投資が怖いなら|ローリスクな「債券投資」がおすすめ

債券投資とは何か?

1514-a.jpg

出典:Pixabay

債券という言葉は投資でよく目にします。株式投資と同じくらいメジャーな投資法で、債券=借金になります。例えば債券投資の一つである国債は国が発行した金融商品です。投資家に国債を購入してもらい国は資金集めを行います。ただ資金を集めるだけでは誰も購入してくれないのでこの債券に利子をつけて投資家に分配します。この利子は株式投資の配当金のようなものです。これが債券投資で得られる利益の流れです。


また債券投資は限りなく元本保証に近い投資とも言われており、定められた期間になるとこの元本が全額返ってくる仕組みです。ですので投資初心者でも始めやすい投資になります。限りない元本保証の代わりに他の投資と比べて、ローリターンの投資に分類されます。リターンは元本保証があるとされているものほど小額になるのです。


債券には3つの種類があります。先ほど挙げた「国債」は国が発行している債券で、債券投資の中では種類が多いです。地方自治体(都道府県)が発行するのが「地方債」です。また会社が発行する「社債」もあります。債券は別の種類でも分類されており、形態で分類された固定利付債の場合、満期まで一定の利子が支払われることが約束されています。この利息の額は発行媒体の信用度が高いほど金利が低くなり、信用度が低いほど金利が高くなります。


■優先順位による分類
優先債・劣後債・メザニン債


■償還期限による分類
短期債・中期債・中期国債・長期債など


■形態による分類
利付債・割引債・転換社債(転換社債型新株予約権付社債)・他社株転換社債(EB債)など


■通貨による分類
円建債・外国通貨建債・二重通貨建債


■担保による分類
政府保証債・物上担保債・無担保債・一般担保債


■発行形態による分類
は公募債・私募債・縁故債

完全に安全な投資ではない

1514-b.jpg

出典:写真AC

限りなく元本保証があり、ローリスクな債券投資ですが、国という媒体が発行しているからといって100%安全な投資商品とは言えません。どんな投資にもリスクは付き物で、債券投資の場合債券の価値がなくなる「債券不履行(デフォルト)」が発生する可能性もあるのです。デフォルトと一般的に呼ばれるこの現象は債券を発行している国や会社が潰れたり、経済が破状することで元本の支払い能力が見込めないと分かった場合に発生します。デフォルトが起こった時の現象として、急激なインフレの発生、通貨価値の下落、金利高の3つが挙げられます。国債がデフォルトしてしまうと他の国や他の投資市場に影響を及ぼしてしまうのです。国が潰れることは考えられないかもしれませんが、世界に目を向ければ経済状況が怪しい国もあるので注意しておきましょう。


このように倒産しなさそうな媒体が発行している債券だからといって100%安心するのは間違っています。経済発展途上国でも安心できませんし、先進国と呼ばれる国でもデフォルトの可能性を秘めています。日本は国民一人当たりの借金の額が年々増えており、国債に関してもデフォルトの危機があるとされています。しかし日本国債は比較的信用度が高いので預貯金よりは高い金利が期待できます。

債券投資の始め方

1514-c.jpg

出典:Pixabay

では債券投資の始め方をご説明します。
①証券会社に口座開設
債券を取り扱っている証券会社に口座を開設することがまず始まりです。証券会社によって取り扱っている債券の種類や量が異なりますので、口座開設前にきちんと確認しておきます。


②債券を選ぶ
デフォルトしないような債券を選びたいですが、そのポイントとして、発行媒体の信用度・満期までの期間・利率の3つが挙げられます。信用度の格付けはA~Dのアルファベットを使って格付機関が発表しています。一般的にBBB以上なら投資適格に認定され、BB以下なら投資不適格として見ることができます。この格付けが良くても満期までの期間が10年など長い場合、リスクを伴うことにもなります。また利率が高いほど得られるリターンが大きくなりますが、発行媒体の方針やその時の状況によって大きく変化するのでいろんな債券の利率を比較してみてください。


③債券を売買
債券は株式投資と違い市場のようなものはありません。取引する場合は、証券会社で新規に発行された債券を購入することで債券投資が行えます。満期の途中で売却することも可能ですが、手数料が発生するためなるべく満期まで所有できるような債券を選びましょう。


④利息の受け取りや満期での償還
満期までの間一定の利息が支払われる場合があります。また満期を過ぎると元本が償還され債券取引は終了です。


信用度の高い債券を購入することでローリスクで利益を得ることができる債券投資は、初心者向けの投資としてピッタリです。しかし日本の国債は現在マイナス金利の影響で利息の利率も下がり得られる利益も減ってしまいました。マイナス金利の影響でプラスになっているのは「不動産投資」です。金融機関からの融資の金利が下がっているため、不動産投資のローン返済における利息が減り、不動産投資信託の投資ファンドに支払う運用費用などが下がり得られる利益が大きくなりつつあります。


投資初心者はまず投資の種類を把握してメリット・デメリットを知り、自分に合う投資を選びたいですね。