法です。投資にはもちろん元本割れのリスクは付きまといます。そのため安全であることが条件である以上、一定以上の利回りには期待しないこととじっくり安全に資産を増やしていくことはバーターの関係、相反する関係となるのは明らかです。
目先のお金にとらわれたり、資産運用とは呼べないような利回りを目指してしまって結果的に痛い目に遭ってしまったりすることは避けたいところです。


「長期保有を前提とする」
これは上で説明した資産運用と投資の違いをしっかり区別することから明らかになります。短期的に資産を増やすことを目指すのは投機や投資と呼べるでしょう。資産運用ではじっくり安全に目的を達成することを目指しますから、長期保有になりがちです。
インフレによる目減りを防ぐ目標であれば、物価の上昇にあわせて目標金額を設定すれば良いということです。


「資産を分散できる」
これは資産運用だけでなく、投資行動の上では必須と呼べる考え方です。じっくりと安全に資産を増やしていくことを前提とすれば、資産を分散せずにひとつの投資商品や分野に投資することは非常に危険と言えるでしょう。例えば期待できる個別株に資産の大半を入れてしまえば、資産の増減はひとつの株価に左右されることとなります。極端な例ではありますが、ご自身の資産の分散方法、アセットアロケーションをしっかりと考えることが大切です。

資産運用の条件を満たす投資のご紹介

1115-B.jpg

出典:RealEstateSale.in

上記の条件を満たすような投資をご紹介する前に資産運用の基本となる「預金」をしっかり押さえておきましょう。
預金は投資として利回りはとても小さいものかもしれませんが、資産運用では基本です。元本割れリスクが皆無であり、急にお金が必要となった時の流動性の高さも見逃せません。流動性リスクが高すぎると、不本意なタイミングで運用している金融商品の売却を招くことがあります。資産運用には預金を除いた額を投資商品に回すことになりますから、どのくらいの割合や金額を預金に回すかを考えることはとても大切なことですね。


上の条件を満たす投資商品としては「投資信託」が挙げられます。投資信託の数は非常に多いため、どの商品を選ぶかがとても悩ましいところです。資産運用の条件を満たすことを考えると、おすすめとしてよく挙げられるのは「インデックス型」の投資信託です。インデックス型は日経平均やTOPIXといった指数に連動するように投資を行う投資信託のタイプです。このような指数に連動するため、あくまでも世界経済が長期的には右肩上がりであると言う前提に基づく投資とはなりますが資産運用においては考慮に足るものの一つです。
またあらゆる分野に分散して投資をする投資信託もあります。預けた資産を「株」「債権」「外国株」「不動産」などに分散投資する投資信託の商品もあります。資産の分散割合をどうするか、これを、投資信託を管理する機関投資家やファンドマネージャーに任せられると判断すれば選択肢に入る投資信託の一つでしょう。


「REIT」も投資先の一つの候補になります。REITは投資家から資金を集めて不動産投資会社が運動さんの購入や運用を行った結果得られる利益を出資者に分配する投資方法です。つまりREITとは不動産投資の一つの方法です。
不動産投資は安定した賃料収入を見込むことができるため、資産運用に向いていると言われます。不動産投資には、アパートやマンションなどの現物を購入して賃料を得る方法もありますが、修繕経費や空室リスクなどを考えると不動産事業にもなりかねず、資産運用にはあまり適してないと思われます。
むしろJ-REITのような投資信託型の不動産投資、みんなで大家さんのような不動産投資ファンドを利用して安定的な利回りを目指す方が効率的だと思われます。


以上のように資産運用を行うためには幾つかの条件を考慮した上でどのような投資を行うか考える必要があります。
皆さんの大切な資産を生かすためにもぜひこの記事を参考に資産運用を進めていただければと思います。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ