不動産投資が投資初心者に向いている理由とは?

不動産投資が投資初心者に向いている理由

1204-a.jpg

出典:写真AC

さまざまな投資がある中、不動産投資は初心者が始めやすいと言われており、サラリーマンや主婦などが始めるケースが少なくありません。それには他の投資にはない理由がありました。


1. 特別なスキルが必要ない
不動産投資は特別なスキルやノウハウが必要ない投資と言われています。基本となる不動産投資知識は身につけておく必要はもちろんありますが、FXや株式投資などで利益を上げる場合、難しいスキルや知識が必要になってくるのです。また日々日本のみならず世界の経済状況や動きをチェックし、予想する必要があります。それらに比べると不動産投資の手法は複雑ではありません。


2. 投資のコントロールが容易
投資には資金とリスクの2つのコントロールが必要です。不動産投資の場合入居者がいる限り家賃収入が安定して入ってきます。それにより資金計画を見直すことができるのです。またリスクの場合、不動産投資で起こりうるリスクは事前に対策を講じることが可能な場合が多いです。それにより損失を最小限に抑えることができます。


3. 時間を割く必要がない
不動産投資を始める人には本業の傍ら・・・という人も少なくありません。FXや株式投資などは投資に対する時間はとても大切で手間がかかります。しかし不動産投資の利益となる家賃収入は入居者がいれば毎月安定して得ることができるのです。大きく言うと入居者がいれば何もしていない状態でも利益を得ることも可能です。これにより大幅に自分の時間を割く必要がなくなり、本業に支障が出ることが少ないです。

不動産投資はメリットがたくさんある

1204-b.jpg

出典:写真AC

投資初心者に不動産投資を選んでほしい理由に「メリット」が挙げられます。


1. 税制上のメリット
不動産投資は他の投資に比べ税制上でメリットが多くあります。私たちが支払うべき一般的な税金の中で「所得税」と「住民税」が不動産投資では節税することができます。毎年ある確定申告にて不動産投資の内容を入れ込むことによってこれら税金を抑えることができるのです。また相続税に関しても節税が可能なので、現金を多く保有するよりも不動産として資産を所持する方がお得です。


2. 収益が長期的に安定する
不動産投資はFXや株式投資とは違い短期間で莫大な利益を生むような投資ではありません。しかし長期的に安定した収益を生む投資なのです。都心部など賃貸需要の多い物件なら不動産の価値も急激に下がることはありません。また人気のエリアや利便性によっては長期間入居する人も多くなり、家賃収入が毎月継続して得られるのです。購入する物件にさえ気をつければこのように収益が安定します。


3. 生命保険代わりになる
生命保険にもさまざまありますが、加入者が死亡した場合に保険金が受け取れる制度です。これが不動産を持つことによって同じように家族に手渡すことができるのです。不動産購入時にローンを組む際、「団体信用保険」の加入が義務付けられています。これは万が一不動産購入者が死亡や重度の障害によりローンの支払いが不可能になった場合、保険によってローンの支払いを行うというものです。そうすると家族はローンの支払いが終了した状態で不動産を受け取ることができます。


また先ほどご紹介した相続税の優遇によって家族に家賃収入が入ります。もちろん不動産を売却して現金化することも可能です。不動産投資で物件を所持するということはこういうメリットもあるのです。

初心者が選ぶ物件のポイント

1204-c.jpg

出典:写真AC

不動産投資は物件を選ぶ・買う・賃貸する、の流れで行う投資です。比較的難しくはありませんが、初心者が選んだほうが良い物件のポイントというのも存在します。


1. 中古物件を選ぶ
不動産には新築と中古があります。それぞれメリットはありますが、初心者は中古物件を選ぶようにしましょう。中古は物件の価格が下がっているため手頃な価格で購入できます。その分利回りも高くなります。また過去や現在の入居者の情報から家賃収入と経費が計算しやすいこともメリットです。


中古物件の場合は現在入居者が入っていることが多いため、すぐに家賃収入を得ることができます。立地が良くリフォーム済みなら中古といえどさらに入居者は入るでしょう。注意したいのが中古でも昭和56年(1981年)以降に立て得られた新耐震基準法の下に建設された物件を選ぶことです。


2. ワンルームタイプを選ぶ
物件にはさまざまなタイプの部屋があります。ワンルームは一人暮らしの入居者が想定されます。これは一人の好みで部屋が決まるため、他のタイプの物件に比べて入居者が決まりやすく空室率が下がるからです。またリフォームの際も費用がファミリータイプに比べて低めです。さらにファミリータイプだとリフォーム期間が長くなるため空室期間も長くなります。


3. 駅近物件を選ぶ
立地が駅から徒歩10分以内というのもポイントです。駅近だと物件自体の需要が高まり入居者も多くなります。特に東京都内だと23区内や乗り換えなしで都心に30分以内で行けるなど利便性を加味しましょう。またスーパーやコンビニが近いなども大切です。利便性が悪いと空室率も上がります。


メリットが多く初心者向けの不動産投資は、これら物件の条件に気をつけて購入したいですね。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ