資産運用で儲ける!投資の基本や始め方

投資=ギャンブルというイメージを持ちがち

1218-a.jpg

出典:Pixabay

投資をして失敗して破産したという話も多く投資をギャンブルだとイメージする人も少なくありません。しかし投資とギャンブルは全く別物で目的が異なります。投資とは資産を金融商品に投下し運用して利益を得ることが目的です。資産運用の手法として用いられますが、いたって健全であり投資によって世界の経済は成り立っているのです。


一方のギャンブルを見ると「娯楽サービスに対しての参加料」の意味合いが大きいと言えます。この参加料が賭け金となり、集めた賭け金で決定された金額が「配当金」として一部に分配されるのです。ギャンブルには主催する団体がおり、無料のサービスではないので団体へ利益が入るような仕組みになっています。そのため参加者が常に収入を得られるというわけではありません。ギャンブルに参加したトータルの収入と支出を比べると損失が大きくなるのがほとんどです。


投資でもギャンブルでも「リスク」を伴うことは間違いありません。しかし投資はギャンブルに比べてリスクコントロールができるのが特徴です。投資の種類によって異なりますが、例えば100万円を投資していて損失が出そうな時に「損切り」という手法で損失額を抑えることが可能です。一時的に損失が発生しても景気や経済の流れによっては損失をカバーするくらいの利益が発生する可能性もあります。ギャンブルは娯楽サービスの参加料を支払うと結果が出るまでどうなるかがわからないものですので、ここでも投資とギャンブルの違いが出てきます。


このように資金を投じる目的やリスクコントロールの可否から違う2つですが、やり方によっては投資もギャンブルになりかねません。その投資の勉強や情報収集を怠ると大きな損失を出し、自己破産に陥るなどリスクが高くなります。それを回避するにはやはりその投資について学ぶ必要があるのです。

投資の種類と始め方①

1218-b.jpg

出典:Pixabay

個人で行える投資には預金・外貨預金・国債・外貨MMF・投資信託・ETF(上場投資信託)・株式投資・REIT・不動産投資・FX・先物取引など11種類が存在します。


【預金】
国内の金融機関に資産を預入る投資です。一般的に普通預金と定期預金があり、普通預金は自由に出し入れできますが金利は2016年現在0.001〜0.02%です。定期預金は一定期間お金を引き出せない口座で普通預金よりも利率0.1〜0.22%と高くなります。好きな金融機関に出向き口座を開設してお金を預入るだけで投資が完了です。


【外貨預金】
日本円をドルやユーロなど外貨変えて預金する投資方法です。その国の金利が影響してくるため高い金利を得ることができます。しかし日々変動する為替レートによって損失が発生するリスクもあり、また預金保護の対象外です。外貨預金を受け付けている金融機関にて外貨預金口座を開設し日本円を預金します。


【国債】
国が資金を調達するために発行している債券です。満期(3年・5年・10年)が存在し還元日には投資した金額が額面通り戻ってきます。債券所有者には満期までの間利息が支払われます。固定金利3年と5年は0.05%、変動金利10年は0.26%の金利となっています。都市・地方銀行、ゆうちょ銀行、証券会社の窓口(ネット証券はインターネットから)から購入可能です。


【外貨MMF】
証券会社が取り扱っている金融商品で外国の国債や社債を運用する投資信託です。信用性は高いですが為替レートによっては元本割れのリスクも伴います。取り扱いのある証券会社で購入が可能です。

投資の種類と始め方②

1218-c.jpg

出典:写真AC

【投資信託】
資産運用を行うプロに資産を預ける手法です。集めた資金を元に運用を行い投資金額に応じて利益が分配されます。少額でも始められる投資で投資商品の管理などは自分で行う必要がありません。証券会社で購入が可能です。


【ETF(上場投資信託)】
市場に上場している投資信託に対して投資する手法です。ETFは市場が開いている時間帯ならいつでも取引可能で、少額の資金から始められます。証券会社で購入が可能です。


【株式投資】
企業が資金確保のために発行している社員権です。安い時に購入し、価値が上昇した時に売却して利益を得ることができます。また株式所有者はその企業から出される配当金を取得、株主優待制度も受けることができます。証券会社に口座を開設することで取引ができます。


【REIT】
投資家がREITという投資信託に資金を預け、集めた資金で複数の不動産に投資し、運用で得た家賃収入や売却益を投資家に分配するという仕組みの金融商品です。少額の資金で高額な不動産に投資することができます。証券会社に口座を開設することで取引ができます。


【不動産投資】
不動産を購入し貸出した家賃収入や売却益で利益を上げる投資方法です。物件の購入・管理・売却を自ら行います。(仲介業者や管理業者に委託も可能)ローンを組むことで少額の資金からスタートでき、入居者が安定していれば毎月安定した家賃収入が得られます。不動産仲介業者を通じて購入することができます。


【FX(外国為替取引)】
円・ドル・ユーロなど通貨の売買によって利益を上げる取引です。レバレッジにより手持ち資金が少額でも何倍ものお金を運用することも可能で、それにより利益と損失の額も大きくなります。証券会社にFX口座を開設することで取引が開始できます。


【先物取引】
金・農産物・エネルギー資源な、ど将来価値が上昇するのか値下がりするのかを予想して投資する金融商品です。レバレッジにより手持ち資金が少額でも何倍ものお金を運用することも可能すが、利益と損失の額も大きくなります。証券会社に先物取引口座を開設することで取引が開始できます。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ