投資信託をはじめよう!話題の不動産投資商品インベストプラスってなに?

投資信託の種類をしっかり把握しよう!

42-A.jpg

出典:三菱東京UFJ銀行

初心者の方にとって、投資信託の種類は一見複雑に見えてしまうものです。しかし、1度覚えてしまえば、自分の投資の方針に沿ったものを選ぶことができるようになるので、最初にしっかりと理解してしまいましょう。


スポット型とオープン型というのがあります。スポット型とは、一定の募集期間に集まった資金だけで運用をして、追加募集などを途中で行いません。信託期間があらかじめしっかりと決められていて、運用中は解約できない期間が設定されています。信託期間とは、設定から償還までの期間のことを指します。一方オープン型はファンド設定後も追加募集などをしていくため、いつでも購入、いつでも解約が可能になってます。


投資信託には国内投資信託、海外投資信託があります。国内投資信託は国内で設定、基準価額は円にて表示されます。一方、外国投資信託は、外国の法律に基づいて海外で設定されます。こちらには外貨建て、円建ての両方が存在します。


また公社債投信と株式投信という種類にも分けられます。公社債投信は国債や社債で運用する投資信託のことを指します。株式投信は、その名の通り株式で運用する投資信託です。

不動産投資商品インベストプラスの中身を知りたい!

42-B.jpg

出典:相続ステーション

インベストプラスは東京建物、東京建物ファンドマネジメント、そして東京建物不動産販売のグループが設定・運営する不動産特定共同事業法により許可を受けた商品です。


東京建物グループが運営管理をする安心感、これが、この商品の最大のポイントとなっています。

都市綜研インベストファンドで「みんなで大家さんシリーズ」をチェック!

42-C.jpg

出典:東京流行通信

不動産投資を始めてみようかなとネットなどでリサーチしていた人は話題の商品、わかってきたと思います。その一つが、都市綜研インベストファンドで取り扱う「みんなで大家さん」シリーズです。とにかくその実績がすごいんです。今まで想定利回りを下回ったことがないんです。これは商品選びの際に、かなりポイントとなる点ですよね。


資産運用が初心者という人でも比較的始めやすい投資商品といえるんです。一口当たりの出資金が安い!(一口100万円)という点や、投資手数料が無料というのもポイントですが、その利回りが魅力的です。なんと利回り6%。小口での出資金で始められる不動産商品の中でも、かなり大きめということで、高めの収益が見込めるのです。2ヶ月ごとに分配金が受け取れるというなんとなくおトク感を味わえるポイントもいいですよね。分配金を得ることで、出資がうまく行っている、資産運用ができているといことを実感できるというわけです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ