投資で稼ごう!資産運用で1,000万円の壁を越えるコツ

1,000万円を一つの目標にしよう

1116-A.jpg

出典:ノムコム

投資を始める際に「500万円貯めよう」「老後の暮らしに足りるくらい貯めよう」といった目標を誰しも定めるものですが、お勧めしたいのが「まずは1,000万円貯めること」です。1,000万円を貯められれば子供の大学資金や住宅ローンの返済などといった色々なことに使えるだけでなく、投資の幅も広がってきます。1,000万円あれば、ほとんどできない投資は無いと言ってもよく、短期のスパンでも長期のスパンでも自分の好きなように投資を進めていけるのです。また、1,000万円貯められれば意外と簡単に5,000万円、1億円といったようにより高い目標額も達成できるようになります。この1,000万円は投資家にとって試金石と言っても良いものなのです。
 とはいえ、この1,000万円は意外と超えるのが難しい壁でもあります。個人投資の世界ではこの1,000万円は一つの大きな障害になっており、1,000万円の壁を越えられるかどうかで投資で成功できる人かどうかが変わってくるのです。そんな1,000万円の壁を越える方法やその後の展開についても押さえておきましょう。

投資で1,000万円の壁を越えられない理由とは

1116-B.jpg

出典:中古住宅をお得に売買する方法

1,000万円の壁を越えられない理由には幾つかありますが、まずリスクが大きくなることが一つのポイントです。投資資金が増えればそれだけリターンも増えますが、それだけ損失が出た際にも大きな痛手になるのです。少しの操作ミスや判断ミスで本業の一月分の給料が消し飛ぶことも少なくありません。それだけ心理的なストレスも大きいのがこの1,000万円の壁なのです。こういったストレスに対処していくためには「投資のお金は給料や日常使うお金とは別に考える」ことが大事です。これは少額投資をする際にも当てはまります。ストレスを溜めないためにも、投資でもしも損失が出ても他人のお金のように考えて過剰に反応しないようにしましょう。
 他にも1,000万円の壁を越え難くしているのが「ここまで稼いだのにお金が減るのは我慢できない」といった気持ちです。通常の仕事では働けば働くほどにお金が増えていくだけですが、投資では逆に減ってしまうこともあります。特にこれまで頑張って投資して稼いだ1,000万円もの大金が減っていくのに耐えられる人はそこまで多くありません。これは株などをしていて「損切りができない」心理と同じであり、より稼ぐためにも投資では乗り越えなければいけない大きなハードルになってきます。この心理を乗り越えるためには「損失も経費の内」と考えるのも良いでしょう。投資では損失が出てもそれ以上に儲けられれば全く問題ないのです。損失は成功を手にするための必要経費と考えていくことが大事です。こう考えると例え投資額が1,000万円、2,000万円といったように額が大きくなって損失額が一時的に増えても「経費がそれにつれて増えているだけ」と考えられます。
 また、自分の投資法に不安があるという人もこの1,000万円付近で資産の伸びが止まってしまうことがよくあります。投資法に不安があるので、1,000万円という大金を前にして投資を辞めてしまう人もいます。最悪なケースになると、それまで成功していた投資法を抜本的に変えてしまい、大きく投資で損をしてしまう人もいるのです。こういったケースは決して珍しいことではなく、投資で大金を稼ぐ際には必ず乗り越えなければいけない問題です。このような投資法の不安に対処していくためにはまず自信を持つことが大事と言ってよいでしょう。どのような投資法であれ、それまで成功してきたのであれば十分に信頼しても良いものです。あまりにも自分の投資法に疑問を持つと投資の成果にも影響が出てきますから気をつけましょう。

1,000万円作ったら不動産投資にも手を出そう

1116-B.jpg

出典:三井ホーム株式会社

1,000万円投資で作れたらより意欲的な投資にも挑戦すべきです。例えば不動産投資がその代表でしょう。不動産投資は初期投資額が大きくかかりますが、それだけ長期的に稼げるとともに利益も大きいものです。また、1,000万円もあればこれから価値が増していくことが予想される都心部のマンションも購入できます。投資資金1,000万円はこの不動産投資に参加するためのチケットと言っても良いでしょう。不動産で儲けられるようになれば、次から次へと資産が安定的に増えてくるようにもなり、投資での成功も近づいてきます。
とはいえ、これまで成功してきた投資も続けていくことも忘れないでおきましょう。成功している投資を捨てるのはもったいないもので、不動産投資と並行してやっていくのがおすすめです。
不動産投資には興味が無いと言う人も、1,000万円貯まったらより多角的に投資をするようにすることは肝心です。例えばそれまでに株だけにしか手を出していないというのであれば債券等にも手を広げてみましょう。このように1,000万円は分散投資をする良い機会にもなるのです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ