不動産投資で考えられる3つの失敗

不動産投資で考えられる3つの失敗 (1)家賃収入欲しさにリスクのある人を入居させてしまう

953-A.jpg

出典:セルコホーム株式会社

投資を始めようとすると、利回りや収益といった良いことばかりを考えてしまいがちですが、もちろん悪い結果のことも考えておかなければなりません。悪い結果を考えるというととてもネガティヴで悲観的なように聞こえるかもしれませんが、失敗の結果をあらかじめ想定しておくことでそうならないようにリスクを回避したり、不動産運用に工夫を施すことができます。この記事では不動産投資で考えられる失敗の原因を書いています。皆さんもこれを読んで失敗しない不動産投資を目指しましょう。
1つめの失敗は「家賃収入欲しさにリスクのある人を入居させてしまう」ということです。不動産投資を始めたら入居者がいないと収益は上がりません。そのため最初の入居者が決まるまではやきもきすることでしょう。しかしながら家賃収入欲しさにリスクのある人を入居させてしまうことはとても危険なことです。例えば、家賃の支払いが滞る可能性のある人を入居させてしまうと、安定した家賃収入を得られない可能性が高くなります。不動産投資の魅力の一つは家賃収入という安定した収益にありますが、リスクがある人はこの魅力、メリットを台無しにしてしまいます。もちろん表面上はそんなリスクを持っているかどうかはわかりませんが、経験のある仲介業者のアドバイスなどが得られることもありますから、しっかり見極めましょう。入居者に関するリスクは家賃の支払いだけとは限りません。騒音問題や隣人とのいざこざなどを引き起こしてしまう人も少なからずいます。このような人が入居してしまうと、せっかく家賃を支払ってくれる優良な入居者が退去してしまう可能性があります。ひとりのリスクがある入居者のせいで何人もの入居者が出て行ってしまえば、それはそのまま家賃収入、投資の利回りだけではなく税金の支払いや借入金の返済などにも関わる大事です。そのため迷惑な入居者にはしっかりと対処することが必要です。

不動産投資で考えられる3つの失敗 (2)入居者とコミュニケーションをとらない

953-B.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

2つめの失敗は「入居者とコミュニケーションをとらない」ことです。入居者は家賃を支払ってくれる人すなわちお客様であり、さらに言えば家賃収入という不動産投資の収益を生み出してくれる人に他なりません。彼らは人間ですから、コミュニケーションひとつで不動産投資のしやすさや将来性は大きく変わってくるでしょう。上にも書いたような、困った入居者や騒音を引き起こすような迷惑な入居者に対して毅然と対処することも不動産投資において求められるコミュニケーションのひとつです。また迷惑を被っている入居者に対して、お詫びをしたりなだめたりすることも必要になってくるかもしれません。住んでいれば水回りや電気のトラブルなども生じますから、これらに対応することも必要です。もちろん仲介業者や不動産の運用を担ってくれる業者もいますが、少なくともそういう業者とのコミュニケーションも必要になりますし、最終的な判断はオーナーが下すことになります。不動産投資においてはこのようなコミュニケーションや決断が必要になってくることを覚えておきましょう。

不動産投資で考えられる3つの失敗 (3)収益が上がったあとの税金の計算をしていない

953-C.jpg

出典:聚图网

3つめの失敗は「収益が上がった後の税金の支払い」の失敗です。大きな借り入れを元にして不動産投資を始めた場合、家賃収入から借入金を返済した残りが手元に入ってくるお金となります。しかしながら、収益が上がればその分所得税などの税金を支払う必要があるのはいうまでもありません。税金の額が跳ね上がったとしても家賃収入はそれに付随して伸びるわけではありませんから、せっかく家賃収入を手にしても、借入金の返済、税金の納入を経た後には殆ど手元にお金が残らないといった状況になるのは絶対に避けなければいけません。このような事態を避けるためには、投資した不動産が満室の場合はどのような税金がどのくらいの金額になるのか、しっかりと投資する前にシミュレーションをしておくことが大切です。もちろん収入源が不動産投資の収益以外にもあるのでしたらそちらの収入も加味する必要があります。
このように不動産投資には他の投資手法にはない失敗の落とし穴があります。これを読んで、不動産投資はこわい、ややこしいと尻込みするのはとてももったいない話です。むしろ考えられる失敗に正面からきちんと向き合い、そのような事態にならないためにはどうするのかを事前にしっかり吟味することが重要です。
ここに書いた失敗例は現物不動産投資に関するものですが、これらの失敗を避けるのが難しい場合や入居者とのコミュニケーションなどを取ることを避けたいのであれば、J?REITを活用するなど現物不動産投資以外の方法を活用することも検討できます。特にJ?REITでは運用を担当する不動産投資法人やファンドマネージャーは不動産運用のプロですから、自信がない方や初心者の方はこのような投資手法を活用する方がいいかもしれませんね。
投資である以上、どんな商品や方法を用いる場合でもその内容をしっかりと吟味し、表面的な収益だけではなく税金や生活に必要となるお金などを総合的に考えて投資活動をすることが大切だと言えるでしょう。