あなたは不動産投資に向いてる?向かない?不動産投資をおすすめできる人の特徴

不動産投資に向いている人の特徴①

1200-a.jpg

出典:写真AC

世に出回っている投資の一つに「不動産投資」があります。不動産投資は投資をしたことのない初心者でも始めやすいと言われていますが、やはり向いている人がいるのも事実です。一体どんな人におすすめの投資なのか、不動産投資で成功する人の特徴を見てきましょう。


1. 根気強い(コツコツ作業するのが苦にならない)


最初にあげられる特徴は「根気強さ」です。不動産投資は1日などの短期で成果が出るようなものではありません。10年〜など長いスパンで利益を生むことを考える必要があります。そういった点では根気強い(我慢強い)という性格の人に向いている投資です。


また不動産投資を始めるにしてもそれなりの頭金が必要になります。その頭金を用意するには事前にコツコツと貯金する必要があり、それは日々の生活から捻出するものです。貯金する額を決め、今得ている給与から投資のための貯金を引いて、余った額を生活費にあてることを実践できるような人が好ましいです。


2. 決断力がある(自分の考えが明確)


「決断力」もどの投資に対して大事な資質です。不動産を「買う・売る」するときのタイミングを判断する力のことを指します。もちろんしっかり吟味することも必要ですが、「もっと良い物件があるかも・・・」と言って即決できない人は良い好機を逃すことが多いのです。不動産投資を始める前に買う基準を明確にし、それに見合った物件が現れたら即決する、と決めておきましょう。不動産会社からもそのような人は好まれ成功する確率が高くなります。


また、借金に関しても必要以上に尻込みしない心構えも大切です。不動産投資を始める人のほとんどがローンを組んでいます。計画性のなさは良くありませんが返済シュミュレーションを把握して事前に調べることも必要です。

不動産投資に向いている人の特徴②

1200-b.jpg

出典:写真AC

3. 全てにおいてマメに対応できる


コツコツと積み重ねることと似ているように感じますが、自己の管理をマメにできるということは不動産投資において必要であると言えます。不動産投資をする際に目にするお金の流れ(キャッシュフロー)の金額は大きくなりがちです。すると少額の支出に対して鈍感になり、どんぶり勘定を続けてしまいます。その小さな無駄な支出が積み重なるとそれが崩壊し破産へと追い込まれます。毎月の収支をしっかりと把握し、少額の支出に敏感になる徹底さが大事なのです。キャッシュフローがマイナスになった時に速やかに原因解明し、対策を立てて対応するようなスピーディーさが必要で、「マメさ」がそれにつながってきます。


4. 勉強を怠らない


不動産投資において投資の手法を勉強するだけではなく、それに関わる土地・建物・法律・税金などの知識も必要になります。関連する物事を日々勉強して知識として蓄えることが先々の利益につながるのです。その流れでその土地の人口形態など社会の動きに敏感になっておきましょう。


5. 挑戦意欲がある(リスクの対処・コントロールできる)


不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンに分類できますが、どの投資でもリスクはつきものです。そして大事なのは「リスクを恐れない」のではなく「リスクに直面した時に正しく対処(反応)できる力」なのです。過去経験した成功や失敗をそのままに終わらせず、なぜその結果に至ったのかを分析し経験を積み重ねると自分の財産になります。一つ一つのリスクに丁寧に対処し、それを次へ活かす挑戦意欲がある投資家こそ成功する人と言えます。

不動産投資に向いている人の特徴③

1200-c.jpg

出典:写真AC

6. 人付き合いが上手・苦ではない(コミュニケーション能力が高い)


投資とは自分一人で行うように思われるかもしれませんが、不動産投資の場合、これがあるかないかで成功するのかがかかっています。不動産投資を続ける上で関わってくる人々が、「売主・仲介業者・融資関連の銀行・司法書士」といった人々です。自分の物件に入居者の募集や家賃回収するするときは仲介業者の力が必要になります。手持ち金がなければ融資を取り付ける銀行とも関わりができ、不動産登記や法律関係の書類が必要なときは専門家である司法書士の活用が不可欠です。


不動産投資は一人の力では投資を続けられるものではなく、こう言ったさまざまな人々と接する必要があるため良好な関係を築く必要があります。入居者がいないと家賃収入が減るため仲介業者との関係は密にしておく必要があります。関係が良好なら競合する物件があったとしてもあなたの物件を優先的に紹介してくれるかもしれません。そういった点で不動産投資において人付き合いが上手、または苦ではないと感じる人は成功しやすいのです。


7. 情報を他人と分け合える人


良い情報があれば自分の胸に留めておき利益を上げたいという考えは当たり前のように感じます。しかしライバルなどに得た情報やノウハウを共有することは一見損するように見えても長い目で見たときに得になります。一言で言えば「人脈作り」が必要なのです。相談事に乗って協力するなど日頃からケチケチせずにお付き合いし、不動産投資関連者だけではなくあらゆる事業を行っている人と関わって人脈を築くことが生き残る可能性が高くなります。


不動産投資に向いている人はこのように7つの項目に当てはまる人と言えます。以上の点が好ましいですが今現在そうではない人は必ずしも不向きというわけではありません。これらを身につけるように改善・努力できるかがポイントになります。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ