忙しくても不労収入をGET!資産運用に不動産投資信託を選んだ方が良いワケ

投資信託の不動産バージョン

1218-a1.jpg

出典:写真AC

投資信託は投資について調べると目にする言葉であり、知っている人も多いかと思います。投資のプロに資産を預け運用してもらいその中で得た収益を分配金として得られる投資方法です。投資金額に応じて利益が異なります。この運用先が不動産になる金融商品が不動産投資信託です。

不動産投資信託はアメリカで発祥した金融商品でREIT(リート)と呼ばれており、Real Estate Investment Trust(不動産投資)を略した名称です。日本のREITはJ-REIT(ジェイ・リート)などとも呼ばれています。複数の投資家から集めた資金を元にしているのでREITが投資する不動産はオフィスビルやホテル・商業施設といった大型の商品になりとても個人では手が出せない高額な不動産投資に参加することができるのです。投資金は現物の不動産投資と比べるとかなり小額からスタートすることができます。

現物の不動産投資はアパートやマンションを購入しそれを賃貸して収益を得ますが、個人でできる範囲と言ってもその投資額は高額です。不動産投資のベテランでない限りは金融機関から融資を受けて投資することになります。また融資には審査に時間を要しますので、すぐに投資を始めたくても難しいのです。一方のREITは10万円程度からスタートできる投資です。なので融資を受けなくてもまとまった貯金があればすぐに始めることができます。

何よりも手間がかからない投資方法

1218-b1.jpg

出典:写真AC

上記で不動産投資信託(REIT)と現物の不動産投資の違いを少し説明しましたが、REITの素晴らしいところは何と言っても手間がかからないところになります。現物の不動産投資は購入・管理・売却など運用に関わるイベントは自分自身で行わなければなりません。(管理会社に委託することもできます)家賃収入が大切な収益源になるため特に物件選びは重要になりその時点でも慎重にならざるをおえません。

しかしREITなら購入・管理・売却など運用に関わるイベントはREITが行ってくれるのでかなり手間が省けます。そういった点では本業を持つ人や時間がない主婦の人も手軽に投資ができることになりますね。REITに管理を任せるので運用コストが収益から引かれることになり、それが分配金にも反映されます。ですので収益の面で言うと不動産投資の方が軍配が上がるかもしれません。手間を取るか収益を優先させるか、こちらは個人によって判断が異なるところでしょう。しかしREITは収益の90%を投資家に分配することで法人税が控除される仕組みになっているので収益のほとんどを還元してくれます。高配当の分配金が期待できのも事実です。不労収入の観点から見るとREITが当てはまると思います。REITはほどんど自分で管理することはないですからね。不動産投資になるとある程度手間は必要になるので不労収入とは言いがたくなります。

REITのメリットは他にもあり分散投資ができる点です。REITが投資する物件は立地や規模を限定していないので、勝手に分散投資ができリスクを軽減することができます。分散投資はもちろん現物の不動産投資でも行えますが、その分散先も自分で探して選ぶなど運用イベントに時間を要します。

不動産投資信託(REIT)の始め方と銘柄選び

1218-c1.jpg

出典:写真AC

現物の不動産投資と比べると手間が少ないREIT。どんな風に始めるのかをご紹介します。REITは株式投資と同じように市場で取引する商品です。ですので証券会社の口座を開設する必要があります。日本国内で上場しているREITならどの証券会社でも購入が可能です。しかし売買手数料などが異なりますので、証券会社ごとに確認してお得な方を選んでください。REITの口座を「特定口座」にした場合REITで得た分配金に対する源泉徴収を証券会社が行ってくれます。その場合自分で確定申告しなくても良くなるので、手はを省くという点では特定口座に選択するのも良いでしょう。

次にREITの銘柄選びが始まります。これも株式投資と同じようにどのREITに投資する上で大切なポイントになります。銘柄選びで見るべき項目をご紹介しますね。

■分配利回り
投資金に対してどれくらい収益が見込めるかを計算できます。この数値が高いほど収益を期待できます。
「投資額÷年間予想配当金=分配利回り」

■NOI利回り
不動産運用の効率を表す数値です。銘柄のパフォーマンスを確認してみましょう。
「(利益-諸経費)+減価償却費=NOI」→「物件価格÷NOI=NOI利回り」

■NAV倍率
銘柄が割安か割高かを調べる計算式です。出た数値が1倍以下なら割安となり1倍以上なら割高となります。
「不動産時価評価額-負債=NAV」→「発行済投資口数÷(発行済投資口数÷NAV)=NAV倍率」

口座を開設し、銘柄を選んで投資金を投じたら投資がスタートします。上記の銘柄選びのポイントも踏まえつつお得なREITを始めてみましょう。