未来のための資産運用!不動産投資がオススメの理由

個人で資産運用が必須の時代になってきた

1211-a1.jpg

出典:写真AC

子供の頃はお年玉、学生時代はバイト代、社会人になってからは給料などみなさんはそれぞれの時代でまとまったお金を手にしたことがあると思います。欲しいものがあれば購入し、あるいは生活費として消費、とりあえず貯金などそのお金の行き先は個人によって違いますよね。金融機関に預けることで年1〜2回ほど預金の利息として金利がつきますが、時代の流れや日本の経済状況によりその利率は低下の一途をたどり、今では預けてもほとんど金利が付かない“マイナス金利時代”へと突入しています。

そんな時代に自分の資産を金融機関に預け入れるだけでは将来に不安が残るのも事実です。日本は毎年赤字決済になっており国民一人当たりの借金が830万円とも言われています。さらに少子高齢化により税収は落ち込んでいる状態で、これでは自分の老後に公的年金がきちんと受け取れるか疑問が残ります。だからこそ自分自身で資産運用し将来のための資産形成が大切になってくるのです。

資産運用の形として投資があります。投資とは資本を増額させるために今手元にある資本を投入して運用する活動になります。この投資こそが未来のための資産運用と言えるのです。投資の方法としてはさまざまあります。普通預金や定期預金に預けいれて金利を手に入れることも投資の一つの手法です。国が発行する債券を購入して満期に利息と資本金を受け取る国債、リスクは高いがその分利益も大きなFXや株式投資、建物などを購入しそれを人に貸すことで家賃収入を手にする不動産投資、投資する団体に自分の資本を預けて運用させ利益が出た時に分配金をもらう投資信託、など選択肢は豊富です。今回はその投資の中でも資産運用としてオススメの「不動産投資」についてご説明します。

不動産投資がオススメの理由とは①

1211-b1.jpg

出典:写真AC

さまざまな投資方法がある中でなぜ不動産投資をオススメするのか、資産を増やすという点で考えていきましょう。投資というとFXや株式投資が有名で失敗して破産したなんて話は五万とあります。それを聞くと素人には投資は無理なのではと思ってしまいますよね。しかし不動産投資は投資の中でも初心者が行いやすい方法として名が挙がっています。

まず一つ、特殊な知識やノウハウは必要でないということです。誤解しないでいただきたいのは何にも考えずに始めては失敗します。ただFXや株式投資のように常に世界の経済の動向を追って市場に張り付くようなスキルはそこまで必要としていないということです。先ほど少し触れましたが不動産投資は「建物等を人に貸しその賃料が収入になる投資」です。最低限の知識を身につけ良い物件を購入し入居者が常にいれば毎月安定して家賃収入が入ってきます。副業として始めて長く続ければ退職後公的年金が生活費として足りなくても、家賃収入というまとまったお金が毎月入るので将来の年金受給の不安も軽減されます。

そして購入した物件は自分の資産になるということです。物件という実在する商品を購入するので目に見えて資産形成をすることができます。同じ額の現金は経済がインフレになるとその価値が下がりますが、不動産は物価の上昇や下降によって価値が変動するものなので、インフレの状況では価値を下げずに保有できます。また資産となるので相続することも可能です。生前贈与もできますし万が一突然亡くなったとしても家族に資産を残せることになります。生命保険に加入していなくてもその代わりになるのが不動産です。

不動産投資がオススメの理由とは②

1211-c1.jpg

出典:写真AC

不動産投資にはまだメリットがあります。それがリスクヘッジが行いやすいということです。リスクヘッジとはリスクを予想しそれに備えることになります。残念ながら不動産投資は“投資”ですので少なからずリスクはついてきます。しかし他の投資に比べてリスクをあらかじめ予想できるのでそれに応じて対策を講じ、損失を最小限に抑えることができるのです。

不動産投資の最大のリスクに「空室リスク」があります。空室が出るとその分の家賃収入は見込めません。空室が長期化するほど年間の収入は減ってしまいます。このリスクには物件を購入前に対策を講じることでカバーできます。空室が出ないような需要のあるエリアの不動産を購入すれば良いのです。万が一空室が出てもすぐに入居者が決まるなどで収入減を抑えることができます。もう一つが「家賃滞納リスク」です。副業として投資をしている人が自分で家賃回収をするのは難しいですが、管理会社に委託するなどでそれをカバーできます。委託料はかかってしまいますがプロの任せることで家賃滞納リスクを軽減できます。

地震や火災に対しては災害保険で賄うことができます。加入は任意ですが特に日本は地震大国なのである意味必須とも言えますね。また建物は現物なのでどうしても経年劣化で老朽化する投資商品です。これに対しても修繕費積立金というお金を毎月積み立てておくことでいざという時に大きな出費になりません。

このようにリスクはあるもののリスクヘッジを事前にできるのが不動産投資です。短期間で莫大な収益を生むのは難しいですが、中期・長期間で安定した収益を生む投資方法になります。不動産を丸ごと購入するお金を所持していなくても。ある程度手元にまとまったお金があるなら金融機関から融資を受けて投資することもできます。このように資産運用の方法として魅力ある不動産投資を始めてみませんか?