おすすめの投資は不動産!不動産投資やRIETのメリットを詳しく解説

不動産投資のメリット

1214-a1.jpg

出典:写真AC

不動産投資とは不動産を購入し貸出した家賃収入や売却益で利益を上げる投資方法です。現物に投資するので物件の購入・管理・売却を自ら行います。不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンに分類され、短期で結果は出ず中期〜長期で利益を出すような投資になります。現物購入なので形ある資産として残すことも可能で、生命保険の代わりになります。実物資産と評価することもできるのでそれを担保に金融機関から融資を受けられるのが特徴です。融資を返済するまで借金を背負うイメージになりますが、高額投資なのでその分リターンも期待することができます。

不動産投資は他にもメリットがいくつかあり、優良物件に投資できれば毎月安定して家賃収入を得ることができます。物件を維持するために災害保険料や固定資産税、管理会社に委託している場合はその委託費用など諸経費も毎月支出しますので、その経費を引いた金額が利益として計上でき自由に使えるお金になります。つまり良い物件を購入して諸経費を抑えるような運用を行えば、手元に残るお金も増えるのです。

また投資を始め前にリスクヘッジを行うことも可能なのが不動産投資です。空室リスクには購入前の物件選びでカバーして入居率を上げることができます。地震や火災には災害保険の加入で賄うことができ、物件の修繕が必要になった場合でも毎月修繕積立金としていくらか経費として家賃収入から引いておけば、いつの日かの備えになります。他の投資ではリスクヘッジをあらかじめ行うことは難しいですので、高額投資でありながらやり方次第で損失を抑えることができるのです!

年間の不動産投資で得た収入が20万円以上なら確定申告をする必要があります。しかし収入がゼロ(赤字の年)に赤字分を申告すると、本業を持つサラリーマンなどの場合、既に支払っている所得税を取り戻すこともできます。また本業と不動産投資を合算して計上した所得額によっては翌年の住民税も配慮される仕組みになっています。

RIET(リート)のメリット

1214-b1.jpg

出典:写真AC

REITはReal Estate Investment Trust(不動産投資信託)を略した呼称です。「投資家がREITという投資信託に資金を預け、運用で得た利益を投資家に分配する」という金融商品になります。株式投資と同じように市場で取引されるのが特徴で、日本のRIETは「J-RIET(ジェイ・リート)」などと呼ばれています。

REITの最大のメリットは一口数万円など少額の投資金で不動産投資に参加できるという点です。一般の不動産投資を始める場合、最低でも数百万の自己資金が必要でさらに融資を受けることがほとんどなので、REITなら不動産投資を諦めていた人でも手軽に始められます。

REITに投資金を集めて運用してもらうため、家賃回収や諸経費の支払いなどはREIT任せになります。一般の不動産投資では収益の管理や目標設定など自分自身で行わなければなりませんので、これはかなり管理が楽になり副業としても魅力ある投資になります。REITに運用を任せながら運用によって得た賃貸収益が分配金として配布されます。REITは得た利益の90%以上を分配すると法人税が課税されないという決まりがあるため、収益のほとんどが投資家に分配されます。これは他の金融商品や投資信託よりも分配金が大きいことになりえます。

REITが投資する物件はオフィスビルや商業施設など大型の商品です。ですので個人で行う不動産投資よりも高額の不動産投資に参加できます。立地や規模を固定しないため投資先を分散してリスクを軽減してくれます。市場で取引するため売買が市場が開いている時間ならいつでもできるというのも不動産投資と違う特徴です。不動産投資の場合は売却を希望してもすぐに売れるわけではなく、また買い手がついても手続きなどで数ヶ月待つ必要があります。RIETは手放したい時にすぐに実行できるんです。

不動産投資もRIETもメリットはそれぞれ魅力的

1214-c1.jpg

出典:写真AC

今回は不動産投資とRIETのメリットを挙げてみました。不動産投資は高額ですが現物なので資産形成ができます。また高額な分収益も大きくなります。基本的な知識やノウハウは必要になりますが、FXや株式投資に比べると難しくありません。リスクを想定して対処することもでき損失も抑えることができます。サラリーマンなら赤字を申告して税金面で優遇されるのも利点ですね。

一方のRIETは不動産投資を行う商品に投資する形なので現物の不動産投資よりかなり小額で投資をスタートすることができます。自己資金が心許無かったり、高額の投資に手を出すのを躊躇している人も不動産投資を始めやすくなるでしょう。不動産の管理は一切必要ないので手間がかかりません。その分収益という点では不動産投資に劣りますが、手軽に不動産投資に参加する仕組みとして人気があります。

不動産投資とRIETどちらとも資料請求して、投資方法として検討すると良いでしょう。