貯蓄から投資の時代へ~少ない資金でインデックス投資を始めよう

インデックス投資とは何か?

201610_1418.jpg

出典:写真AC

投資初心者はどんな投資があるのか、どんな投資法なのかから調べる必要があります。今回は投資法の一つ「インデックス投資」についてご紹介します。インデックス投資とは日経平均株価やTOPIX、ダウ指数のようなインデックスと呼ばれる株価指数と同じ値動きを目指し利益を生む投資法です。よくニュースなので日経平均株価やTOPIXといった言葉を耳にしますが、これは日本の株式市場の平均値になります。投資家の皆さんが今後の投資の参考にしる指標でもありますね。

インデックス投資に対し、市場の平均値を上回る狙いがあるのが「アクティブ投資」です。平均値を上回る投資法の方が利益を出すことにおいて有利に見えますが、実際のところインデックス投資の方が人気があります。なぜなら市場の平均値は勝っている投資家と負けている投資家全ての成績を合算して算出しているからです。勝つこともあれば負けることもあるのが常なのでいつも平均値を上回ることは難しいのが現実です。得られる利益が大きくても勝つことが難しいアクティブ投資より、インデックス投資でより確実に利益を狙う方が難しくありません。

インデックス投資を始めるには証券会社に口座を開く必要があります。取り扱っている投資商品の種類や手数料、口座開設でキャッシュバックなど証券会社によってポイントは異なります。ある程度インデックス投資の知識を得て、自分の希望する商品があったり魅力ある運営をしている会社を選びましょう。

インデックス投資のメリット・デメリット

201610_1418-b.jpg

出典:写真AC

市場の平均値と同じ動きをして利益を出すというインデックス投資。もちろんメリット・デメリットがあります。
【メリット】
・少ない資金で投資ができる
例えば日本株式のインデックス投資をする場合、約1万円から投資を始められます。これなら日々の貯金やボーナスなどで簡単にスタートできますね。すべての銘柄から一つ以上選ぶだけで良いので、初心者でも安心して手が出せます。

・運用、売買コストが低い
インデックス投資の運用の際、人件費がそんなにかかりません。なので投資家が負担する手数料も抑えることができます。またアクティブ投資とは違い売買が頻繁でないため売却に関するコストも抑制できます。

・分散投資ができる
分散投資とは一つの銘柄だけではなく複数の銘柄に資金を投じることで、リスクを軽減したり勝率を上げる方法です。分配で資産を分けることは資産を守ることにも繋がります。インデックス投資は日本や海外に多く商品があるので、知識を高めれば勝率の高い商品に投資が可能です。

【デメリット】
・大きな利益が見込めない
インデックスのリターンは基本的に市場の平均値の水準になるため年間15%までが上限だと言えるでしょう。なので一発逆転のような大きな利益は見込めません。

・投資商品が少ない
国内外の商品があるインデッックス投資ですが、世界に比べると日本は投資商品が少ないことが挙げられます。大手や有名な銘柄のみ販売されている傾向にあります。

インデックス投資で利益を得るためには「インデッックス投資商品選び」がポイントです。日経平均やTOPIXの平均値で動く日本株式でも投資商品によってどの銘柄を組み込んでいるかに違いが出て、それにより発生する利益も変わってきます。

インデックスの投資商品

201610_1418-c.jpg

出典:写真AC

インデックスに投資するには、インデックスと同じ値動きをするように設計された商品に投資する必要があります。投資信託やETFが代表的です。総称してインデックス・ファンドとも呼ばれています。さらに世界に目を向けると1万種類以上のインデックス商品があるのがわかり、株式・債券・不動産・商品先物などもあるのです。

日本株式:日経平均株価やTOPIXに連動
日本債券:NOMURA-BPI 総合指数に連動
日本不動産:東証REIT指数に連動
外国株式:ダウ平均やS&P 500に連動
外国債券:シティグループ 世界国債インデックスに連動
外国不動産:S&P 先進国REIT指数に連動
商品(コモディティ):S&P GSCI 商品指数に連動

インデックスで選べる銘柄は株式なら日本の大企業や、東証一部に上場している全銘柄、米国企業の大手銘柄があり、債券は日本や先進国の国債、不動産ならJ-REITやREIT、商品(コモディティ)なら原油や金などの商品先物が対象です。また投資信託やETFのみの単体商品、株式型と債券型などがセットになっている商品などの選択肢もありますし、投資対象が日本・先進国・新興国の3つに分類して選択することも可能です。このように商品形態や対象国がバラエティに富んでいるのも特徴です

注目したいのがREITもインデックス投資商品に含まれている点です。REITは不動産投資信託になり小額で高額の不動産投資に参加できるシステムです。インデックス投資なら平均値が水準になるので大きな損失を被る心配がなく、元本割れが心配な人にもオススメです。