今更聞けないという方必見!投資信託とは何か

コレを読めば投資信託のこと、わかります!

79-A.jpg

出典:カイテキオリゴ おなら | 便秘解消情報局

投資信託という言葉は聞いたことがないという方は、少ないと思われますが、では「投資信託って何なの?」と例えばお子さんに質問されたとしたら、ちゃんと答えられる自信はありますか。


大人として投資信託とは何かについてちゃんと説明出来ないとなれば、いささか恥ずかしい思いをしそうだが、かといって今更人には聞けないという方、どうかご安心を。
これから投資信託とは何か、わかりやすくご説明致しますので、ぜひ皆さんの知恵袋としてご活用下さい。

投資信託とはこのようなものです

79-B.jpg

出典:景気の波に乗る|都会に住むアラフォー独身女性のための資産形成カウンセラー☆YUMIE

では投資信託とは何か。まず漢字から意味を探ってみましょう。「投資を信じて託す」といった意味合いが、漢字だけでも何となく読み取ること出来ますよね。実は、それでほぼ意味としては合っているのです。


つまり投資信託とは、自分だけで例えば株などのことを色々と調べて投資すると言うのは大変だし、難しいので、投資のプロ(ファンドマネージャーと呼ばれています)のことを信じてお金を託して運用して貰うということです。
とっても簡単ですよね。
ただ、この投資信託、自分に代わって、投資のプロであるファンドマネージャーが運用してくれるということだけがメリットではないのです。


もう一つの大きなメリットが「分散投資」ということにあります。分散投資とは、要は一つの投資物件だけに投資するのではなく、色々な投資物件に託された資金を分散させて投資するという意味です。


ここが投資信託のミソでもあるのですが、多くの投資家から信託された資金によって、ファンドマネージャーも大きな金額を運用できるようになります。そうすると、少額の資金では購入が難しいような投資商品にも投資が可能になってきます。しかしながら、もし、例えばA社だけの株に投資した場合、A社の業績が順調なら問題ありませんがA社の業績が悪くなると、投資信託をしたみんなが損をすることになります。そこでファンドマネージャーは「分散投資」することでリスクも分散させる、即ちA社がこけた場合の損失をできるだけ抑え、また他の投資の儲けによりトータルで利益を目指そうとする訳です。


分散投資はこのようにリスクを分散できるメリットがある反面、それだけ多くの運用をしなければなりませんからプロに運用して貰う意味がこの点で出てくる訳ですね。    

投資信託は元本保証ではありません

79-C.jpg

出典:儲けを増やすバイナリーオプションテクニック 「低倍率の活用法」

このように、プロによる分散投資という運用方法によってリスクを低減しつつ儲けを追求するのが投資信託と言えますが、プロによる運用だからと言って「絶対儲かる」ということではありません。


投資信託は基本的に元本は保証されず、損する場合もあることはしっかりと認識しておくべきことです。


しかし、自分だけで株式投資を行うのは不安だといった場合、有力な投資の選択肢だと言うことは出来ますので、関心がある方は商品を研究してみては如何でしょうか。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ