投資信託初心者でもわかりやすい都市綜研インベストファンドの商品とは

投資信託を知るにはまずその種類の把握から

47-A.jpg

出典:資産運用無料イラスト

投資信託にはいろいろな側面からその種類が分類されるので、初めはその種類の多さに圧倒されてしまうかもしれません。しかし、その内容を見てみると、意外に簡単だということが分かると思います。今回ご紹介するのは、投資信託協会が制定する投資信託の商品分類です。


投資信託は、商品によって投資対象が様々だという点から、投資家に投資信託の投資対象などを簡潔に理解してもらうために、投資信託協会は統一的な投資信託の分類方法である、「商品分類」というのを制定しています。この商品分類では、投資信託がどの資産に対してメインで投資をし、収益の源泉とするのかが分かりやすく分類されています。投資信託の説明書である目論見書の表紙などに記載されていますので、投資信託を選ぶ際に活用してみてください。


最初は難しく感じるかも知れませんが、慣れてくるととっても役に立つので、要チェックです。

投資信託のデメリットもしっかり知っておこう!

47-B.jpg

出典:資産運用無料イラスト

投資信託を行う際には、デメリットをしっかり知っておくことが大切です。メリットばかりが気になりがちな資産運用ですが、実はデメリットのチェック&把握が重要なポイントになってくるのです。


投資信託のデメリットはなんといってもその手数料にあります。購入の際、売却の際、保有期間中、などなどその手数料という文字は何かにつけて登場してくるのです。なので、かかるものとは思っていても少しでも軽減できる、削減できる方法があるのであれば、検討する必要があるわけです。


預貯金と違って元本保証がないという点も投資信託のデメリットになりますよね。きちんと把握して自分にぴったりの投資信託商品を選びたいものです。

都市綜研インベストファンドのHPで不動産投資についてチェックしよう

47-C.jpg

出典:キミエコーポレーション株式会社

都市綜研インベストファンドのHPでは不動産投資についてシンプルで分かりやすい説明が記載されています。みなさんはもうチェック済みですか?


資産投資の対象となる商品はいろいろありますが、とくに注目されているのが、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資といわれています。リスクもリターンもミドル、安定している投資方法といえるでしょう。投資するからにはそれなりの収益を得たいけれど、大きなリスクは負いたくないという人たちの間でとっても人気がある投資方法なんです。


不動産投資は、出資者が不動産を購入、その不動産を人に貸して家賃収入を得たり、購入金額以上で売却して利益をるという投資方法です。通常の不動産投資の場合は初期費用や経費が大きな負担になるくらいの金額になることが多く、建物の管理などの煩わしい業務も避けることができないのです。投資なので、不動産の価値が下落するというリスクもついてきます。しかしそのようなデメリットやリスクを解消しているのが、都市綜研インベストバンクで取り扱う商品「みんなで大家さん」となるわけです。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ