投資で資産運用|身近な「株式投資」の始め方

株式投資という投資法

1515-a.jpg

出典:Pixabay

投資は敷居が高い資産運用というイメージは薄れつつあり、今では個人投資家が増えています。投資と一言で言ってもその種類は膨大でそれぞれリターンやリスクの大きさが異なりメリット・デメリットも違います。メジャーな投資法に「株式投資」がありますが、情報量も多く広がっているため、投資法として選ぶ人も多いです。今回はその身近な株式投資についてご説明します。


株式とは企業が資金確保のために発行している社員権です。会社を設立する際には多額の資金を必要とします。それを社長や身内だけで賄うのは難しいため、会社の社員権を株式という形で発行し、投資家に買ってもらい資金調達を行います。そして会社が設立されるのです。また会社運営の途中で資金が必要になった時にも株式を追加発行する場合もあります。


この株式を購入した投資家は「株主」になります。株式を購入した企業が成長し業績が良くなるほど株式の価値が上がるので、購入した当時の額よりも資産価値が上がること現象が発生します。また株価が安い時に購入し、価値が上昇した時に売却することで利益が生まれ、それを現金化して自分の収入として換算することも可能です。つまり先を見据えて株価が上がりそうな企業の株を購入し、株価が上昇した時に売却してその差額の利益を得る投資法が株式投資なのです。


また株主はその企業から出される配当金を取得することもできます。配当金とは企業の業績が良く利益が出た時に株式を購入してくれた株主に対して利益を分配する仕組みです。配当金は企業が定めた決算期までに所有しておく必要があり、決算期を待たずに売却してしまうと配当金を得ることができません。配当金は必ずもらえるわけではなく、企業の業績が悪化した場合は0となるケースもあります。さらに株主優待制度も受けることができます。権利確定日と呼ばれる日まで株式を所有することで、企業が自社アピールや評判を上げるために出している、商品券や商品の詰め合わせセット・クオカード・お米券などが特典としてもらえます。最近ではこの株主優待制度を目的に株式投資を始める人も少なくありません。

株式投資はどう始めれば良いのか

1515-b.jpg

出典:Pixabay

では株式投資はどのようにして始めるか見ていきましょう。


①口座開設
株式投資は証券会社に口座を開設することで取引を開始することができます。証券会社もさまざまありますが、その違いに手数料があります。手数料とは口座の維持費や株式の売却時の手数料などです。大手の証券会社はサポート窓口も完備されているなど投資初心者でも安心でしょう。しかし手数料の安さを加味するならインターネット証券がお得です。株式投資で収益を上げるためにはこの手数料が少ないほど有効ですので、手数料も比較して選びましょう。


②証券取引所で売買注文
専用の口座を作り投資金を入金したら市場が動いている時間ならいつでも売買が可能です。株式を売買できる証券取引所は日本国内だけでも6つも存在します。一番大きな取引所は「東京証券取引所一部」になります。
東証一部とも呼ばれていますが、ここに上場できる企業はトヨタ自動車やソニー、電通など誰もが聞いたことのある大手企業ばかりです。つまり東証一部で取引されている株式は安定性があるとも言えます。証券取引所にはランクがあり、東証一部→東証二部→ジャスダック(スタンダード)→マザーズ→ジャスダック(グロース)の順番になります。ジャスダックにはベンチャー企業や新興企業が上場しており、マザーズには東証一部や東証二部に上場を狙っている企業が存在します。投資初心者は東証一部の倒産する可能性が低い株式を狙う方が無難かもしれません。


③配当金や株式優待を受け取る
企業の決算期や権利確定日に株式を所有することで配当金や株式優待を受け取ることができます。これも株式投資においての利益です。


株式投資はこの流れで売買を開始します。

株式投資の確定申告

1515-c.jpg

出典:Pixabay

株式の売却益や配当金などで利益を確保する株式投資ですが、利益が発生した場合は国に申告する義務があります。もし本業の傍ら、副業で株式投資を行っているなら確定申告が必要です。確定申告はその年(1月1日〜12月31日)までに発生した収入を国に報告し、それに対する税金を納める制度です。日本国民は誰しもが該当する義務になるので、投資を始めるなら確定申告も頭に入れておきましょう。


本業の収入が2,000万円以下で、株式投資の所得(収益-経費)の額が20万円以下なら確定申告の義務は発生しません。しかし20万円を越した場合は必ず申告しないとペナルティ(税金を倍収めるなど)が発生します。株式投資で得た売却益や配当金は約20%が課税される仕組みです。収益が多く出ても全て使うのではなく、納税分を確保しておく必要があります。


これが株式投資の流れです。情報量が多く始めやすい投資ですが、税率が高いのが少し残念ですね。税金面で優遇されている投資というと「不動産投資」が挙げられます。株式投資を始める前に投資の種類を把握してメリット・デメリットを知っておくと、あなたにぴったりの投資が見つかりますよ!