【働く女性必見】20・30代女性に人気の投資6選

リスクが低めの投資

201610_1414.jpg

出典:写真AC

投資は男性が行うものという世間のイメージがありましたが、現在は女性や主婦でも投資を始める人も少なくありません。とはいえどんな投資があってどんな仕組みなのか把握するのは難しいですよね。今回は20・30代女性に人気の投資をご紹介します。

【預金】
リスク少なめ投資として一番に挙げられるのが預金です。国内の金融機関に資産を預入る投資法になり、一般的に普通預金と定期預金があります。普通預金は自由に出し入れできまが、定期預金は一定期間お金を引き出せない口座に資金を預入するため普通預金よりも金利が高くなります。(2016年現在利率0.1〜0.22%)預入た金融機関によって金利が異なるので、どこがお得か比較してみましょう。

預入た資金(元本)が保証されているのがリスクが低い大きな理由です。また預金するだけなので管理もとても楽になり資産運用初心者でも簡単に行える投資です。普通預金は1円から預けることができ、定期預金は金融機関によって1円〜1万円などスタートできる金額が変わります。マイナス金利時代の今、利益がほとんど出ない状態なのですがリスクは限りなく低いので安心して始められます。

【国債】
国が資金を調達するために発行している債券です。満期(3年・5年・10年)が存在し還元日には投資した金額が額面通り戻ってくるので、日本が破綻しない限りは元本保証がある投資と言えるでしょう。債券の所有権利がある「満期」までの間、投資金額に応じた金利が支払われます。

国債には2つの選択肢があり形態に応じて得られる金利は異なります。固定金利3年と5年は0.05%、変動金利10年は0.26%の金利となっています。(2016年現在)都市・地方銀行、ゆうちょ銀行、証券会社の窓口(ネット証券はインターネットから)から購入可能です。

特典アリや小額で始められる投資

201610_1414-b.jpg

出典:写真AC

【株式投資】
株と聞くと初心者には難しいイメージを持っていると思いますが、株主優待を目的とした長期保有の株式投資で特典を狙うのがオススメです。権利確定日と呼ばれる日まで株を所有することで、企業が自社アピールや評判を上げるために出している、商品券・商品の詰め合わせセット・クオカード・お米券などが特典としてもらえます。さらに企業の経営状況が良ければ配当金と呼ばれる投資額に対する利益ももらえます。

株式投資は特典と配当金で二重にお得になる場合もあります。倒産しないような実績、好調な企業の株式を長期に保有する必要がありますので、事前に企業をチェックしておく必要があります。また権利確定日に合わせてみんな株を購入するためこの周辺の時期はいつもより株価が値上がりする傾向があります。なので安く株を購入するなら権利確定日周辺を避け、株価が安定している時に狙いましょう。証券会社に口座を開くことで、取引が開始できます。

【投資信託やETF】
投資信託は資産運用を行うプロに資産を預ける手法です。集めた資金を元に運用を行い投資金額に応じて利益が分配されます。少額でも始められる投資で投資商品の管理などは自分で行う必要がありません。また運用はプロが行うので利益を得られる可能性も高くなります。証券会社で購入が可能で、ネット証券でも取り扱っているので簡単に資料請求できます。

ETFは日本名で「上場投資信託」と言い、市場に上場している投資信託に対して投資する手法です。約2万円からスタートできるので手が出しやすい投資と言えます。ETFは市場が開いている時間帯ならいつでも個人で取引可能です。投資信託のように証券会社で購入が可能です。

節税ができる投資

201610_1414-c.jpg

出典:写真AC

【確定拠出金】
これは私的年金を積み立てておく制度です。現在に掛金を定めそれを納めてその資金を運用してもらい、運用で得た損益を老後の受給額に反映できる年金になります。確定拠出金専用の口座で株式や投資信託・債券などいろんな商品で取引することができます。確定拠出年金には会社が行う企業型と個人で加入する個人型の2種類があります。

運用中に得た利益は非課税となるので、丸々自分の利益にできます。さらに60歳になって受け取った年金は公的年金控除が適用されるので節税対策も可能。証券会社・都市、地方銀行・信用金庫などで申し込みできますが、個人型の場合会社に申し出ることも必要です。

【不動産投資】
不動産を購入し貸出した家賃収入や売却益で利益を上げる投資方法です。物件の購入・管理・売却を自ら行います。(仲介業者や管理業者に委託も可能)投資金は高額ですが、金融機関から融資を受けることが可能です。入居者が安定していれば毎月安定した家賃収入が得られます。

サラリーマンが大家となる場合、不動産投資が赤字だと本業で収入に応じて収めていた源泉徴収税が戻ってくる場合があります。また所得額が低ければ住民税も減税されます。この投資は不動産仲介業者を通じて購入することができます。

このように20・30代女性に人気の投資はたくさんあります。リスクを抑えたいのか、小額で始めたいのか、節税対策ができる投資が良いのかなど希望する条件によって投資法を選択できます。