不動産投資に興味あり!しかし、気になるのはローンと金利

不動産投資は、お金を借りて行っている

956-A.jpg

出典:セルコホーム株式会社

近年、不動産投資を行っている人が増えています。

副業として行っているサラリーマンの方は、経費がそれなりにかかることで、不動産投資で赤字になった分、節税の効果を得られるという方もいます。

購入した不動産を第三者が住むために貸した場合は、毎月入ってくる家賃収入がありますので、「お金がお金をもたらしてくれる」ような魅力があるでしょう。

さて、不動産投資を行っている人は、どのようにして不動産を手に入れているのでしょうか。

不動産とは、より平たい表現で言うと、「家」ですね。

皆さん、家を買うとき、一括払いでポンと買いますか?

貯金をして家を買うお金ができたなら、現金で即買う方もいらっしゃると思いますが、どちらかというと少数派でしょう。

大抵の方は、金融機関でローンを組んで、何年もかけて支払いを行うことになります。

家を買ったことのない人でも、「35年ローン」などの言葉を聞いたことがあるでしょう。

そのくらい長い期間、大金に対してお金を払い続けているのが一般的なのです。

その際、金利次第で支払い総額が大きく変動するため、家を購入する際、金利の高低に神経を使う人も多いものです。

家を売る側も、金利が低ければ、「金利が低い今が買い時!」と営業トークに使うことができます。

これらのことを考えると、不動産投資も、お部屋1部屋からマンションやアパート1棟まで規模はさまざまですが、多くの人はローンを組んで不動産を購入することになります。

不動産投資を行う人も、ローンの金利について気になって仕方がないでしょう。

少しでも低い金利でお得に購入したい、そう思っておかしくないはずです。

不動産投資ローンと住宅ローン、審査や金利はどう違う?

956-B.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

自分の家を買うためにローンを行うのと、不動産投資でローンを行うことは、共通する点や似ている点もあれば、異なる点もあります。

審査について、どちらが厳しいかというと、不動産投資のローンのほうです。

金利がかかる点はどちらも共通していますが、金利の基準も家を買う際とは異なります。

なぜなら、不動産投資は事業だからです。

住宅ローンでは、「同じ会社に何年勤めているか」「収入がいくらあるか」などが問われます。

ローンが払えなくなって家がなくなると、購入者やそのご家族がの家がなくなってしまうので、基本的には、返済能力があるかどうかが審査で重要視されます。

しかし、家を買うことは事業を行うことではありませんので、当然ですが、その家自体の採算性やなど、事業としての方向性は問われません。

一方、不動産投資は、その人が住むわけではありませんね。

その不動産を購入することによって、事業としての可能性が、審査で重要視されます。

そういう意味で、審査の基準が住宅購入と不動産投資では大きく異なっています。

不動産投資ローンの金利については、金利の水準が住宅ローンとは別個に設けられています。

しかし、住宅ローンと同様、時期によって高い時期もあれば、低い時期もあります。

住宅ローンと同様、金融機関や支店、担当者によって金利が異なる場合もありえます。

不動産の購入前に金利の推移を様子見して、買い時を虎視眈々と狙うのも良いでしょう。

不動産投資ローンは、借金だけれど

956-C.jpg

出典:マンション経営大学

住宅ローンを組むことも、不動産ローンを組むことも、平たくいえば「借金をする」ということになります。

日本では「借金」という言葉が、一般的にネガティブな方向に解釈されます。

プロ野球の世界でも勝利数より負けの数が上回ると「借金生活になりました」と報道され、笑われます。

しかし、よく見てください。

世の中には、会社経営の世界で、融資をしてもらって事業を大きくしている会社はたくさんあります。

マスコミ等を通じて「無借金経営」で有名になったり褒められたりする会社の例があります。

これはむしろ、無借金経営が珍しがられているからではないでしょうか。

事業が成功すると、より事業を拡大するために投資し、結果赤字になって法人税を払わない例もあります。

借金をすることで節税になっている例ですね。

あなたば不動産投資をする場合も、同じように考えればよいでしょう。

ローンを組むことで、自分の持っているお金以上の物件を買うことができ、そこから家賃収入を得て、ローンの返済に充てることができます。

収入となる家賃については、世の中の流れを見つつ、最終的には自分で判断することができます。

「不動産投資をしたいけれど、今、そんなにお金がないんだよね」

「不動産投資って、家を買うことと同じだから、たくさんお金を持っている人にしかできないのでは」

などと、しり込みしている人も多いかもしれません。

物件にもよりますが、中には、現在の自己資金でローンが組めるものだってありえます。

本業で十分な収入を得て、無駄な支出を減らすなど、日常生活を健全に保ち、資金を確保することがスタートラインになりますが、不動産投資は、あなたが思っているよりも早い段階で始められるかもしれません。

不動産投資について気になるようでしたら、まずは、インターネットなどで情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。