不動産投資の資料請求を検討中の方必見!不動産投資の比較ポイント9選

不動産投資は資料請求から始める

1208-a.jpg

出典:Pixabay

資産運用や私的年金の確保など資産を増やすことは将来の備えのために必須になってきました。かつて余裕がないと手が出せないと言われてきた不動産投資も最近では投資・資産運用初心者でも始める人が増えています。不動産投資を考えた際、まず行うのが資料請求です。


不動産会社はとても膨大で、ひとつずつ確認することは困難で、どんな会社があるのかも不動産投資初心者は把握していません。またどんな不動産商品があるのかも調べるときにも便利なのが資料請求なのです。不動産会社が作成している資料を見ればその会社や商品の特徴がすぐにわかります。現在はインターネットなどで資料の一括請求もできるので、簡単にさまざまな不動産投資を比べることができます。


資料請求などはわかりづらいことはインターネットを駆使します。資料に掲載されていない利用者の声や評判も不動産投資を選ぶ上で大切なポイントです。一括請求にて気になる物件・商品があれば取扱会社に直接コンタクトを取り、投資相談がスタートします。

不動産投資を比較するポイント

1208-b.jpg

出典:Pixabay

では資料が届いたらどこで不動産投資を行うかを決めるポイントを見ていきましょう。資料で見るべきポイントは主要取り扱い物件・エリア・サポート体制などです。そしてインターネットなどから評価の高さを確認し、両方で不動産投資を比較します。不動産仲介会社とは投資を始めると長く付き合いになります。ですので信頼できる会社選びが大切なのです。


【主要取り扱い物件】
資料請求した際会社によって特色があります。どのような物件に力を入れており、強みを持っているのかを把握することができます。自社ブランド・優良中古マンション・デザイナーズマンション・充実設備のマンションなど不動産会社によって取り扱っている物件は違います。どんな物件を押しているのかを確かめます。


【エリア】
不動産会社は全国各地にあり、全国的に手広く扱っているところもあれば、地元に密着して地場の情報に強いという特徴を持つ会社もあります。あなたの投資するエリアに強い会社も資料請求によって把握することができます。東京都内や都心、駅近などにも注目しましょう。需要が大きく資産価値の高い不動産投資物件を選ぶことが、長期的・安定的な家賃収入を得ることができます。


【サポート体制】
物件の販売や管理、家賃保証など、物件選びから購入した後のサポート体制がどうなっているのかも確認します。それにより空室リスクなど諸々のリスク回避の率が高まります。また金融機関との連携などによりお得にローンが組めることがありますので、そこも注目ポイントです。


【評価の高さ】
不動産投資を成功させるためには信頼できる不動産投資会社を選択する必要があります。信頼できるポイントとして利用者と金融機関からの評価の高さです。すでに契約している利用者の声はとても貴重で、その会社のサポート体制も把握することができます。また金融機関から信頼が高いことで資金の融資にも影響が出ます。資料請求でわからない場合は、インターネットで調べると良いでしょう。

不動産投資信託におけるポイント

1208-c.jpg

出典:写真AC

最近注目されている投資が「不動産投資信託」です。これは実物不動産を自分で購入せずに、投資信託に資金を投下することで高額の不動産投資に参加できる金融商品になります。少額から始められること、また実物不動産購入とは違いホテルや商業施設など規模の大きい不動産投資に間接的に関わることができます。不動産投資信託の資料請求によっても特徴が把握できるのです。


1. ファンドの目的
不動産投資信託を取り扱っている会社がその投資信託をどのような目的で運用するのかがわかります。それにより投資信託の特徴や性格も把握できるのです。


2. 投資対象物件
投下した資金がどのような不動産の運用に使用されるか、特に注目しておきたい項目です。不動産投資信託ではホテルや商業施設など大口の不動産運営に関われるので、物件の成長など自分の狙いがあれば対象物件の確認は大切になります。


3. 過去の運用実績
過去の実績も投資で利益を上げるためのポイントと言えるでしょう。最新版が望ましいですが、資料請求時の目論見書に記載されています。価格の推移や分配金の安定性、資産の状況、収益の推移など相場背景と比較すると性質が把握できます。


4. 運用報酬
運用するために必要な手数料になります。販売会社により購入時手数料などは異なります。目論見書に記載されている数値は目安の場合があるので注意が必要です。信託報酬(管理費用)なども確認して利益を計算する必要があります。


5. 各種リスク
投資にはリスクはつきものです。ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資信託も同じことが言えます。資料にてそれを確認しましょう。


不動産投資でも不動産投資信託でも資料請求してその会社や商品の特徴を確認することができます。資料請求したらこれらのポイントを比較してみましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ