初心者が気軽にスタートできる「不動産投資信託」

投資初心者が始めやすい投資信託

1504-a.jpg

出典:写真AC

投資を始めようと考えた時どの投資にしようかと初心者は悩むところですよね。株式投資やFXなどはよく耳にするかと思いますが、ハイリスクのため初心者が始めるには躊躇してしまいます。かといって定期預金に現金を預けてもマイナス金利時代なので与えられる金利は微々たるものです。その中でも投資初心者でも入りやすい投資というのが「投資信託」になります。

投資信託は投資のプロに投資金を預け運用させて、運用で得た収益を分配金として配当してもらう投資方法です。プロに運用を任せることで運用に関する労力もあまり必要とせず、特別な知識やノウハウも自分で運用するよりも必要ありません。そしてその魅力の一つに少額の資金でスタートできるところにあります。投資はある程度自己資金が必要になりますが、投資信託には1万円台で始められる商品も少なくありません。1万円なら月々の貯蓄額から捻出できますし、ボーナスでも始めやすいですね。

投資信託のもう一つの利点は、分散投資ができるという点です。投資で怖いのが価値が暴落した時の損失です。自分で銘柄を選ぶ場合にこの暴落のリスクを考えて、安全性の高い銘柄を購入する必要があります。投資信託なら投資のプロがその観点からいろんな銘柄に投資し、それをパッケージ化した商品も販売しているので、一つの銘柄の価値に左右されづらく、損失を出すリスクを抑えることができます。

投資信託と名が付いている商品はたくさんあります。FXや株式の商品もありますし、債権も商品化されています。また国内のみならず海外の投資信託にも個人で投資できるのが今の時代です。

投資信託なら不動産投資信託を選ぼう

1504-b.jpg

出典:写真AC

投資の中でも安定性があるとされているのが不動産投資です。しかし商品価格自体高額のため二の足を踏む人もいると思います。小額から始められる投資信託を説明しましたが、たくさんある中で不動産投資にも興味があるならオススメしたいのが「不動産投資信託」になります。

不動産投資信託とは、投資信託の不動産バージョンのことになります。不動産投資を行うプロに資金を預ける投資法です。個人で行う不動産投資とは違い、マンション・オフィスビル・ホテルなど大型の不動産を投資対象にしているため、個人でも大型の不動産投資に携われることができます。不動産投資信託は購入・建物、入居者管理・売買など不動産投資に発生するイベントは全てプロが行います。その運用で得た賃料や物件の売却益を資金を預けた投資家に分配する仕組みです。

不動産投資信託はアメリカで誕生した金融商品で一般的に「REIT(Real Estate Investment Trustの略)」と呼ばれています。今ではアメリカのみならずオーストラリアやカナダなどでも普及されており世界で人気の投資法で、日本の商品のことを「J-REIT」と呼んでいます。REITがオススメな理由が、運用で得た利益のほとんどが投資家に分配される点です。なぜなら利益の90%を分配すると法人税がかからない仕組みだからです。収益のほとんどが投資家に分配される商品というのも人気の理由です。

不動産投資信託を始めるならREITやJ-REITとインターネットで検索をかけてみましょう。

不動産投資信託(REIT)の選び方

1504-c.jpg

出典:Pixabay

不動産投資信託(REIT)にもたくさんの商品や銘柄が存在します。ではどのREITを選べばよいのでしょうか。先ほど1万円からスタートできると説明しましたが、運用しているファンドによって最低購入金額は異なります。1万円台の商品もあれば100万円を超す商品もあるのです。自己資金に応じた額を投資に回すべきですが、安易に安価な商品を選ぶのは危険です。投資金を預ける投資のプロ(ファンド)の信用力やどの企業がスポンサーなのかも把握する必要がありますし、この商品の投資先がどのタイプの不動産なのかも把握しておくと安心です。

初心者が日本国内でREITに投資する場合、日本国内のJ-REITに投資するパターンがほとんどです。J-REITの投資先タイプは3つに分かれています。

■J-REIT特化型
商業施設やオフィスビルなど特定の不動産に投資するタイプ

■J-REIT複合型
商業施設とオフィスビル、オフィスビルと住居のように2つの不動産を組み合わせたタイプ

■J-REIT総合型
投資する不動産のタイプを定めず、いろんな不動産に分散投資するタイプ

このように上記3つのタイプから選ぶ必要が出てきます。複合型や総合型は分散投資ができるため損失リスクを抑えることができます。しかし分散投資をすると得られるリターンも低くなるので、高いリターンを求めるなら特化型になります。

REITを始める場合は証券会社で口座開設する必要があります。その時に注意したいのが証券会社によって購入できる投資信託に違いがあるということです。自分の求めている商品を取り扱っている証券会社を探してみましょう。