話題の不動産投資商品インベストプラスではじめる投資信託

投資信託は種類を把握することが大切なんです

43-A.jpg

出典:TFICS ティーフィクス

投資信託には、いろいろな側面からの分類の仕方があります。なので、気が遠くなってしまいそうですが、1度覚えてしまうと投資が楽チンに早変わりしてしまうのです。まずは、投資信託の制度的な側面から、いくつかの区分けの仕方をご紹介します。


形態としては契約型と会社型があります。契約型とは運用会社と信託会社が信託契約を結ぶことで組成される投資信託です。会社型とは投資を目的とする法人が設立することにより組成される投資信託。日本では前者の契約型がメインになってます。会社型は、J-REIT(不動産投資法人)などを中心に採用しているというところです。

インベストプラスは話題の不動産投資商品なんです

43-B.jpg

出典:google+

インベストプラスは元本の安全性を高めていて、収益性が預貯金より、国債より高い金融商品なんです。東京建物が保有している優良不動産への投資ということで、面倒で複雑な不動産管理などはすべて東京建物グループにおまかせしてしまい、出資者は、申込むだけ、これだけで手軽に不動産投資を始めてしまうことができるわけです。


インベストプラスは、まとまった資金を5年以上の長期間、安全に運用したいと思っている方に向いている金融商品ですよ。もちろん言うまでもありませんが、不動産投資信託になるので、地価下落、災害などによって起こりうるリスクというのは他の不動産商品同様にあるということを忘れてはいけません。


出資金は1口あたり100万円単位となってます。ただし、最低3口からという設定になっているので、少しまとまったお金を運用したいという方向けです。投資期間は5年。中途解約が可能なタイプと不可能なタイプの2種類があるので、自分の目的に合ったタイプが選べます。

都市綜研インベストファンドの「みんなで大家さんシリーズ」って?

43-C.jpg

出典:FPリサーチパートナーズ

投資信託の商品を選ぶ際にクチコミというのもポイントの一つになりますよね。都市綜研インベストファンドの「みんなで大家さんシリーズ」は口コミの評判も上々です。実際に購入した人の声というのは参考になりますよね。


利回りがイイ、配分実績がしっかりしているから安心して出資ができるという声から、元本保全の仕組みが導入されているので、初めてでも迷わず投資をすることにしてみたなんて声もあります。みなさんが気にかけているリスクについてもよく触れられています。リスクの軽減方法についてしっかり説明がされたので、安心できたという声もあります。


積極的に利用したいのは、担当者への質問のシステム。ネットなどでは、気軽にフォームなどを使って質問ができるので、疑問はすぐに解決です。対応についても丁寧と評判がいいとなればちょっとわからないことでも聞いてみようという気になりますよね。もちろん、電話などでも質問可能ですので、ご安心ください。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ