おすすめの不動産投資「みんなで大家さん」|J-REITとどう違うの?

マイナス金利の今、不動産投資が熱い

1508-a.jpg

出典:Pixabay

マイナス金利は投資を始めていない人でも耳にしたことがあるのではないでしょうか?2016年の初頭に日本の中央銀行である日本銀行の総裁が実行を決定した金利政策です。これは日本銀行の下に位置する全国各地の金融機関が大きく影響を受ける政策になります。

マイナス金利とは預けた預金に対して金利を上乗せするのではなく、逆に利息を取る仕組みです。これにより各金融機関はマイナス金利が実施された後に日本銀行に預金すると利息を支払うことになります。なぜこんな政策を実行したかというと日本経済が長いデフレだからです。デフレはものの物価が持続的に下落している状態です。商品が売れないと商品価格を下げざるを負えず日本企業の利益は減る一方になります。現状は日本全体の経済が落ち込んでしまっているのです。

マイナス金利政策を実行したことで金融機関は預金せずに他のことで収益を上げる必要が出てきます。融資の幅を広げたり、金融機関自信が投資を行い利益を確保する傾向が強くなります。マイナス金利はこのように現金を市場に出回らせることで景気回復を狙う目的があるのです。

しかし日本の株式投資や通貨の円はこのマイナス金利の影響がそんなに出ておらず、経済が回復しつつあるという実感もありません。アメリカによる円安牽制など他要素が重なって投資においては株式投資やFXに良い影響を与えることができませんでした。そんな中マイナス金利の影響が強く出ていると言われているのが「不動産関連の投資」なのです。

マイナス金利の影響で融資の金利を引き下げる金融機関も増えました。それにより今から借りる人は超低金利で融資を受けることができるのです。不動産投資において融資は欠かせません。高額の商品を購入するためには自己資金では賄えない部分が出てくるからです。金利が下がることで毎月のローン返済時にかかる支払利息の額も減ります。すると家賃収入からこのローン返済利息などの諸経費を引いた後、手元に残る収益が増えます。つまりマイナス金利前の融資より今の方が大きく収益を確保できる可能性が増えたのです。

また不動産投資信託においてもマイナス金利は影響しています。不動産投資信託はJ-REITと呼ばれる商品が主流で、投資家は投資金を運用のプロ(ファンド)に任せ、ファンドが運用で得た利益を分配金として受け取れます。運用で得た利益からはファンドの運用費用が引かれることになります。この中にはファンドが金融機関から融資を受けたことによって発生したローンの利息なども含まれているため、マイナス金利で支払い利息が減った分、投資家に分配する分配金が増える可能性が高いのです。マイナス金利で景気回復を感じることは少ないですが、不動産市場に投資して資産を増やすチャンスと言っても過言ではありません。

不動産投資において人気の会社「みんなで大家さん」

1508-b.jpg

出典:写真AC

みんなで大家さんは不動産投資商品を、定められた法律の下商品化して運用している不動産投資会社です。みんなで大家さんが販売している商品に現物不動産の購入はなく、すべて不動産投資信託になります。先ほど不動産投資信託の主流はJ-REITだと説明しましたが、みんなで大家さんの金融商品はJ-REITとは違う形態になります。

そもそもJ-REITは株式投資やFXのように独自の市場を持っており、その中で売買取引ができる金融商品です。J-REITの投資商品は証券取引所で上場している商品が対象になります。市場が開いている限り24時間売買取引が可能で、常にその価格は変動しているのが特徴です。J-REITも投資ファンドに運用を委託する形の投資法ですが、市場で流通している金融商品なので流動性が高く価格変動リスクも大きくなります。一方のみんなで大家さんが扱っている「みんなで大家さんシリーズ」はすでに賃貸契約済みの家賃収入を分配する仕組みです。ですので価格変動リスクが発生しづらく高い利回りを実現しています。

元本割れに対するリスクヘッジも異なります。J-REITの場合、元本の評価方法は「売買取引価格」になります。そのため元本割れリスクを回避するには複数の不動産に投資しているファンドを選び分散投資をする方法になります。それに対しみんなで大家さんシリーズの元本の評価方法は「賃貸利益」です。「不動産売買取引価格」での評価方法だと不動産相場に左右されるため資産価値が下落する恐れが発生しますが、賃貸利益の評価方法は不動産売買取引価格に比べ安定性があるので元本割れリスクを抑えることが可能です。つまりみんなで大家さんシリーズはJ-REITに比べると元本割れ自体起こす確率が低く、安心して不動産投資を任せることができるのです。

みんなで大家さんで投資を始めるためには

1508-c.jpg

出典:写真AC

高い分配金が期待でき、元本割れのリスクも低い金融商品を取り扱っているみんなで大家さんで投資することに興味があるなら、まずは資料請求をしてみんなで大家さんという不動産会社の感触を掴みましょう。資料請求はその不動産投資会社の特徴を把握する上で大事なポイントになります。資料請求で疑問に思ったことは直接問い合わせるのも良い方法です。

自分一人では投資が難しい大規模の不動産物件もたくさんあるので、みんなで大家さんシリーズの中からあなたに合った不動産投資商品をぜひ見つけてみてください。